酒田共同火力発電株式会社(東北電力グループ)

酒田共同火力発電株式会社(東北電力グループ)の企業情報

酒田共同火力発電株式会社(東北電力グループ)

【電力】

出力35万kW×2基の火力発電設備を有し、山形県で発電事業に取り組み40年以上。
株主の東北電力を通じ、山形県の年間消費電力量の半分に相当する電気を供給し、地域の皆さまのライフラインを支えています。

私たちの魅力

事業内容
火力発電による発電事業 ~ライフラインを支える~

発電エネルギーの源となるのが、経済性と安定供給性に優れた「石炭」です。国のエネルギー政策におけるエネルギー源の多様化・分散化の中で、石炭は長期的にも安定確保が期待できることと電力供給源のベストミックスを踏まえ、重要なエネルギー資源であります。

また、当社では低炭素社会実現へ向け、一部石炭の代替に木質バイオマス燃料を活用しCO2排出量削減に努めているほか、長期的には発電事業者が求められる環境負荷軽減等への対応も踏まえ、将来の設備形成について様々な可能性を検討しています。

企業理念
「地域と共生するエネルギー企業」を目指して

企業理念「地域と共生するエネルギー企業」のもと、電力の安定供給を通じて地域の人々のライフラインを支え、自然と調和し地域と共に発展することを目指しています。

石炭は燃焼後約10%が灰となって残りますが、当社は先進的な石炭灰リサイクルへ取り組み地域環境保全に努めている他、1986年より継続している地域美化活動、賑わいある美しい港町の景観づくりのため発電所のライトアップ、地域文化の向上へ貢献するためコンサートの開催など、地域活性化にも力を入れています。

私たちの仕事

電力の安定供給には、技術者による設備の運転監視とメンテナンスが重要です。
定期点検等によるメンテナンスや適正な運用管理によって高効率発電を維持することが第一であり、社員一丸となってコミュニケーションを密に連携しながら、日々の管理や点検・保修にあたっています。

◆技術職 
火力発電設備の運転監視、保修、工事設計、監督など技術関連の業務全般 

■事務職 
総経労など事務関連の業務全般

はたらく環境

組織の特徴
Try the Next Stage

発電事業を取り巻く事業環境が大きく変化する中、今後もお客様から選択され続けるため安定した電力供給を継続するとともに、40年以上培われてきた技術力を活かして新しいアイディアや新しい技術をこの歴史ある発電所に取り込み、環境変化への適応に挑戦していきます。

企業概要

創業/設立 1973年(昭和48年)4月2日
本社所在地 〒998-8622
山形県酒田市宮海字南浜1番19
代表者 取締役社長 千葉秀樹
資本金 255億円
売上高 381億7300万円(2018年3月期)
従業員数 117名 (2018年04月現在)
株主 東北電力株式会社
事業所 本社:山形県酒田市宮海字南浜1番19
沿革 1973年4月  会社創立(東北電力(株)50%・住軽アルミニウム工業(株)50%出資) 
1974年1月  公害防止細目協定締結 
1974年10月  建設工事着工 
1977年10月  1号機運転開始 
1978年10月  2号機運転開始 
1981年3月  石炭転換計画発表 
1981年10月  公害防止協定改定 
1982年3月  石炭転換工事着工 
1982年5月  住軽アルミニウム工業(株)解散、2号機工事中断 
1984年9月  石炭焚1号機運転開始 
1987年7月  東北電力(株)100%出資となる 
1989年4月  2号機転換工事再開発表 
1990年3月  2号機転換工事再着工 
1992年6月  石炭焚2号機運転開始 
2011年5月  木質バイオマス燃料使用開始 
2015年4月  緑綬褒章受章
気になる

18人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません