日本食品化工株式会社

日本食品化工株式会社の企業情報

東証

日本食品化工株式会社

【食品】

企業概要

事業内容 とうもろこしを加工して、“コーンスターチ”や“加工でん粉”などの澱粉製品、“ぶどう糖”や“異性化糖”などの糖化製品を研究開発、製造、販売しています。当社製品は、ビール・清涼飲料、菓子・パン、水畜産練り製品、揚げ物や、製紙・段ボール、化粧品や医薬品にも利用されています。業界のリーディングカンパニーとして三菱商事グループのネットワークを活かしながら新しい可能性を切り開き続けます。

<でん粉製品>
でん粉は、私たちの身の回りの様々なところで利用されています。
 新聞紙、コピー用紙、段ボールなどの紙製品、ビール、ねり製品、揚げ物、パン、菓子などの各種飲料・食品、そして医薬品とその用途は多岐にわたっています。
 当社では、とうもろこしのでん粉“コーンスターチ”とキャッサバ芋のでん粉“タピオカでん粉”のほか、用途に応じて当社独自の技術により高品質、高機能が付加された各種加工でん粉製品も取り揃えています。

<糖化製品>
コーンスターチなどを酵素で加水分解すると最終的にぶどう糖になりますが、加水分解の程度や酵素を変えることによって、水あめ・シラップ、ぶどう糖、異性化液糖、オリゴ糖が生み出されます。
これらの糖化製品は、清涼飲料、酒類飲料、和・洋菓子、パン、調味料などの食品分野や工業分野でも利用されています。
 当社では、糖化製品のさらなる機能を求めて新製品開発および用途開発研究を推進しています。

<ファインケミカル製品>
とうもろこしやコーンスターチなどのでん粉からは、さらに高度な特性を持った製品が開発されています。
 輸液用の糖質として高純度に精製された“日本薬局方マルトース水和物”、“日本薬局方ブドウ糖”や、錠剤の賦形剤に使用される“日本薬局方トウモロコシデンプン”などは医薬分野で利用されています。
 包接機能を持つ“環状オリゴ糖”(シクロデキストリン)は、安定化剤、粉末化基材、可溶化剤、乳化剤、消臭剤として、また、品質改善を目的として食品、医薬品、化粧品、農薬などさまざまな分野で利用されています。

<副製品>
とうもろこしからは、コーンスターチ以外にも種皮(グル-テンフィード)、たんぱく質(グルーテンミール)、胚芽油(コーンオイル)、濃縮浸漬液(コーンスティープリカー)が作られます。
とうもろこしの胚芽から搾った100%ピュアなコーンオイルは、サラダオイルや油脂製品の原料として利用されており、当社は国内で唯一、自社工場内で圧搾による搾油、精製を一貫して行っています。
また、グルーテンフィードやグルーテンミールは配合飼料の原料などに、コーンスティープリカーは医薬分野を始めとした微生物の培養などに利用されています。
創業/設立 1948年07月
本社所在地1 東京都千代田区丸の内1丁目6番5号 丸の内北口ビル20階
電話番号 03-3212-9111
事業所 東京本社(東京都千代田区)、名古屋営業所(名古屋市)、大阪営業所(大阪市)、福岡営業所(福岡市)、富士工場(静岡県富士市)、水島工場(岡山県倉敷市)、研究所(静岡県富士市)
代表者 代表取締役 社長 高野瀬励
資本金 16億円
売上高 481億9,600万円(2018年03月現在)
従業員数 423名(2018年03月現在)
上場区分 国内上場/東証
主要取引先 親会社である三菱商事株式会社(総販売代理店)を通じて、主に国内大手ビール・飲料・食品・製紙・化粧品・医薬品メーカーと取り引き