裁判所

裁判所 最高裁インターンシップ(裁判所事務官) | インターンシップ

裁判所

【官公庁】

インターンシップ

裁判所事務官(総合職)の仕事に関心を持っている大学等の学生を対象に,最高裁判所事務総局が行っている司法行政に関する政策の企画立案業務などを体験できるプログラムです。

文系歓迎 理系歓迎

498人が “気になる” しています

※応募受付終了

インターン&仕事研究 特徴・概要

募集コース名

最高裁インターンシップ(裁判所事務官)

こんな能力が身につきます

  • さまざまなメンバーで物事を進めるチームワーク力
  • 課題に対し論理的にアプローチする思考力
  • 現状を分析し目的や課題を明らかにする力

プログラム

実施内容 最高裁職員による基調講義,東京地裁での民事訴訟手続の模擬体験,民事訴訟を担当する裁判所書記官等へのヒアリング,裁判所の広報活動充実策に関する最高裁職員とのディスカッション,グループ討議,プレゼンテーション,施設見学,座談会など。
(取り上げたテーマ)
1 民事訴訟手続のIT化
 裁判所では,民事訴訟手続のIT化について検討を行っており,諸外国でも裁判手続のIT化が進められている例がみられるところです。
 今回のインターンシップでは,民事訴訟手続の体験や職員とのディスカッションなどを通じて,現状の分析,課題の抽出を行い,民事訴訟手続をより利用しやすくするためにITをどのように活用するかについて,学生のみなさんの視点でプレゼンテーションを行っていただく予定です。
2 裁判所の広報活動充実策
 裁判所では,裁判官以外にも裁判所事務官,裁判所書記官,家庭裁判所調査官といった様々な職種の職員が働いており,それぞれが重要な役割を果たしつつ,各職種が密に連携して紛争解決を支えています。
 今回のインターンシップでは,このような多様な職種が存在する裁判所職員の魅力をどのように伝えていくかという学生にとって最も身近なテーマを素材として,裁判所の広報活動充実策を検討していただく予定です。
実施時期・期間 2019年8月20日(火)~同月22日(木)
職種分類 専門・スペシャリスト系
待遇・報酬 報酬なし。
本インターンシップにかかる必要経費(交通費,食費,宿泊費等)は,全て自己負担。
実施場所 東京都
実施場所(詳細) 最高裁判所(千代田区隼町)及び東京地方裁判所(千代田区霞が関)
応募資格・条件 大学又は大学院(以下「大学等」という。)の学生
※ 年次,学部は問いません。
※ 大学等の学生であって,大学等が推薦した者に限ります。
応募方法 応募を希望する学生は,調査票に必要事項を記載して,大学等の窓口に提出してください。詳しくは,裁判所のウェブサイトをご確認ください。
※ 具体的な窓口や締切日については,所属の大学等へご確認ください。
※ 学生個人からの応募は受け付けておりません。
応募受付期間 2019年4月22日(月)~6月10日(月)
募集人数 20人程度
お問い合わせ先 人事局総務課制度第一係
(03-3264-8081)
気になる

498人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません