株式会社星野リゾート(軽井沢事業所)

株式会社星野リゾート(軽井沢事業所)の企業情報

株式会社星野リゾート(軽井沢事業所)

【ホテル|フードサービス|旅行】

星野リゾートのVISIONは【Hospitality Innovator】。ホスピタリティ産業の本質を突き詰め『世界のホスピタリティ産業に新たな価値を創造することで差別化を図っていきたい』と考えています。

  • 地域に密着した事業展開

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

  • 女性の従業員比率が50%以上

私たちの魅力

事業内容
総合リゾート運営事業(宿泊事業、レストラン事業、ブライダル事業など)

地域の個性や魅力を活用し、お客様に感動的な時間と空間を提供する仕事です。 リゾート施設でのサービスと収益管理、顧客満足度分析を元に新たな魅力を創造し続け、  “日本の観光をヤバくする”そんな『リゾート運営会社』です。

私たちの仕事

コモディティ化しているホスピタリティ産業市場の中で掲げるVisionはHospitality Innovatorで、 世界のホスピタリティ産業に新たな価値を創造することで差別化を図っていきたいと考えています。 Innovatorと聞くと、大きなことのように思われるかも知れないですが、私たちがこれまでしてきたことと 特に変わらないと考えています。安易に良い物を模倣するのではなく、それぞれの時代でお客様が 本当に求めているものを追求することで、お客様の真のニーズに向き合い、そこに新たな価値を創造していきたいです。 どのようにしてこのVisionを達成していくか、というところで、私たちはこのVisionを 達成していくのは、現場のスタッフ一人ひとりだと考えています。 現場のスタッフがHosipitality Innovatorとして働ける仕組みや会社の組織文化と環境が大切だと考えます。 (働く環境を参照)

はたらく環境

組織の特徴
Ganhoな組織文化

星野リゾートでは、Ganhoな組織文化を大切にしています。 Ganhoとは何か、リーダーシップの権威であるケンブランチャードという学者が書籍において、競争力のある組織文化とは何か?を唱えていて、これに基づいて組織文化を構築しています。 要約すると、まずvisionと価値観を明確にし、組織構造のピラミッドのさかさまにする。するとスタッフ一人ひとりが自ら考えて行動するようになり、組織が活性化する。 価値観をリスの精神、自ら活動することをビーバーの行動、お互いの活動を称賛することをがんの贈り物という風に表現しています。 星野リゾートでは、1.自ら考え行動し、2.チームで切磋琢磨し、3.仕事を楽しむ、その組織を支えるフラットさを組織文化の中心として構築しています。

企業概要

創業/設立 設立:1914年
本社所在地 長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148
代表者 十川 隆
資本金 1000万円
従業員数 軽井沢事業所 約830人
(グループ全体では約4900人) (2019年04月現在)
事業所 軽井沢事業所
気になる

61人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません