高橋ソース株式会社

高橋ソース株式会社の企業情報

高橋ソース株式会社

【食品|商社(食品)】

毎日の食卓をもっとおいしく、幸せに。自然が育んだ農作物をできる限りそのまま使用し、こだわり抜いた技術で安心と本物の味わいをお届けします。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 地域に密着した事業展開

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
『食べていただくすべての人へ 美味しい うれしい たのしいを届けます』

◎ウスターソース類、トマトケチャップ、ドレッシング、その他調味料の製造・販売
◎有機加工食品の製造・販売
◎有機原材料の仕入・小分け・販売

私たちの仕事

◎製造
ソースやケチャップをはじめとする当社商品の原材料を揃えたり、釜場、香辛料の配合など、自社工場内での製造業務です。力作業はありますが、経験や資格は必要なく、各担当セクションの先輩が親切に指導します。食品や調味料に興味がある方、大歓迎です。
◎営業
日本全国にある問屋、販売店、食品メーカーなどに当社商品をアプローチ。おいしさをたくさんの方に知っていただき販促につなげるとともに、さまざまなニーズに合わせたプライベートブランドの受注も多く、新たな商品の企画から開発、製造までをプロデュースします。

はたらく環境

組織の特徴
安心と味わいにこだわる長い歴史を継承しつつ、新製品を皆さまの食卓へ。

「私が大切にしているのは、人との『縁』。今回どのような方と『縁』があるのか、いまから楽しみです。たくさんのエントリーをお待ちしています」(代表取締役 高橋)
高橋ソースは、社名のとおりソース製造を生業とし、2017年で創業71年を迎えました。いまではソースだけでなく、ケチャップやドレッシング、ジュースなどを世に送りだし、食卓の豊かさを演出する企業として邁進しています。

創業者の故 高橋専蔵は、戦前、丁稚奉公していたときに上野の洋食屋でとんかつなどにかけるソースと出会います。戦後になり、米穀店を営むかたわら、ソースのおいしさが忘れられず、多くの人に知ってもらいたいとソース製造をはじめたのが高橋ソースのルーツです。
ソースづくりの情熱は、2代目社長の高橋博志(現会長)が受け継ぎ、より安心でおいしい味づくりを目指します。合成甘味料の発がん性や公害、農薬問題などが世間をにぎわした昭和40年代に、いち早く食品添加物を使用しないソースを開発。食の原点である農作物のおいしさと安全性を確認し、カントリーハーヴェストシリーズ、オーガニックシリーズをつくりあげました。
そして現在はソースだけでなく、ケチャップやドレッシング、ジュースなど、商品バリエーションを拡大。今後はリンゴを使った焼肉のタレ、リンゴ酢、オーガニックのディップソース、ドレッシングなどのラインアップを充実させる予定です。

当社の強みは、商品へのこだわりによって差別化されていることと、スピーディな商品開発力。現在さまざまな企業様から商品の開発を依頼されています。
一方、課題といえるのは知名度ですね。中小企業ですので販売方法や広告宣伝活動などが未熟な部分は否めません。当社の製品を味わっていただけば認めてもらえることも多いので、今後そのあたりをどうフォローしていくかがテーマといえるでしょう。

私たちが求める社員は、メーカーというフィールドの中で自分がどう成長していけるかを考えられる人材。成長を考えながら自分を表現できれば、周囲からも認めてもらえます。そして、理念に共感してもらえる方。社内は明るく自由な雰囲気ですが、長い歴史に培われた考え方やルールなどがあります。それを理解・納得していただける方と一緒に仕事していきたいと考えています。
高橋ソースはこれから商品ラインアップが増え、ますます面白くなる予感にあふれています。一緒に高橋ソースのおいしさを拡げていきませんか。

(代表取締役 高橋 亮人)

企業概要

創業/設立 【創業】
1946年6月
【設立】
1952年4月
本社所在地 〒367-0063
埼玉県本庄市大字下野堂604-7
代表者 代表取締役 高橋 亮人
資本金 4800万円
売上高 20億(2018年度実績)
従業員数 46名 (2018年03月現在)
事業所 367-0063
埼玉県本庄市大字下野堂604-7
気になる

1人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません