シナノア株式会社の企業情報

シナノア株式会社

【商社(化学)|商社(機械・精密)|その他商社】

私たちは、お客様のコーティングプロセスをトータルサポートしている、塗料の専門商社です。
愛知県に本社を置き、業界内でもトップクラスの売上を誇ります。
国内や海外への更なる拠点拡大に力を入れています!

  • 海外事業展開に積極的

  • 安定した顧客基盤

  • 営業力が自慢

  • 3年連続で業績アップ

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
コーティングのエキスパート!

お客様は、鉄鋼・建設機械・自動車部品・住宅設備など、各業界をリードする大手メーカー。
塗料や、コーティングに必要な資材の販売、さらには大型塗装設備の設計や施工・アフターメンテナンス等、
お客様のモノづくりの過程で欠かすことのできない塗装分野をトータルでサポートしています。

塗料販売から始まったシナノアですが、お客様のニーズに合わせて事業を拡大しています。
例えば中国の常州市では、大手ロボットメーカーと協業し、産業用ロボット設備をメインとした事業を展開しています。
自動化を検討しているお客様に対し、ロボットを使った塗装設備を提案。
無駄なく塗装するロボットの動きを設計・プログラミングし、お客様へ提供します。
人件費の高騰が叫ばれている中国では引き合いも多く、2013年の事業開始から急速に成長しています。
中国で培ったノウハウを活かし、国内でも労働人口の減少などによる生産効率の向上といった課題を抱えているお客様に対し、
ロボット設備を提案・提供していく準備を進めています。

また、時には塗料メーカーと共同で塗料開発まで行うフットワークの軽さもシナノアの強みの一つ。
お客様の要望に合う、より高度な機能を持った塗料を、塗料メーカーと一緒に作ります。
自動車のエンブレムや、住宅設備など、実際の商品に使われ、重要な役割を担っています。

他にも、お客様の製品塗装を自社工場で引き受ける塗装事業など、「商社」の枠にとらわれない事業展開を進め、
コーティングコンサルティングを通じ、新たなマーケットを生み出しています。
塗料・塗装の豊富なノウハウをもつからこその柔軟な対応で、お客様の課題を解決していく。それが私たち、シナノアです。

事業・商品の特徴
多くの商材の中から、お客様に最適な提案をします!

私たちの取り扱う「コーティング」で面白いのは、
「え、こんなところにも使われているの!?」というくらい、用途が多岐にわたることです。
皆さんは”塗料”と聞くと、どんなことを想像するでしょうか?自動車のボディーに色を付ける、家の壁の塗替え、道路の白線…
きっと色彩に関するイメージが強いのではないでしょうか。それは、外観の価値を高める、いわゆる「美装」の機能の一つです。
色以外にも、模様を付ける、光沢を与える、立体感を出す…
皆さんの目に映るだけでも、様々な美しさを演出する塗料ですが、それ以外にも多くの役割を担っています。

例えば、”防錆性”、”耐薬品性”、”耐候性”、”防汚性”といった、製品を錆や薬品、腐食、汚れから守る役割。
スマートフォンの画面にもコーティングがされていて、ここには指紋を付きにくくする”耐指紋塗料”が使われています。
意外なところに使われているでしょう?

さらに塗料の可能性は広がり、様々な付加機能が誕生しています。
例えば、”遮熱塗料”。
熱を遮って室内温度の上昇を抑えるので、工場の屋根や壁にコーティングすることで、地球温暖化対策の一端を担っています。
他にも、窓ガラスにできる結露を防止したり、抗菌機能を持つ塗料もあります。

また、環境に配慮した塗料も各塗料メーカーで開発され普及が進んでおり、コーティングの可能性が拡がっています。

「コーティング=色付け」と思われがちですが、実はカラーバリエーションを増やすだけではない多彩な機能をもち、街中でも見かける
様々な製品の役に立っているのです。

製品ごとに求められる機能に最適な塗料を選び出し、提案することが私たちの役目です。

事業戦略
100年100億円企業!

これは私たちが掲げている目標です。
塗料や塗装といったコーティングにおいて、お客様や社会に大きな付加価値を提供し続けていくため、
まずは創業100年、まずは売上100億円を一つの通過目標として設定しています。

約70年前、創業時の社員たちは、塗料缶1つでもお客様が必要とあらば自らリヤカーを引き、急いで届けていました。
息を切らし駆け付けた姿を見て、お客様には大変感謝していただけたそうです。
こうした、お客様のことを考える一つ一つの気遣いが積み重なり、現在もお取引が継続しています。

「誠実と信用」を大切にし、様々なお客様との信頼関係を築いて早71年。
「塗料」を軸にして、事業を拡大してきた私たちですが、まだまだ発展途上です。

国内・海外のさらなる拠点拡大、新たな分野への参入…
私たちにはやりたい事がたくさんあります。
そして、「やりたい事」を実現し続けています。
強固な信頼関係やコーティングに関する豊富なノウハウが、70年かけて培ってきた私たちの武器です。
目標までの道のりは決して楽ではありませんが、「挑戦!挑戦!また挑戦!」をスローガンに成長を続けていきます!

私たちの仕事

シナノアの中心職種である営業職についてご紹介します。

シナノアの営業職は、基本的にお客様の業種別に担当が分かれています。
お客様と話をしたり、実際の製造現場へ頻繁に足を運ぶ中で、何か困っていることや改善点はないか目を光らせます。
お客様のニーズに最適な案を考え、塗料・塗装設備メーカーと力を合わせ、お客様へ提案、解決へと結びつける。
自分達が納入した商品や設備のアフターフォローも欠かしません。
時には仕入先である塗料メーカーと共同で新たな塗料を作り出し製品化させる、そんな楽しみも味わえます。

このようにシナノアが徹底的にお客様の塗装事業をサポートをすることで、お客様はコア事業に注力でき、効率的に成果を上げられます。

自社製品を持たない私たちは、言わば私たち営業がシナノアの商品といっても過言ではありません。
ただ商品を仕入れて売るのではなく、常にお客様の目線で考え、良い関係を築き、付加価値をつけることで、
「シナノアに任せよう」と言っていただけています。

様々な経験から得た豊富な知識、失敗から学んだ教訓、諸先輩から引き継いだ人脈に自ら築いた人脈。
これらがあるからこそ、既存のお客様を深くフォローでき、さらには新規分野の開拓へとつながっているのです。

はたらく環境

職場の雰囲気
「Q.シナノアの社員・雰囲気をどう思いますか?」 ―社員に聞いてみました―

「A.部署間の垣根が低く、社内の誰とでも話しやすい!」
これは、他の会社から転職してきた社員からよく耳にする言葉です。
本社では、ワンフロアに各部署の席があり、社長も同じフロアに席を置いています。
ちょっとした相談もしやすい環境が整っているのも一つの要因かもしれません。

現在、シナノアには本社の他に、千葉・大分・北九州に営業所、名古屋市に配送センター、
海外には中国に2つ、インドネシアに1つの拠点があります。
年に一度、各拠点の社員が一堂に会して合宿を行い、シナノアのこれからを話し合う会議をします。
部署を跨いで編成されるチームでの話し合いでは活発に議論が繰り広げられ、
会議後の宴会では、部署も上下関係も関係なく交流し楽しんでいる光景が見られます。
2日間に及ぶ会議は決して楽なものではありませんが、
普段遠く離れた拠点で仕事をしている社員と顔を合わせるこの機会を社員皆が楽しみにしています。

また、シナノアでは現在、社内報を毎月発行しています。
日本、中国、インドネシアの各拠点からそれぞれ発行していて、内容は仕事、部署内での出来事、海外での習慣の違いなどです。
毎月、各拠点の様子を垣間見ることできるのも、社員同士、距離を近くに感じている理由のひとつかもしれませんね。

「A.好奇心旺盛の人が多いと思います」
「塗料を専門的に扱う商社」と聞くと、「もしかして化学に詳しくないと働けないのでは…?」と思われるかもしれません。
もちろん、化学の知識を持って入ってきた社員は、商材知識の理解も早く、より自分の言葉でお客様と詳しい話をするなど、
自らの武器を活かして活躍しています。
でもシナノアの社員の内、過半数は文系学部の出身者。
シナノアの社員入社理由を聞くと、よく返ってくる答えは、「”コーティングの可能性”に魅力を感じたから」。
クルマが好きで、研修で自動車用の塗料にハマり、「クルマの塗料に社内で一番詳しくなる」と豪語していた社員は、
今ではそれを実現し、「自動車用塗料といえば○○さん」の地位を確立しています。
「この塗料の機能は面白いぞ。どんなところに使えるだろうか」
化学への苦手意識よりも、様々な展開が考えられる商材を扱えることへのワクワクが勝った社員が多いですね。
ちなみに、入社後には塗料について学ぶ研修をしっかり用意していますので、安心してくださいね!

社風
自分の色を出せる会社です

1.ノルマはありません
シナノアにはノルマはありませんが、毎年定める各自・各部署の目標に向かって邁進しています。
ノルマ達成の為に競い合うような風潮はなく、むしろそれぞれの目標を達成する為に情報を共有したり協力し合っています。
年に2回実施される人事考課では、目標達成への進捗や、次にどうしていくべきかを上司と相談します。
与えられた目標ではなく、自ら定めたゴールに向かっていくことで責任を持って成長していくことを期待しています。

2.熱意で動く、良い意味で単純な会社です
諸先輩が作り上げてきた伝統や歴史を大切にしながらも、現在の社員が新しいことにチャレンジすることを止めません。
ただ、その時に求められることは、目的をはっきり持つことと熱意です。
例えば、国内の各営業所や、海外の各拠点の開設それぞれに、熱意ある社員の活躍、それを応援する周りの協力がありました。
やり遂げる意思を持って頑張っている人を認めて、皆で協力して解決する雰囲気がシナノアにはあります。

3.行事を楽しみます
社内行事として、歓送迎会や忘年会、前述の営業合宿、社内のゴルフコンペ、
5年毎に開催される海外研修旅行などで交流を図っています。
行事はあまり多い方ではありませんが、普段あまり接することのない社員とも話をするチャンスなので、
一つ一つの行事を楽しみにしています!

組織の特徴
新入社員はじっくり育てます

シナノアの新入社員研修期間はおよそ1年。
社会人としての基礎マナーを学ぶことから始まり、シナノアの歴史を学ぶ、
営業の先輩に付いて仕事内容を理解する、他部署でも仕事をして自分の仕事以外の視点を学ぶ、
そして塗料メーカーで塗料の基本を学ぶ。
他にもまだ研修プログラムを用意していますが、
根本的な考え方としては、新入社員には基礎をしっかり学んでもらいたいということです。

新入社員は社会に出たばかりで不安なことも多いもの。
即戦力としてすぐにでも活躍してほしい気持ちももちろんありますが、
時間をかけて研修をする中で、会社や仕事に慣れていってほしいという気持ちを
社員全員が持って新入社員を見守っています。
また、すぐに特定の部署に配属としないため、
色々な部署の人と交流を持てることも狙いの一つ。
会話もしやすくなるので、その後の居心地の良さにもつながっているようです。

新入社員としてどのようなことを学ぶのか、
それぞれの研修の詳細は、シナノア社員に会う際にぜひ聞いてみてくださいね。

企業概要

創業/設立 創業 1948年2月
本社所在地 愛知県大府市横根町新江15番地20 大府新江工業団地内
代表者 代表取締役会長 釜谷健一
代表取締役社長 釜谷俊朗
資本金 6000万円
売上高 68億5500万(2019年3月期・グループ全体)
従業員数 49名 (2019年04月現在)
主要取引先 〔主な納入先〕
極東開発工業株式会社
住友重機械工業株式会社
住友建機株式会社
住友ナコフォークリフト株式会社
太平洋工業株式会社
東海カラー株式会社
株式会社東海理化電機製作所
日本車輌製造株式会社
日本製鉄株式会社
日本トレクス株式会社
住友重機械建機クレーン株式会社
富士工器株式会社
フタバ産業株式会社
豊生ブレーキ工業株式会社
三井物産株式会社
株式会社LIXIL
リンナイ株式会社 他(50音順)

〔主な仕入先〕
アクゾノーベルコーティング株式会社
旭サナック株式会社
アンデックス株式会社
エーエスペイント株式会社
株式会社オリジン
株式会社川口スプリング製作所
神東アクサルタコーティングシステムズ株式会社
新東工業株式会社
神東塗料株式会社
中国塗料株式会社
東海プラントエンジニアリング株式会社、日本ペイントグループ各社、BASFジャパン株式会社、ミリオン化学株式会社 他(50音順)
事業所 【国内拠点】
・千葉営業所 
・大分営業所
・北九州営業所
・名南配送センター
【海外拠点】
・信濃商貿(唐山)有限公司:中国 河北省
・信濃亜(常州)自動化技術有限公司:中国 江蘇省
・PT.SHINANOA INDONESIA:インドネシア
気になる

213人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません