ジェイアール東海コンサルタンツ株式会社

ジェイアール東海コンサルタンツ株式会社のキャリタス限定情報

ジェイアール東海コンサルタンツ株式会社

【建設コンサルタント|設備|設計】

INTERVIEW

  • 所属部署
    土木事業部 土木設計第三部

    N.T(2018年入社)

  • 土木技術者として鉄道を支える仕事

    私はインフラを支える仕事に興味があり、大学では土木を専攻しました。私は中学校から大学まで鉄道で通学をしており、鉄道には親しみがあったため、インフラの中でも鉄道に関わる仕事に興味を持ちました。鉄道の土木の仕事には、事業者、設計コンサル、ゼネコンなど様々な立場から関わることができますが、エンジニアである父の影響で、子供の頃から技術的な知識を用いる仕事に憧れを持っていました。技術職として力をつけながら知識を活かしていくには、コンサルの仕事が最適と考えました。鉄道の仕事ができるコンサルは全国に幾つもありますが、日本の中心である東京-新大阪間を結ぶ東海道新幹線や、次世代の移動手段であるリニア中央新幹線の業務に携わることができるのはJR東海グループならではの魅力です。技術者として鉄道の大きな仕事に関りたいと考え、私は当社に入社を決めました。

  • 所属部署
    設備事業部 名古屋設備部 建築設計課

    Y.S(2013年入社)

  • 鉄道建築のライフサイクル全てに携わる

    私がこの会社に入社した理由の1つは、駅の設計がしたかったからです。旅行をする人や通勤をする人、子どもからお年寄りまで、人が行き交う駅という場所をつくることに興味がありました。実際に入社してからこれまでに、駅の新築や改良を担当し、どうしたらお客様が安全に快適に使える駅となるか、どんなデザインの駅が街のシンボルとしてふさわしいかを考えて仕事に取り組みました。駅が完成した時の達成感は大きく、とても嬉しかったです。
    もう1つの理由は、建物のライフサイクル全てに携われることに魅力を感じたからです。この会社の特徴は、JR東海の駅や車両庫、変電所、社員の事務所などの建物について、設計・工事監理・維持管理を担っています。新築だけでなく、既設建物の点検、内部のレイアウト変更、耐震化など、いろいろな仕事に取り組むことができます。自分が携わった建物が使われ続け、社会の役に立つことにやりがいを感じています。

  • 所属部署
    設備事業部 東京設備部 機械技術課

    S.M(2012年入社)

  • 東海道新幹線の安全・安定輸送。そのために機械技術で何ができるか、構想する

    東海道新幹線と聞くと車両のイメージが強いと思いますが、その安全・安定輸送を支える一翼を担うのが数えきれないほど多くの地上側にある機械設備です。例えば、雪が舞い上がり列車に付着、雪塊となり落下、バラスト飛散により周辺設備などに支障を来すのを防止する散水設備。僕が担当している関ケ原・米原地区ではおよそ70kmの区間にスプリンクラーを設置。仕事の中心は安全・安定輸送を阻む様々な課題を機械技術でどう解決するか、構想を練り、設計すること。今までの考え方に縛られることなく、安全・安定輸送という大きなテーマに対し、機械にできることを幅広く追及できる。この会社ならではの魅力です。また、日本の経済活動と人々の暮らしを支える東海道新幹線や在来線の輸送に混乱が生じれば、その影響は計り知れません。それを未然に防ぎ、安全・安定を当然のものにする、そういったところに仕事の意義や誇りを日々実感することができます。