株式会社ダイバーシティメディア

株式会社ダイバーシティメディアの企業情報

株式会社ダイバーシティメディア

【放送|インターネットサービス|情報サービス】

企業概要

事業内容 1994年、ケーブルテレビ山形は、多くの方々のご協力とご支援により、山形市に誕生しました。
当時は「ケーブルテレビ」という言葉すら、耳に馴染みがなかった時代であり、山形県では米沢市に次いで2番目のケーブルテレビ会社の設立となりました。
その後、自分で好きな時に好きなチャンネルを選べる、スポーツや映画や音楽などの多くの専門チャンネルから“選択”できるという、ケーブルテレビの多チャンネル化(現在では64チャンネルを放送中)が、少しずつ地域の皆さんから受け入れられていきました。
現在は、全国総世帯数に占めるケーブルテレビ局への加入数は2,918万世帯にのぼり、普及率52.5%に達しており、国民の半数以上が各地区のケーブルテレビ局を通して、テレビライフを楽しんで頂いております。
また、1999年からはインターネットサービスも開始し、多チャンネル放送とインターネット配信を一緒にご家庭まで届けられるようになり、『放送と通信の融合』の時代に突入しました。
その流れは、2014年開始のケーブルラインサービスや、2015年開始のダイバー光ネットサービスという、今まではNTT様が単独で行っていた電話事業やフレッツ光サービスに代わるサービス内容を提供できるまで進んできました。
さらには、『フェイスブック』や『ツイッター』、『ユーチューブ』などのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した情報発信や、『アクトビラ』『みるプラス』などのレンタルビデオ店のように自分が見たい番組や映画を選択し、その分だけの料金しか発生しないという、ペイパービューサービスも開始しております。
プロバスケットボールチームの『パスラボ山形ワイヴァンズ』のスポーツ会社の運営や、『ムービーオンやまがた』の映画事業との関わりなど、リアルメディアとも連携し、事業は多様化の一途をたどっています。
しかし、これはテレビだけではなく、パソコン、タブレット、スマートフォン、シアタースクリーンという、視聴形態が、5つの出口〈ファイブスクリーン化〉になってきているという国民のニーズへの対応、利用者目線による組立てが、会社の“体”を変化させていると確信しております。
今まさに、時代の要請や、社会の潮流に適応した会社運営が求められ、特にメディア企業の場合は、お客様が映像や音楽や情報を、どのツールで受けとられるのかが大切であると思います。
2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の4K放送や、スマートフォンでも様々な映像が視聴できる中、それに対応したライフスタイルの多様性、人々の思考や行動の多様性、社会の形態の多様性を取り入れることが求められています。
『ケーブルテレビ山形』は、『ダイバーシティメディア』として、2016年1月1日より会社名を変更し、新しく事業展開を図っています。
 
長らくご愛顧頂きました『ケーブルテレビ山形』という愛すべき名前を大切にしながら、『ダイバーシティメディア』として、より複雑化し、多様化した社会や、人々の心の中に、しっかりと大切なエッセンスを届けられる企業として、役職員一同、全力で邁進していく覚悟でございますので、これからも変わらぬご支援、ご協力をお願い申し上げます。
創業/設立 1994年09月
本社所在地1 山形県山形市あこや町1-2-4
電話番号 023-624-5000
代表者 吉村和文
出資金 8億円
売上高 7億7,192万円(2019年03月現在)
従業員数 50名(2019年03月現在)
上場区分 非上場
主要取引先 山形銀行、NTT東日本、softbank、