萬代特殊合板株式会社

萬代特殊合板株式会社の企業情報

萬代特殊合板株式会社

【建材・エクステリア】

建築の次世代を担うと期待される技術を扱う私達。
この技術は社員一人ひとりの知恵・工夫によって生まれたものです。

今後さらなる進化を遂げるためにバンダイLABOという
技術開発機関を立ち上げました。

より高い技術を生み出すためには社員のクリエイティブな発想が必要。
その環境づくりのために元フジテレビのプロデューサー達とのプロジェクトも進行中です。

  • 顧客視点のサービス

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
大手ハウスメーカーとも語り合う。自分達の技術で建築の未来をつくる

私達が持つ技術「表面を装飾する技術」。素材の特性にプラスαの効果を加え、耐久性や耐熱性などその素材が持つ特性を更に強くしていきます。これにより火に強い建物やこれまで以上に頑丈な建物づくりに貢献。まさに建築の未来をつくる技術といっても過言ではありません。代表の川口も積水ハウス社の広告宣伝部長と建築の未来を語る対談を行うほど。もちろん今持っている技術に満足はしていません。これからもより人々が安心して生活ができるような技術を編み出すべく、独自の技術開発機関であるバンダイLABOを立ち上げ、社員全員が頭脳を使い続けます。

ビジョン/ミッション
独自のラボを立ち上げ、建築にイノベーションを起こす

萬代特殊合板が持つ技術の根幹が「表面を装飾する」という技術。この技術はただ商品に何かを貼り付ける、という簡単なものではありません。この技術を発展させるべく、一人ひとりの工夫・知恵をしぼりイノベーションを起こしたのが当社。今となっては業界の常識として認識されるような技術も当社から誕生しました。ただしここで満足しないのが当社。顧客のいかなるニーズに応えるために、さらなる高みを目指して技術開発機関としてバンダイLABOを立ち上げました。ここでは新たな技術を編み出すための日々社員間の議論が繰り広げられています。

私たちの仕事

私たちのような木製品加工企業は、地球温暖化進行防止という社会的意義の高い事業を展開していると言えます。
そして私たちが商品を作る上で必要になる「表面を装飾する」技術は今後自動車や外装、エクステリアなど様々な業界に発展する可能性を秘めた技術であると今注目を浴びている技術です。

はたらく環境

社風
クリエイティブな発想を生むために働きやすい環境を整備

技術を生み出すためには社員一人ひとりのクリエイティブな発想が必要不可欠です。そういった仕事を社員が快適に実施してもらうためには社員の働きやすさを追求するべき、という考えが萬代特殊合板流。社員で構成される社員満足度向上委員会が、イベント開催や家族サービス奨励金・余暇奨励金など制度策定に向けた活動など社員全員が働きやすい環境を整備。また自分たちの枠にとらわれない、幅広い視野を持ったほうが良い、という考えで元フジテレビのプロデューサーにも指導を仰ぐなど、社員満足度を高めるために新の働きやすい環境を追求していきます。

企業概要

創業/設立 昭和32年
本社所在地 愛知県津島市白浜町鳥羽見3
代表者 代表取締役社長 川口恭弘
資本金 3,000万円
売上高 76億円(平成29年9月)
従業員数 75名 (2018年01月現在)
事業所 本社: 
愛知県津島市白浜町鳥羽見3 

稲沢工場: 
愛知県稲沢市福島町沼角田62-6 

目比工場: 
愛知県稲沢市目比町四反割7番地
気になる

10人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません