学校法人開桜学院 日々輝学園高等学校

学校法人開桜学院 日々輝学園高等学校の企業情報

学校法人開桜学院 日々輝学園高等学校

【教育】

企業概要

事業内容 広域通信制(単位制)高等学校/日々輝学園高等学校の運営。※平成25年10月1日より、教育の更なる向上を図るために、栃木県が認可する「学校法人 開桜学院 日々輝学園高等学校」へと法的位置づけを変更いたしました。(前身「武蔵国際総合学園(昭和63年開校:学校教育法第55条の技能連携校)」)

個としての「生きる力」を育み高めるための、「本校教育の特色」をご紹介いたします。
1.  「わかる・できる」という実感を大切に、「学ぶ力」を高めます。
 「学ぶ力」を高めるためには、生徒たちが、自ら学習に取り組む「意欲」を育てることが不可欠です。そのために本校では、一人ひとりの学習状態の把握に努め、学習内容の精選と指導方法を工夫して、「わかる・できる」という実感を大切にした、スモールステップでの授業作りに力を注いでいます。また、生徒たちの興味の傾向や進路希望などを踏まえた自由選択科目を編成し、「好き」を「得意」に、「希望」を「目標」へと発展させることができるように取り組んでいます。あわせて、適宜、勉強方法に関するガイダンスや学習カウンセリングを行い、個々の生徒が、自分に合った学習スタイルを身につけることができるように支援します。

2.  組織的・多角的なメンタルサポートで、「心の力」を引き出します。
 在籍生徒の約60%が、中学校時代に不登校を経験しています。したがって、本校では、スクールカウンセラー(学校全体で16名の臨床心理士を配置。うち14名が公認心理師の両資格を所有)を中心に、教職員一体となって、個々の状況に応じた様々なメンタルサポートに取り組んでいます。特に、不登校傾向などで個別な対応が必要な生徒には、学習室での個別学習や家庭で取り組める課題学習科目などを用意し、学校への「所属感」を保ちながら、学習を「継続」できるように支援します。

3.  さまざまな体験学習を通して、「社会とかかわる力」を培います。
 自立の土台を作り上げていく高校3年間は、さまざまな出会いや体験を通して、コミュニケーション能力や問題解決能力などの「社会とかかわる力」を学び身につける重要な時期です。そのために、本校では自主的な活動である生徒会や目標に共に取り組む部活動を大切に考え、活発化を応援しています。また、生徒たちに新たな発見や気づきを与えてくれる、学校外での体験的な学習(体験型キャリア教育“みらい”)やボランティア活動の充実にも努めています。さらに緑豊かな塩谷町の本校には、学校農園や学校林、キウイ畑、さらに体験学習館が整備され、多彩な体験プログラムに取り組むことができます。

4.  多様な進路指導を展開し、主体的に進路を選択する態度・能力を養います。
 自己の個性や適性を踏まえながら、一人ひとりが主体的に考え、見通しを持って活動していけるように、丁寧な進路ガイダンスと幅広い進路学習を行っています。とくに、体験的な進路学習を重視し、高専高大連携・よのなか学習講座・インターンシップで構成する「体験型キャリア教育“みらい”」を実施し、社会的・職業的な自立に必要な基盤となる態度・能力の育成に取り組んでいます。また、大学等への進学希望者に対する受験指導にも力を注ぎ、生徒たちの「夢」の実現に向けて全力でバックアップします。
創業/設立 2013年09月
本社所在地1 埼玉県所沢市くすのき台3-4-1 関根ビルVol.2-202
電話番号 04-2994-9006
本社所在地2 栃木県塩谷郡塩谷町大宮2475-1
電話番号 0287-41-3851
事業所 本校…栃木県塩谷郡塩谷町大宮2475番地1/宇都宮キャンパス…栃木県宇都宮市松が峰1丁目1番14号/さいたまキャンパス…埼玉県さいたま市大宮区仲町2丁目60番地 仲町川鍋ビル/東京校…埼玉県入間市下藤沢1061-1/神奈川校…神奈川県綾瀬市大上4-20-27/横浜校…神奈川県横浜市都筑区仲町台1-10-18※塩谷町に学校農園や体験学習館(開桜館)があります。
代表者 理事長・学校長 小椋 龍郎
職員数 167名(2019年05月現在)(教職員(専任・常勤・非常勤・パート・嘱託))
上場区分 非上場