丸井織物株式会社

丸井織物株式会社の企業情報

丸井織物株式会社

【繊維】

合繊織物において、国内最大級の生産量を誇る当社では、IT によりコントロール&マネジメントされた約1100台の最新鋭ジェット織機を駆使し、月間約750万メートル、約400品種に上る織物を製造しています。すべてのマシンはLANでネットワークされ、万全の品質と納期管理のもと、製品づくりが行われています。

私たちの魅力

事業内容
最先端繊維の力で、ファッションをインスパイアする

当社では一流アスリートが使用するスポーツウエア、カジュアルウエア、裏地などの衣料用と、自動車・食品関連、炭素繊維、補強布、カバン布などの産業資材用織物を手掛けています。100台の織機を一気に稼動させての短時間大量生産から、1台のみを稼動させての多品種少量、変種変量生産にまで対応。生地サンプルや素材の提案など、どのような要望にも応えることができる、変化に強いしなやかなモノづくりを実現しています。

事業戦略
繊維の領域をはみ出しながら、これまでにない繊維会社を目指す

繊維事業にとどまらずWEB 販売など、繊維製品の新たなサプライチェーンの創出に取り組み、また、インターネットによるサービス、アプリケーションなどIT による新たなビジネス創造の可能性に挑んでいます。そのひとつは、WEB上で3分でオリジナルTシャツがつくれたり、自分でデザインしたTシャツを販売することができるなどのTシャツ作成サービス。もうひとつは、欲しい生地が「いつでも」「誰でも」「1mから」購入できる生地・副資材仕入れサービス。有名スタイリストによるパーソナルコーデイネート、買い物代行サービスも展開しています。

事業・商品の特徴
繊維製造から染め、加工までを一貫体制で行う

北陸繊維加工会社の老舗、倉庫精練株式会社と2017年に連携。それにより、いち早く「織と染の一貫体制」が整いました。新商品に加え、これまでにない技術をも生み出す土台ができました。

私たちの仕事

多様なニーズに応えるため、生産工場には織物設計書などを製作する開発部や、その生産ラインを構築する生産技術の仕事があります。また営業職は、ファッション・アパレル用テキスタイル担当と、産業用テキスタイル担当に分かれており、アパレル・メーカー、デザイン企画会社、商社の産業資材調達担当者などさまざまなお客様と工場をつなぎます。また、常に新しい事業を創造するIT事業部では、繊維の範疇を超えた分野の幅広い仕事があります。

はたらく環境

オフィス紹介
日本海を望む自然豊かな能登半島

当社の拠点は、北陸新幹線開通によって注目をあびる石川県。本社は、自然と人が調和した美しい風景が広い範囲に数多く点在している能登町にあり、北陸の地から、国内トップレベルの技術で世界に向けたテキスタイルを発信しています。

企業概要

創業/設立 設立/1956年(昭和31年)4月11日
本社所在地 石川県鹿島郡中能登町久乃木井部15
代表者 代表取締役会長 宮本徹
資本金 5718万円
売上高 95億5500万円 (2017年12月実績)
従業員数 グループ合計297名(男子180名/女子117名) (2018年12月現在)
主要取引先 東レ株式会社/蝶理株式会社/一村産業株式会社
事業所 工場(石川県)/七尾工場、黒氏工場
営業所/東京、福井
グループ会社/宮米織物株式会社、丸井織物(南通)有限公司、良川サイジング株式会社、倉庫精練株式会社、オリジナルラボ株式会社、株式会社ウィル・テキスタイル
気になる

27人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません