岡山放送株式会社

岡山放送株式会社の企業情報

岡山放送株式会社

【放送】

岡山放送(OHK)は、岡山・香川をエリアとするフジテレビ系列のテレビ局です。2014年に、大型商業施設(イオンモール岡山)内に本格的なスタジオとオフィスを開設しました。「見に行けるテレビ局」をコンセプトに、スタジオとオフィスをガラス張りにし、視聴者にとって身近なテレビ局として親しまれています。近年は映像配信サービスによる番組の動画配信や海外のテレビ局への番組販売など、世界へ向けた情報発信にも力を入れています。さらに2021年には本社が岡山市中心部に移転します!これからも岡山放送は、地域密着と世界に向けた情報発信にチャレンジし、「エリアナンバーワン」のテレビ局を目指していきます。今までのテレビ局の枠にとらわれない、新しいことにチャレンジしたい!という方、一緒に働きませんか?

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 地域に密着した事業展開

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
こんな番組を制作・放送しています!

自社制作番組は、月曜日から土曜日まで生放送でお送りする情報番組「ミルンへカモン!なんしょん?」、岡山・香川のエリアの出来事を日々伝えるニュース番組「OHKLiveNews614」、金曜夜7時からの地域お宝発見バラエティ「金バク!」、地域密着スポーツ番組「スポeもん」などを制作・放送しています。「面白い」「親しみやすい」「わかりやすい」と視聴者から評価を頂いています。

私たちの仕事

ニュースの取材放送や情報番組の制作放送などを行う「報道制作局」やCM枠のセールスや番組の企画提案、イベントなどを実施する「営業局」、あるいは番組の編成やPR広報などを行う「編成局」など、テレビ局には多くの仕事とやりがいがあります!

はたらく環境

オフィス紹介
大型商業施設にテレビ局が誕生!

イオンモール岡山に開設された「OHKまちなかスタジオミルン」のコンセプトは「可視化」です。5階のスタジオと6階のオフィスはガラス張りになっていて、イオンモールを訪れた人が番組の生放送の様子などテレビ局の裏側を見ることができます。また、イオンモールと共同で商業施設独自のテレビ局「haremachiTV(ハレマチテレビ)」を開設し、館内52か所のデジタルサイネージ(電子看板)やインターネットを通じて、OHKの番組をはじめ、館内の店舗やイベントなどの情報を発信しています。年間2000万人が訪れる大型商業施設への進出により情報発信力を高め、地域で愛され親しまれるテレビ局を目指していきます。

企業概要

創業/設立 1969年4月開局
本社所在地 岡山市北区学南町3-2-1
代表者 代表取締役社長 中静敬一郎
資本金 3億
従業員数 141名 (2019年12月現在)
事業所 本社
ミルン(イオンモール岡山内)
支社(高松・東京・大阪・広島・倉敷)
気になる

16人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません