社会福祉法人恩賜財団愛知県同胞援護会

社会福祉法人恩賜財団愛知県同胞援護会の企業情報

社会福祉法人恩賜財団愛知県同胞援護会

【介護・福祉サービス】

ときには手を握って、ゆっくり話を聴く。それも大切な仕事です。

福祉の仕事は、「キツイ」「給料がやすい」「資格がいる」と思っていませんか?
社会人として仕事をしていく中で、大変だと感じたり、苦労するということは、どんな仕事に就いてもあることではないでしょうか。もちろん、福祉の仕事も大変なことはたくさんあります。それでも多くの方が福祉の仕事に就いているのは、利用者さんからの「ありがとう」に、やりがいを感じているからです。入院から施設に戻ってきた利用者さまに、担当職員が「おかえりなさい」と手をとって声をかけると、安堵の表情をし「ただいま」と言いながらうれし涙を流して喜ばれました。そんな素敵なエピソードがたくさん生まれる職場です。

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

  • 女性の従業員比率が50%以上

私たちの魅力

事業内容
地域福祉をトータルサポートします。

当法人は、昭和21年に同胞援護会愛知県支部として発足し、時代のニーズを捉え、さまざまな福祉事業を行なってきました。昭和27年には社会福祉法人となり、現在では高齢者福祉事業、障害者福祉事業、児童福祉事業を運営しています。
運営拠点は愛知県春日井市、豊田市、大府市。特別養護老人ホーム、障害者支援施設等の施設運営、デイサービス、ヘルパー、日中生活支援などの在宅サービス事業、地域包括支援センターなどの行政からの委託事業に加え、保育園の運営も行なっており、幅広い分野で福祉事業を展開しています。
利用者さま個々の視点に立ち、地域福祉の拠点としての役割を果たすことが使命。
地域のみなさまの自立した日常生活を支援する多様な福祉サービスを提供しています。

企業理念
基本理念

利用者の立場に立った良質なサービスを提供するとともに、地域住民との交流・連携を図り、開かれた法人運営に努める。

ビジョン/ミッション
事業方針

【1.職員の知識・技能を高め、質の高いサービスを提供する。】
愛知県同胞援護会では、職員の資質の向上のため、さまざまな研修を取り入れています。新たに入職した職員には、新人職員研修を実施し、基礎知識を学んでいただきます。次のステップとして、介護職員実務者研修や、国家資格である介護福祉士の受験対策講座を法人内で実施し、職員がスキルアップできるようフォローしています。また、リーダーや主任になる職員には初任管理者研修を、管理職にはスキルアップトレーニングを実施。無理なく段階的に研修を受けていただき、介護技術だけでなく、マネジメントについても学んでいただくことができます。

【2.設備・機器を充実させ、快適なサービスを提供する。】
福祉、介護の現場における設備や機器は日々進歩しています。利用者との直接のふれあいが基本ですが、利用者の皆さんが気持ちよく過ごせるように設備を整え、利用者はもとより職員にも負担が掛からないような機器の導入をすすめています。2018年には、電子カルテを導入し、記録物などの書類作成が増えがちな福祉の現場において、無駄を省いたスマートな記録処理ができるようになりました。今後さらに、合理化につながる機器の導入をすすめ、空いた時間を、利用者さまとのコミュニケーションの時間に充てることができれば、より一層充実したケアができるものと考えています。

【3.地域住民との交流・連携を図り、公益的な取組みを進める。】
福祉事業を運営するにあたって、地域からの信頼はとても大切です。そのためには地域の方々に認めてもらえるよう、じっくり、コツコツと地道に努力し続けなければなりません。愛知県同胞援護会は、事業エリアを春日井市、豊田市、大府市内に展開しており、これまで地域の皆さまとの信頼関係を積み重ねてまいりました。毎年開催する「感謝の集い」や「盆踊り」といった各施設の行事にも1,000名を超える市民の皆さまが積極的に参加していただくなど、地域に根付いた社会福祉法人づくりを実践しています。また、新たに施設近隣の駅前に介護の相談窓口を設置し、地域住民の皆さんが、より利用しやすい環境整備に取り組んでいます。また、2018年度には地域貢献事業として、市民の交流の場となる「ふれあいサロン」を開所するなど、新たな取り組みをすすめています。

【4.職員体制、人事・福利厚生制度を充実させ、働きやすい職場づくりを進める。】
現在、日本では急速に少子高齢化が進む中、多くの産業分野で人手不足となっています。とりわけ介護業界では、2025年にはおよそ38万人の介護士不足が予想されるなど、今後、人手不足がさらに深刻化していきます。当法人では、職員向け託児所を設置したり、ICT機器の導入をするなど、「職員の働きやすさ」に力を入れており、2018年度には、「働き方改革推進企業」に認定されました。今後も、職員が安心して将来にわたり永く勤めていただけるよう、「働きやすい職場づくり」に力を入れていきます。

私たちの仕事

【事業内容】
・高齢者福祉サービス事業 
・障害者福祉サービス事業 
・児童福祉事業 

同胞援護会では、特別養護老人ホーム・デイサービス・ショートステイ・ケアハウス・ヘルパーステーション・居宅介護支援事業所・地域包括支援センター・障害者支援施設・就労継続支援事業(B型)・保育園等、県内の多数の施設で、デイサービス、ヘルパー、日中生活支援などの在宅サービス事業、地域包括支援センターなどの行政からの委託事業など幅広い分野で福祉サービスを展開しています。

はたらく環境

組織の特徴
愛知県同胞援護会の5つの特色

特色1〈歴史〉 
同胞援護会が発足したのは昭和21年。まだ日本に「社会福祉法人」が無かったころです。時代のニーズを捉え、恩賜財団としての伝統も大切にしています。 

特色2〈信頼〉 
利用者さまやご家族、地域の皆さまはもちろんですが、愛知県同胞援護会は行政からの信頼も厚く、たくさんの委託事業等も受け運営しています。 

特色3〈事業展開〉 
高齢者福祉を中心として、障がい者福祉(身体・知的)、保育園の運営も行なっており、幅広い事業展開をし地域福祉をトータルサポートしています。 

特色4〈安定〉 
高齢者福祉事業を始めてから約30年。安定した経営基盤のもと、健全な経営を続け、職員の皆さんにも満足していただける賃金水準を実現しています。 

特色5〈女性〉 
当法人では職員の約70%が女性です。育児休暇などが取りやすい環境づくりはもちろんのこと、女性のキャリアアップも応援します。当法人には、女性の管理職の方も大勢勤めています。

企業概要

創業/設立 昭和21年:恩賜財団愛知県同胞援護会発足
昭和27年:社会福祉法人恩賜財団愛知県同胞援護会に組織変更
昭和61年:愛知県春日井市において、高齢者福祉事業開始
本社所在地 愛知県春日井市廻間町703番地1
代表者 理事長 西村 眞
資本金 社会福祉法人のため、資本金はありません。
基本金8億78百万円
売上高 62億3500万円(平成30年度)
職員数 1048人 (2019年04月現在) 男性338名、女性710名
事業所 法人本部(愛知県春日井市)
■高齢者福祉サービス事業
●春日井地区
【特別養護老人ホーム春緑苑】
 春緑苑短期入所施設
 春緑苑デイサービスセンター
 春緑苑ヘルパーステーション
 グループホーム春緑苑
 春緑苑居宅介護支援事業所
 春日井市地域包括支援センター高森台・石尾台
 春緑苑福祉用具貸与事業所
 ケアハウス春緑苑

【特別養護老人ホーム第2春緑苑】
 第2春緑苑デイサービスセンター
 第2春緑苑ヘルパーステーション
 第2春緑苑居宅介護支援事業所
 春日井市地域包括支援センター中部

●豊田地区 
【特別養護老人ホームとよた苑】
 とよた苑デイサービスセンター
 とよた苑ヘルパーステーション
 とよた苑居宅介護支援事業所
 とよた苑福祉用具貸与事業所
 地域包括支援センターとよた苑
 ケアハウス豊田

【東山デイサービスセンター】
 ライフサポートアドバイザー事業

【特別養護老人ホーム第2とよた苑】
 第2とよた苑デイサービスセンター
 第2とよた苑居宅介護支援事業所
 第2とよた苑ヘルパーステーション

【養護老人ホーム若草苑】
 若草苑デイサービスセンター
 
【特別養護老人ホーム保見の里】
 保見の里居宅介護支援事業所
 地域包括支援センター保見の里

●大府地区
【特別養護老人ホーム大府の郷】
 大府の郷デイサービスセンター
 大府の郷居宅介護支援事業所

■障害者福祉サービス事業
●春日井地区
【春日苑】
 入所施設
 生活介護(通所)
 ショートステイ
 障がい者生活支援センター

【ワーカー鷹来】
 就労継続支援B型

●豊田地区
【サンホーム豊田】
 入所施設
 生活介護(通所)
 ショートステイ
 特定相談支援

■児童福祉サービス事業
●春日井地区
【さくら保育園】
気になる

5人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません