株式会社東京早稲田外国語学校

株式会社東京早稲田外国語学校の企業情報

株式会社東京早稲田外国語学校

【教育】

私たちの魅力

事業内容
日本語で活躍できる人材を育成します。

日本語学校は留学生の日本の入り口です。日本語教師は日本語を教えるだけでなく人を育てる仕事です。外国人留学生に対し、日本語教育及び生活のサポートや進学指導を行い、 留学生の卒業後の道を切り開くお仕事です。

企業理念
デジタルと異文化の最前線を走る。

当校ではICT教育の実現を目指し、電子黒板を導入しました。これにより、様々な教材を活用でき、授業の幅が広がり、また授業準備の負担軽減にもつながっています。また、私たちは各国に支局を設けており、受け入れ留学生は毎年一定数を確保しています。そのため、日本語教師として安定した職場環境で働くことができます。

私たちの仕事

1.日本語教育 留学生は日本の有名大学や専門学校に進学することを目的として来日しています。最大2年間の日本語学校生活で多くの日本語を学び日本人と一緒に授業を受けられるように日本語を教えます。
2.クラス運営 1クラス15~20名です。 学生のほとんどは初めての外国・初めての日本なので、ルールや習慣がわかりません。挨拶やごみの捨て方など基本的なルールを教えます。また、学生の精神面をサポートします。
3.学校運営 日本語を教えるだけでなく、社員も成長できる環境作りをしています。カリキュラム作成、イベント企画運営、勉強会など業務をチーム化して効率的に取り組んでおります。

はたらく環境

職場の雰囲気
チームワークを重んじるグローバルな職場

私たちの学校には7か国、約1700名の学生が在籍しています。すべての学生管理を行えるよう、各国籍の職員と連携して、業務を行っています。自由に意見を交換し合える風通しの良い環境です。日本語の教え方や業務の進め方について若手とベテランで意見交換をする姿も多くみられます。一方で、社員同士の挨拶や言葉遣いはしっかりとするなど、メリハリのある職場です。私たちは残業ゼロ運動を推奨しております。

企業概要

創業/設立 設立 1997年08月
本社所在地 新宿区歌舞伎町2-31-11 第2モナミビル5~9F
代表者 代表取締役 郭 東烈
資本金 2,500万円
売上高 120,000万円(2015年03月)
従業員数 77名 (2019年03月現在) 正社員数(男性:29名 女性:48名)
事業所 海外事務所:中国、韓国、ベトナム
気になる

77人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません