直富商事株式会社

直富商事株式会社の企業情報

直富商事株式会社

【環境サービス】

私たち直富商事は「静脈産業の総合商社」として、21世紀循環型社会の創造を目指し、資源リサイクル、廃棄物の収集・運搬・処分、貿易などを幅広く展開。
循環型社会に貢献できる技術の構築に注力するため技術研究室を設置するなどリサイクル業界における技術力向上にも努めています。

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
「安全・遵法」を第一に、全ての廃棄物を再資源化する

私たちは、社員の行動指針の一つに「安全・遵法第一、営業第二」という一文を掲げています。そして「全ての廃棄物を再資源化」をモットーに、環境に配慮した適正な廃棄物リサイクルへの取組みを徹底しています。これは、何もキレイ事ではなく、創業以来の基本姿勢。鉄屑の回収からスタートした私たちが、この行動指針に基づいて事業に取り組み続けてきた結果、お客様、そして地域の皆様の信用・信頼を得て自然と取扱品目も広がり、会社も成長してきた70年の歴史がそれを物語っています。そして経営理念にある「地域に愛され、より必要とされる会社とする」「社員が物心共に幸福と思える会社とする」を、今日も真摯に追求し続けています。

事業・商品の特徴
リサイクル業界の技術力向上の一翼を担う「技術研究室」

世の中に廃棄物を出さない企業や店舗はありません。そこで大企業から個人商店まで、あらゆる業種のお客様に対して、処理方法やコスト低減策、リサイクル率の向上などさまざまな角度から資源リサイクルや廃棄物適正処理のための提案をしていくことが私たちの仕事となります。環境ビジネスを幅広く手がける私たちですが、大きな特徴となっているのは「技術研究室」という部門を持っていること。分析業務・他部門への技術支援・そして新たな研究開発の3つの機能を柱としています。再生可能な新たな素材発掘から、リサイクルの新技術開発による特許取得まで、さまざまな課題に取り組みながらリサイクル業界の技術力向上の一翼を担っています。

私たちの仕事

お客様の事業活動で発生する資源物・廃棄物について資源リサイクルや廃棄物適正処理のための提案をすることが私たちの仕事です。世の中に廃棄物を出さない企業や店舗はありません。あらゆる業種にわたる幅広いお客様に対して処理方法やコスト低減策、リサイクル率向上などさまざまな角度から提案をします。また既に取引のある企業を訪問し廃棄物についてお客様が抱えている課題を解決することも大切な仕事です。

はたらく環境

社風
風通しが良く、全員が「一つのチーム」のような一体感

私たちの仕事は「サービス業」です。お客様の期待にお応えしていくには、営業や研究、工場技術など全員が協力し、お客様目線で考え行動することが大切。それだけに私たちは「チームNAOTOMI」を合言葉に、環境にやさしく仕事に厳しい集団を目指しています。とはいえ、若手の多い社内は風通しも良く、社内行事も多いアットホームな雰囲気。そんな社風の醸成に一役買っているのが、「AKP(明るい会社づくりプロジェクト)」という取り組みです。これは社長が部署単位など社員のグループと行う食事会で、境界を設けず社内の意見を吸い上げようというもの。こうした取り組みの甲斐もあってか、離職率も非常に低く、まさに一つのチームのような会社です。

企業概要

創業/設立 創業:1948年8月1日
設立:1975年3月10日
本社所在地 長野県長野市大字大豆島3397-6
代表者 代表取締役 木下繁夫
資本金 4,500万円
売上高 99億6,200万円(2019年2月)
従業員数 553名 (2019年04月現在) 男:326名
女:227名
事業所 【工場・営業所等】 
本社工場:長野県長野市大字大豆島3397-6 
秋古工場:長野県長野市篠ノ井山布施字池之平7618 
東御工場:長野県東御市加沢字上川原138-1 
市場工場:長野県長野市市場8-4 
苦桃工場:長野県長野市七二会丁2736-3 

【営業所/事務所】
松本営業所:長野県松本市大字新村3322-1 
東京営業所:東京都港区新橋4-31-3 第三名和ビル805
気になる

1人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません