旭有機材株式会社

旭有機材株式会社(アサヒユウキザイ)の企業情報

東証

旭有機材株式会社

【化学】

企業概要

事業内容 ★管材料システム事業 : 流体制御に欠かせないバルブ 
合成樹脂製配管材料とは、プラスチック製のバルブやパイプのことです。一口にプラスチックといっても様々な種類があり、「錆びない、薬液に侵されない、軽い」といった特性を活かして様々なバルブが開発されました。それらは、化学工場、半導体工場、水族館、温泉、田園に住宅など、幅広い分野で活躍しており、開発テーマは多岐にわたります。 

★樹脂事業 : フェノールを軸とした「素形材」と「機能樹脂」の2本柱 
素形材って何? 
自動車産業と非常に関わりが深い事業で、エンジンなどを製造する際に必ず必要となる鋳造用樹脂(RCS)を中心に製造・開発しています。中国、インド、メキシコなど、自動車産業集積地を中心に海外展開が盛んです。 

機能樹脂って何? 
金属を代替し乗り物の軽量化に貢献する樹脂や、フロンガスを全く使わず抜群の断熱性を発揮する断熱材、半導体の回路構築に必要な電子材料など、縁の下の力持ちといえるような製品を作っています。 

★水処理・資源開発事業 : ボーリング・水処理の老舗 
温泉掘削数・総延長で国内トップクラスを誇るドリコ株式会社(当社の100%連結グループ会社)を中心とした、旭有機材グループ注目の新規事業です。八丁原地熱発電所(大分県)の掘削や羽田空港の中水処理などを手掛け、新たに3000メートル級リグ(掘削機)を導入するなど、さらなる発展が期待されています。
創業/設立 1945年03月
本社所在地1 東京都台東区上野3-24-6 上野フロンティアタワー21階
電話番号 03-5826-8822
本社所在地2 宮崎県延岡市中の瀬町2町目5955番地
電話番号 0982-35-0881
事業所 【本社】東京本社、延岡本社(宮崎県延岡市) 
【研究所】延岡、愛知 
【工場】延岡、栃木、愛知、広島 
【営業】札幌、仙台、東京、栃木、北陸、大阪、広島、福岡 
【海外】アメリカ、中国、韓国、シンガポール、ドイツ、南アフリカ、インド、メキシコなど
代表者 中野 賀津也
資本金 50億 10万円
売上高 50億 10万円(2018年03月現在)
従業員数 1,540名(2020年03月現在)(連結)
上場区分 国内上場/東証