富士機工株式会社

富士機工株式会社の企業情報

富士機工株式会社

【輸送用機器|機械|その他電子・電気機器】

クルマの安心・安全・快適を追及し、それを”カタチ”にする仕事。私たちが手掛けるステアリングコラム、シフター、機関系駆動部品は、クルマに乗ったときに直接身体に触れ、使い心地を感じる大切なパーツです。安全性・操作性はもちろん、手触りや使い心地を自動車メーカーのクルマづくりを理解しながら、ユーザーの方々の喜びに結び付けるあくなき挑戦を行っています。

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 設立50年以上の企業

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
世界中の車に富士機工の技術を広げていく!グローバル企業の自信

当社は、車に乗った時に直接肌に触れ、使い心地にも大きく影響するステアリングコラム、シフター及び機関駆動部品を主軸に開発しています。幅広く完成車メーカー様と取引をさせて頂いており、グローバルシェアは圧倒的な割合を占めております。世界拠点も14か国にあり、当社の技術を世界中のお客様へ広げるべくグローバル展開を積極的に進めております。変化の激しい自動車業界の先をいく技術開発に携わり、若手から世界をフィールドにチャレンジできる、富士機工ではそのような働き方ができます。

私たちの仕事

世界の自動車産業再編の中で、「世界を意識しない企業は発展しない」と言われる今日、広い視野と国際企業としての自覚を持って活動することを大切にしています。当社は、世界的要求であるクルマ社会の安全性と快適性の実現のため、グローバルネットワーク(北米、南米、中米、欧州、アジア)体制づくりを進めており、製品の輸出入のみにとどまることなく、人、技術の交流をも含めた多元的なボーダレス事業を展開していきます。

はたらく環境

社風
豊かな未来へ挑戦する人間創造企業

アグレッシブな教育研修と自己啓発環境づくりを行い、社員ひとりひとりが自分の能力を最大限に発揮できる活性化された企業づくりを進めています。また、心の豊かさにつながる労働環境を整えるために、真に働く意欲のある人材育成を目的とした教育を推進しています。階層別教育では、入社後の製造に関わる基本的な知識の習得に努めます。技術者教育では、CAD操作の勉強はもちろんのこと、設計業務において必要な材料力学など必要な分野の知識習得、応用の研修をおこなっております。また新入社員として皆さんを迎える際は、入社前教育として品質・安全などの知識習得に努めます。

企業概要

創業/設立 1944年(昭和19年)11月15日
本社所在地 静岡県湖西市鷲津2028
代表者 代表取締役社長 村瀬昇也
資本金 59億8500万円
売上高 連結 : 98,221 百万円 単体 : 45,117 百万円 (実績 2018年3月期)
従業員数 連結 : 3,036 名 単体 : 886 名 (2018年03月現在)
主要取引先 日産自動車(株)、(株)ジェイテクト、カルソニックカンセイ(株)、スズキ(株)、日産車体(株)、UDトラックス(株)、ジャトコ(株)、本田技研工業(株)、トヨタ自動車(株)、三菱自動車工業(株)、(株)SUBARU、いすゞ自動車(株)、愛知機械工業(株)、日産工機(株)(順不同)
事業所 ●本社/テクニカルセンター(静岡県湖西市)
●新居工場(静岡県湖西市)
●本庄工場(埼玉県本庄市)
気になる

20人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません