EMデバイス株式会社

EMデバイス株式会社の企業情報

EMデバイス株式会社

【電気・電子|自動車】

Electronics(エレクトロニクス)とMechanics(メカニクス)を融合した最先端の技術で、
「ひと」と「もの」をつなぎ豊かな暮らしの実現に貢献する。それが私たち、EMデバイスです。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 地域に密着した事業展開

  • シェアNo.1サービスあり

  • 安定した顧客基盤

私たちの魅力

事業内容
生まれたてですが、リレーに熟達。私たちは、お客様に育まれながら更なる進化を続けていきます。

当社は2017年4月にNECトーキンより分離独立し誕生したばかりの新しい会社です。
しかし事業の歴史は長く、リレーに携わって約半世紀。
シグナルリレーとパワーリレーの2系列の製品を開発・製造・販売しており、
民生用や品質基準の厳しい自動車電装用として世界でトップクラスのシェアを占めています。
当社はこれからもお客様と真摯に向き合い、さらなる進化を続けていきたいと考えています。


◇◆主要製品◆◇

【ミニチュアシグナルリレー 】
さまざまな用途で実績のあるベストセラー製品をはじめ、
高密度実装に適したフラットタイプ、スリムタイプ、低消費電力タイプ、耐環境性に優れた製品など、多彩な製品を提供しています。 

【ミニチュアパワーリレー】
自動車電装用アプリケーションのあらゆる負荷に対応するため、中容量から大容量まで多様な製品を提供しています。

ビジョン/ミッション
NEXEM2021 Vision Statement

リレーで目指す「圧倒的ナンバーワン」
継げ、一人ひとりの「自分革新」

私たちの目指す姿は「圧倒的ナンバーワン」、「自分革新」。
詳細をご紹介します。

「圧倒的ナンバーワン」
・業界一頼られるお客様サポート
・ゼロディフェクト
・世界一の生産性、コスト
・期待を超えるR&D

「自分革新」
・超一流になる
・自分から動く、動かす
・先入観を持たずチャレンジする
・結果に貪欲にこだわる
・スマイル

Target Performance FY2021(FY2016対比)
・売上高:300億円以上(1.5倍) (2017年実績)
私たちは進化し続けます!

私たちの仕事

私たちEMデバイスは、半世紀にわたりリレー事業に携わってきました。
その間、シグナルリレーとパワーリレーの2系列の製品を提供し、いずれも世界市場でトップクラスのシェアを獲得しています。
高い評価を得てきた理由は、その信頼性。
シグナルリレーは、接触性能に高信頼性が要求される通信機器や計測機器、FA機器、家電など幅広い分野で使用され、
パワーリレーは、厳しい品質基準の自動車電装用として、国内外の自動車メーカーから圧倒的支持を得ています。
私たちは、この豊富な実績に基づく高度なノウハウに加え、ファインメカにクスとエレクトロニクスを融合した最先端技術を結集。
高性能化、小型軽量化、薄型化、低消費電力化、耐環境性向上など、さまざまな要望に応えていくとともに、
リレー製品のさらなる可能性を追求してまいります。

はたらく環境

社風
少数精鋭の新会社で、やりがいを持って活躍していける環境

自動車の電装化はますます進展し、各種電子製品の高機能化・高性能化への挑戦にも終わりはなく、
私たちのデバイスの需要も今後さらに高まっていくものと思われます。
こうした事業環境の中にあって、少数精鋭の新会社であり、社員一人ひとりのテーマが明確でやりがいがあること、
それが私たちの大きな強みとなっています。

また仕事環境としても、東北・宮城という自然環境豊かな街を拠点にグローバルな活躍ができる魅力があります。
そんな私たちの願いは、100年後も変わらず世界から必要とされる製品を世に送り続けていくこと。
そうした思いに共感し、一緒に未来へチャレンジしてくれる新しい仲間を、私たちは迎え入れていきたいと考えています。

企業概要

創業/設立 2017(平成29)年4月14日
本社所在地 〒989-0223 宮城県白石市旭町七丁目1番1号
代表者 代表取締役社長 細川 光作
資本金 1億円
売上高 192億円(2018年3月期計画)
従業員数 連結2,900人 (2018年04月現在)
事業所 本社(宮城県白石市)、東京事務所(東京都千代田区)
海外生産拠点:フィリピン
海外販売拠点:ドイツ、フランス、アメリカ、中国
会社の歴史 1955年/日本電気株式会社 通信事業部でワイヤスプリングリレーを開発

1970年/東北日本電気株式会社(岩手県一関市)を設立

1971年/ワイヤスプリングリレーを量産開始

1988年/世界初となるツインリレーを製品化

1996年/フィリピンにNEC Components Philippines,inc. (現在のEMD Technologies Philippines Inc.)を設立

2002年/リレー事業が東北日本電気から分社。NECトーキン岩手株式会社設立

2006年/NECトーキン株式会社(現在の株式会社トーキン)と統合し、NECトーキン 岩手事業所となる。

2009年/NECトーキン 白石事業所(宮城県白石市)に移転

2013年/フィリピンに第2工場を設立

2017年/NECトーキンから分社・独立し、EMデバイス株式会社、EMD Technologies Philippines Inc.設立
気になる

8人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません