ベストメディカルサービス株式会社

ベストメディカルサービス株式会社の企業情報

ベストメディカルサービス株式会社

【コンサルタント|その他専門店】

他にはない医療ビジネスモデルで「眼のトータルケア」を行い、
患者様・お客様・お医者様に貢献しています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
プロフェッショナルとして、地域の人々の眼をトータルケアしています。

私たちは情報の80%以上を視覚から得ています。
生涯付き合っていく大切な「眼」―――。

当社は、事業を連携し眼のトータルケアを行うことで
多角的な面から地域の人々の「見え方」に貢献しています。


●眼科医療の提供やサポート(患者様へ)
●メガネ・コンタクトレンズ販売(お客様へ)
●眼科の経営コンサルティング(医師へ)
●眼科の開業支援(眼科の少ない地域や開業を考えている医師へ)
…など、眼に関する幅広い業務を行うという新たなビジネスモデルにより
相乗効果が生まれ、他社との差別化が図れています。
 
また、地域密着の事業だけではありません。
大学病院と連携した眼科を開業したり、眼科医療発展のため医師の研究を手伝ったりと、
イノベーションをおこす為新たな取り組みを次々と進めています。

私たちの仕事

当社は、「眼の健康と視力を守る」ことを企業理念として、
現在3つの事業をメインに展開しています。

◆『コンタクトレンズ・メガネの販売業務』
現在埼玉と東京に「ベストメガネコンタクト」を17店舗運営しています。
メガネやコンタクトレンズの購入は薬事法により処方箋が必要になりますが、近年ではインターネット通販などの普及により、処方箋の提示がなくても入手できる状況が広まっています。自覚症状がないままコンタクトレンズの使用によって眼に負担をかけてしまい、気づいた時には手遅れな眼障害をおこしてしまう場合も…。
そこで私たちは、眼科と提携し専門医の指導と協力を仰ぐことで、単なる小売業とは一線を画した販売体制を整えております。
地域密着で行っているため、例えば家族ぐるみでの利用者が多い眼科・店舗では、幼い頃から眼科を利用していたお子様が大きくなり初めてのメガネやコンタクトレンズを作るとき、隣接する「ベストメガネコンタクト」を利用してくれることが多々あります。

◆『眼科医療の経営支援業務』
現在16の眼科と提携し、眼科医療のノウハウを持ったサポートスタッフの派遣、経営支援、経営コンサルティングといった業務を行っています。当社と提携することで医師はスタッフの募集や育成、備品の発注・管理、広報宣伝といった業務に追われることなく治療に専念でき、それが地域にハイレベルな医療を提供すことに繋がっています。
つまり当社、医師、患者様のすべてにとってベストな眼科治療システムといえるのです。

◆『開業支援業務』
開業したいけれど資金や経営ノウハウがないという医師をサポートし、開業を目指します。また、眼科医院が少ない地域に開業し、優れた眼科医療の提供を行います。
診療圏調査や物件開発からはじまり、医療設備や機器の選定・導入、医院内装工事、情報システムの構築、経営ノウハウの提供など、個人経営の医師ではとても対応しきれない部分までしっかりフォローします。
眼科医不足解消の一助となり、地域医療のレベルアップに貢献する事業です。

はたらく環境

オフィス紹介
隣接眼科では、本格的な医療行為を行うことのできる設備が整っています。

一見難しそうな医療器具の操作も、入社時研修で一通り習得できます。

企業概要

創業/設立 設立 平成5年4月
本社所在地 〒336-0027
埼玉県さいたま市南区沼影1-10-1 ラムザタワー5階
JR埼京線・武蔵野線 「武蔵浦和駅」から徒歩約2分
代表者 グループ代表 新保光一郎
株式会社代表取締役 村上 太一
資本金 4,800万円
売上高 41億8812万円(連結:2018年3月期)
従業員数 従業員数210名 (2018年10月現在)
主要取引先 ■医療機器メーカー等
(株)トプコンメディカルジャパン、(株)高研、(株)シード、(株)市川医科産業、(株)二デック、(株)カールツァイスメディテック、ファディア(株)、ラジエンスウエア(株)、(株)京葉電子工業

■コンタクトレンズメーカー
ジョンソン&ジョンソン(株)、(株)シード、(株)メニコン、チバビジョン(株)、HOYA(株)コンタクト事業部、ボシュロムジャパン(株)、アイミー(株)、(株)エイコー、(株)アイレコンタクトレンズ事業部、(株)東レオプティカル事業部、パナメディカル(株)、(株)中央光学、(株)ファシル、日本アルコン(株)、(株)オフテクス、AMO(株)、シンシア(株)、(株)サンコンタクト、クーパービジョン(株)、(株)セディナ

■眼鏡関連メーカー
HOYA(株)、HOLTジャパン(株)、(株)ニコン・エシロール、セイコーオプティカルプロダクツ(株)、(株)アサヒオプティカル、東海光学(株)、(株)イトーレンズ、(株)三共社、(株)青山ライセンス、(株)システマックス、(株)サフィロジャパン、(株)内田屋、(株)マーションジャパン、(株)エイトオプティクス、(株)シード、(株)NOVA、藤井眼鏡(株)、(株)アオヤギ、(株)ハセガワ、(株)ピスタコーポレーション、(株)タスクオプチカル、(株)ノベルティーアイウェア、(株)グラスパートナー、(株)ミラリジャパン、(株)シャルマン、(株)パール、マツナガケース(株)、(有)リペアー福井
事業所 ◆本部事務室
〒336-0027
埼玉県さいたま市南区沼影1-10-1ラムザタワー5階

◆各拠点
東京(新宿、有楽町、自由が丘、練馬、根津、愛宕、東大和、四谷)
埼玉(大宮、武蔵浦和、戸田公園、東浦和、草加)
千葉(流山)
新潟(長岡)
沿革 ・平成5年4月 資本金6,000万円にてメガネとコンタクトレンズの販売事業のためにベストメガネ有限会社を設立。
大宮店オープン  
・平成9年4月 資本金980万円にて医療機器及び設備の設置及び管理のためにベストメディカルマネージメント有限会社を設立  
・平成9年5月 名称をベストメガネコンタクト有限会社に変更
戸田公園駅前店オープン  
・平成11年11月 組織変更し、名称をベストメガネコンタクト株式会社とする。 
・平成11年3月 資本金300万円で医療コンサルタント事業と眼科診療所の開業支援のためにベストメディカルサービス有限会社として設立。 
・平成12年3月 武蔵浦和駅前店オープン
武蔵浦和眼科クリニックと提携(コンサルティング)する。  
・平成12年11月 資本金を300万円から3,300万円に増資 
・平成12年12月 組織変更し名称をベストメディカルサービス株式会社に変更 
・平成13年5月 東浦和店オープン
柳崎眼科クリニックと提携(コンサルティング)する。  
・平成14年5月 自由が丘店をオープン 
・平成15年1月 練馬駅前店オープン
練馬駅西口眼科クリニックと提携(コンサルティング)する 
・平成15年10月 新宿西口駅前本店オープン
新宿西口駅前眼科と提携(コンサルティング)する。  
・平成16年9月 有楽町駅前店オープン
交通会館有楽町眼科と提携(コンサルティング)する。  
・平成17年4月 与野駅前コンタクトオープン
スカイ眼科と提携(コンサルティング)する。  
・平成17年10月 姉妹店メガネコンタクトグラシア草加店オープン
草加駅前なかじま眼科と提携(コンサルティング)する。  
・平成18年2月 戸田駅前店オープン
戸田駅前眼科と提携(コンサルティング)する。  
・平成18年3月 戸田公園駅前店オープン
戸田公園駅前眼科医院と提携(コンサルティング)する。  
・平成20年3月 資本金を6,600万円に増資
中板橋駅前コンタクト(すばるコンタクト)オープン
すばる眼科と提携(コンサルティング)する。  
・平成21年4月 資本金を4,800万円に減資
ベストメガネコンタクト株式会社、ベストメディカルサービス株式会社及びベストメディカルマネージメント株式会社と三社合併する。  
・平成22年2月 戸田駅前店と戸田公園駅前店を移転統合し戸田公園駅前店を新規オープンする。 
・平成22年4月 自由ヶ丘店を移転し自由が丘駅前店をオープンする
・平成25年12月 根津駅前店オープンする
・平成28年2月   東大和店オープンする
・平成29年3月   ファーストタワー店オープンする
・平成29年7月   四谷三丁目駅前店、おおたかの森駅前店をオープンする
・平成30年6月   長岡寺島店オープンする
気になる

39人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません