青森放送株式会社

青森放送株式会社の企業情報

青森放送株式会社

【放送】

地域に根差した番組づくりは県民から長年支持され、テレビの視聴率は2018年、2018年度とも22年連続3冠(全日・ゴールデン・プライムの各時間帯トップ・ビデオリサーチ調べ)を達成しています。夕方のローカルワイドニュース番組『RABニュースレーダー』は2018年度の平均視聴率が19.1%(ビデオリサーチ調べ)と高い水準を維持。さらに2018年の日本民間放送連盟賞でラジオ・テレビの4作品と1事績が優秀賞を受賞するなど企画力・制作力は全国的にも高い評価を得ています。青森放送はいま、『県民から信頼されるニュースづくり』や『県民を幸せにする番組づくり』に力を入れながら、新しいことにもどんどん挑戦しています。そのひとつが『県民の命を守る』防災拠点づくりです。全国的に災害が頻発する中、ラジオ・テレビはもちろん、ホームページやアプリなど県民の命を守る情報発信機能の強化に全社一丸となって取り組んでいます。

私たちの魅力

事業内容
新しい時代にも地域社会から必要とされる放送局であり続ける

テレビ・ラジオ放送事業

私たちの仕事

青森放送は1953年青森県でいち早くラジオの民間放送として開局。1959年にテレビ放送が始まり、ラジオ・テレビ(日本テレビ系列)の兼営局として地域密着の番組づくりを続けています。地域の伝統芸能を守るため、1954年に始まった「青森県民謡王座決定戦」、1970年に始まった「青森県手踊名人決定戦」は、2003年から「青森県民謡グランプリ」と名称を変えてラジオとテレビで放送されています。2019年からは動画配信も始まりました。

1970年に全国の民放に先駆けてスタートしたローカルワイドニュース番組「RABニュースレーダー」は放送開始から半世紀近く経ったいまも高視聴率を維持し、県民に支持されています。ラジオの長寿番組は1978年に放送が始まった「RAB耳の新聞」です。目の不自由なパーソナリティが視覚障がい者のために必要な情報を自ら考え、企画・取材・収録・編集のすべてを行います。音に頼って生活する視覚障がい者に情報を届けるというラジオの特性を活かした番組は40年以上続いています。1993年から放送されている名物番組が「青森県民駅伝競走大会」です。県内40市町村のランナーの力走とたすきリレーを完全生中継で伝えています。2003年に始まった「RABまつり」は、お笑い芸人やアーティストのステージが注目を集め、まいとし2日間で10万人前後が訪れています。

はたらく環境

組織の特徴
「県民の、県民による、県民のための放送」

「県民の、県民による、県民のための放送」青森県でいち早く民間放送として1953年に開局した青森放送の基本理念です。

企業概要

創業/設立 創立/昭和28年9月30日
本社所在地 〒030-0965 青森県青森市松森1-8-1
代表者 代表取締役社長 山本 恒太
資本金 1億5000万円
売上高 59億8642万円(2018年3月期)
従業員数 130名 (2019年04月現在)
子会社・関連会社 アール・エー・ビー開発株式会社
株式会社アール・エー・ビーサービス
株式会社アール・エー・ビー企画
株式会社アール・エー・ビー映像
株式会社アール・エー・ビーベストメンテナンス
事業所 ・弘前支社 〒036-8355 弘前市元寺町25-1
・五所川原支局 〒037-0052 五所川原市東町17-5五所川原商工会館
・八戸支社 〒039-1166 八戸市根城5-5-27
・十和田支局 〒034-0011 十和田市稲生町4-23第一田中ビル3F
・むつ支局 〒035-0073 むつ市中央2-1-18クロチェヴィーア2F 
・東京支社 〒104-0061 東京都中央区銀座7-10-6アスク銀座ビル
・仙台支局 〒980-0014 仙台市青葉区本町2-9-7仙台YFビル
・大阪支社 〒530-0001 大阪市北区梅田1-8-17大阪第一生命ビル
沿革 1953年 「株式会社ラジオ青森」として発足、ラジオ放送開始
1959年 テレビ放送開始
1961年 社名を「青森放送株式会社」に改称
1966年 テレビのカラー放送を開始
1971年 ラジオ24時間放送開始(月曜除く)
1991年 日本テレビ系列マストバイ局となる
2006年 地上デジタル放送開始
気になる

28人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません