阪九フェリー株式会社

阪九フェリー株式会社の企業情報

阪九フェリー株式会社

【海運|旅行】

1968年8月に神戸・魚崎~北九州・小倉間を結ぶ、長距離大型カーフェリー航路として開設。
当時の運送状況に改革の一石を投じました。その後、1978年には泉大津航路の開設、1988年には神戸航路、六甲アイランドへ移転。1991年には現在の北九州・新門司へフェリーターミナルを移転しました。
阪九フェリーでは、単なる移動手段ではなく、ビジネスから団体旅行まで、さまざまなお客さまのニーズに対応した客室を完備。大浴場・レストランなどのパブリックスペースも充実しており、安全で快適な船旅を提供しています。
また環境負荷の少ない輸送手段として物流産業に貢献しています。

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
旅客と貨物を運ぶ航路として、快適な旅や物流を支えています!

■一般自動車の海上輸送
■旅客の海陸輸送
■船舶貸渡業
■海上運送並びに取扱事業
■貨物利用運送事業
■産業廃棄物の収集運搬業
■不動産賃貸業
■運搬輸送機械リース業
■損害保険代理業
■観光事業
■その他前各号に付随する一切の業務

私たちの仕事

「日本で先陣を切る長距離フェリー会社」として、快適な旅や物流を支えています。
「人」と「物」を運ぶ2つの役割があります。
毎日定刻に船を出港させるためにさまざまな仕事があります。
お客様と直接触れ合う発券カウンターや乗り場での誘導、予約のお電話を受けるコールセンター。また旅行代理店に出向きフェリーを利用したツアーの企画や商品の販売を依頼したり、法人のお客様に出向き、貨物の運送に当社を利用して頂くよう営業していきます。
いずれにしても、お客様からの信頼がなにより大切です。
安心・安全そして快適に「人」と「物」を運ぶことを心掛けています。

はたらく環境

社風
若手が働きやすい環境をしっかり整備ています!

世代交代の時期を迎える同社では、20代、30代の若手社員が第一線で活躍中です!
風通しがとても良く、女性社員の割合も高く、女性もとても働きやすい職場です。
若手の意見を積極的に聞いてくれる社風で、若手が働きやすい環境がしっかり整っています。

企業概要

創業/設立 1966(昭和41)年4月28日
本社所在地 福岡県北九州市門司区新門司北1-1
代表者 代表取締役社長 小笠原 朗
資本金 12億円
売上高 103億円(2018年3月実績)
従業員数 215名 (2018年10月現在)
事業所 【本社】
〒800-0113
福岡県北九州市門司区新門司北1-1
TEL:093-481-6081

【支店】
神戸支社:兵庫県神戸市東灘区向洋町東3丁目2-1
泉大津支店:大阪府泉大津市小津島町1-3
新門司支店:福岡県北九州市門司区新門司北1丁目1番
関西支店:大阪市北区梅田1丁目1番 大阪駅前第3ビル23階

【営業所】
福岡営業所:福岡市博多区博多駅東1丁目12-17 オフィスニューガイア博多駅前6階
名古屋営業所:名古屋市中村区名駅3丁目16番22号 名古屋ダイヤビルディング1階
東京営業所:東京都千代田区内幸町1丁目1番7号 NBF日比谷ビル22階
気になる

50人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません