株式会社梶川建設

株式会社梶川建設の企業情報

株式会社梶川建設

【建設コンサルタント|建設|インターネットサービス】

◆kawaii文化創設者とのコラボの理由とは?

創業から114年。その歴史は伊達ではない。50万社に1社のオンリーワンの技術と共に、安定した事業基盤をもっているものの、現状の領域に満足するのではなく、業界の代表として新たな取組をスタートさせました。
“日本を守る”事業だけでなく、“日本を拡める”攻めの姿勢で、EC事業やkawaii文化を拡める取組を行っています。
この理由は説明会で社長から直接お話します!

  • CSR活動に積極的

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
古きに囚われない攻めの姿勢。建設業のイメージを変える!

「建設業のイメージを壊す!」そんな想いから、当社では業界の常識外にチャレンジしています。例えば、機能美が重視されがちな建設業界に“かわいい”という発想を取り込みました。地中熱など自然エネルギーを活用した住宅「風の井戸」はそのひとつ。まるで童話の世界から抜け出てたような建物は、環境と人にやさしいだけでなく、誰もが「かわいい!」と言ってしまうデザインです。他にも、当社のロゴは“原宿Kawaii文化”を世界に発信するアソビシステム社が担当。また、建設業ながらソーシャル&エコ・マガジンの『ソトコト』に掲載された実績も。堅実な建設業の一方で、業界の異端児的な活動に社員もワクワクしています。

事業戦略
環境に配慮した未来づくりを目指す「環境コンサルティング企業」

これまで建設現場といえば、騒音がうるさい、古いものを壊して作る、というのが当たり前でした。しかし当社の工法は、古い設備を活かす、騒音や振動の小さい工事、といった特殊性があります。建設で生じる廃棄物も少なく、周囲への環境にも配慮した日本独自の工法です。海外からも注目され、今後はバングラディシュのプロジェクトに参加する予定です。環境への関心が高まる中、当社の環境に配慮した工事への評価が高まっています。その結果として、売上も堅調に増加中。自然エネルギーを利用した住宅を開発したり、環境に優しい材料を使うなど、新しい挑戦を続ける当社は、徹底した環境コンサルティング企業としても、活躍の場が広がっています。

事業・商品の特徴
全国50万社ある総合建設業で、オンリーワンの技術を保有!

日本で100年以上の歴史を持つ企業は、わずか0.006%。当社は2018年で創業113年になります。そして、全国に総合建設業は約50万社ありますが、総合建設業者でパイラー技術を保有するのは当社だけ。その希少性と長きに渡る実績と信頼から、当社には全都道府県(沖縄除く)から工事依頼が来ます。東日本大震災後の護岸補強工事、東京メトロの地下鉄補強工事、新高速道路の建設といった社会基盤を支えるインフラ工事はもちろん、オリンピックのヨット会場建設や豊洲市場の周囲の工事も担当しています。人々の生活を下支えすること、夢のある事業に携わること、それが当社の事業であり、やりがいのある仕事だと自負しています。

私たちの仕事

明治38年に「梶川造船所」を創業。
昭和34年に現在の「株式会社 梶川建設」を設立し、現在創業100年を超える総合建設会社です。
愛知県碧南市に本社、ほか東京支店、大阪営業所の3か所を拠点として事業を行っています。

造船業から始まり、土木、建設など、時代のニーズに即した事業で業績を拡大し、現在はパイラー事業部、建設事業部の2本柱で展開しています。
設計から施工までを自社内で一貫して行うことができる全国でも数少ない総合建設会社です。
とくにパイラー事業部は、本格受注からわずか数年で、大きな業績を上げる主要事業に成長しています。

<パイラー事業部>
これまで施工困難だといわれていた工事技術を蓄積し、大手ゼネコンのトップパートとして、あらゆる工事を請け負っています。玉石混じりの砂礫層や硬い岩盤への圧入、橋梁や高圧電線の下、上部に障害のある現場など、厳しい制約条件のある場所で鋼矢板の圧入・引抜作業を行える会社(GM1認定企業)は全国でも10社しかありません。

<建設事業部>
建築、土木、重機で構成。建築部は、住宅から公共施設や商業ビルまで、あらゆる建物を建設。
環境に配慮した空間作りも提案しています。土木部は、道路の新設、整備、護岸工事、下水道工事、公園整備、土地改良、土地造成、造園、各種舗装工事など、安全・快適な都市の基盤づくりを担っています。重機部は、大型機械や工場ラインなどの設置・解体・運搬、高所への重量物設置などを行っています。

<NEXT100チャレンジ課>
建設業界に新しい風を吹き込むべく、また梶川建設の創業200年に向けてこれから100年の歴史を創り、新たな事業の柱となる「新規事業企画部」としてNEXT100チャレンジ課を立ち上げました!
KAWAII文化の創設者とのコラボ、EC事業での商品開発、新ユニフォームの制作など、新しい取り組みにチャレンジ中!
是非、新卒の皆さんにもこのプロジェクトに携わっていただき、当社の未来を共に切り拓いていきましょう。

はたらく環境

組織の特徴
【業界の革命児】梶川建設の魅力を一気にご紹介!

◆Kawaiiを応援中!
「Kawaii」という言葉には多くの意味があります。
姿形が愛らしいこと。共感すること。心をくすぐること。
基準は人それぞれで、様々な意味合いを持つ言葉です。
そんな「Kawaii」に共通しているのは、誰かにそう伝えたくなってしまうものであることだと考えています。
梶川建設も、誰かに伝えたくなる魅力のある企業、多くの人々に更に愛される企業に変化するぞという想いを込め、新スローガンを作りました。
「21世紀に入って世界に最も広まった日本語」とも言われる「Kawaii」のように、既存のイメージを打破し、世界中に梶川建設の魅力が広められるように取り組んで参ります。

◆新ロゴマーク決定!
「建設業界=3K(きつい・汚い・危険)」なんてイメージはもう古い!
業界全体的にも改革が進んでいるものの、なかなか浸透していない現実があります。
既存の建設業のイメージを変えたい。
もっと多くの人に建設業界の魅力を知ってもらいたい、そんな想いから、当社のロゴを一新しました!
※新しいロゴは、セミナーにて発表予定!是非、セミナーにお越しください!

◆EC事業、始動!!
梶川建設を知らない層にも、私たちの取り組みを知ってもらうために、より消費者に近いネット通販を通じた映画販売のプロジェクトをスタートします!
このプロジェクトには、2002年に大ヒットし30万個を売りあげた、犬のきもちがわかる「バウリンガル」の発明者である元上場企業社長の渡辺和俊さんも参画。
梶川建設の代表自らがプロジェクトを統率しており、経営幹部陣もメンバーに加わっています。
そんなプロジェクトに、新卒メンバーも参画中。
今後、入社していただく新卒社員にも参画して欲しいと考えています。
創業100年以上の老舗企業且つ成長企業の当社で新規事業の立役者になりませんか?

◆働き方改革
「家庭がすべての根幹なので、家族を大切に」という現・梶川光宏社長の考えの下、時間外労働を減らす方向で働き方改革を行ってきました。
その結果、残業は多い月でも30時間以内に収まっています。
管理職が率先して帰ることにしているため、終業時刻になるとほとんどの社員が帰宅。
労働時間は短く成果は大きく、をモットーに進めています。

◆仕事の醍醐味
高速道路、橋、地下鉄など目に見えるインフラを手掛けることは、自分たちの仕事が社会の役に立っているという実感があり、後世まで自慢できる仕事です。
一方でオリンピックの競技会場といった大プロジェクトなどが完成したときの充実感は感動に近いものがあり、自分が成長している実感が得られます。
誰かの役に立っている、誰かが喜んでくれている、それがストレートに感じられるのがこの仕事の醍醐味です。

◆地域貢献
梶川建設が、建設業界の業界革命の1つとして取り組んでいる「風の井戸」は地域の児童発達支援事業所として2018年度に運営予定です。地中熱など自然エネルギーを活用した空間で、お子様1人1人の成長に合わせた療育し、地域に密着した環境作りを進めています。

企業概要

創業/設立 <創業>明治38年4月
<設立>昭和30年2月
創業から100年以上の超老舗企業です。
企業が10年持つ確率は2~3%程度と言われる中、造船、土木、建築などに事業転換をはかりながら存続し続けました。

皆さんに会えることを今か今かと楽しみにしています。
次の歴史を創る人財として、ぜひ当社を見に来てください!!
本社所在地 愛知県碧南市天神町2-8
代表者 梶川 光宏
資本金 2000万円
売上高 29億円(2018年6月)
従業員数 93名(男性81名 女性12名)
※4月から98名(男性86名 女性12名)予定 (2019年01月現在)
事業所 ■本社/愛知県碧南市天神町2-8
名鉄三河線碧南中央駅から車で5分。多くの社員が自動車通勤です。
名古屋駅からも1時間圏内の立地です。

□東京支店/ 東京都新宿区高田馬場1丁目5番19号 KFビル7階
気になる

11人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません