株式会社毎日新聞社

株式会社毎日新聞社 支局インターンシップ 5日間 「チャレンジ!最前線!!」 | インターンシップ

株式会社毎日新聞社

【新聞】

インターンシップ

支局や東京本社内の部署で記者の仕事を体験することができるプログラムです。実際の記者の勤務に参加してもらうため、定型の研修プログラムはありません。新聞のスクラップや記者の書いた記事のチェックをする日もあれば、記者と一緒に警察や裁判所、市役所などに行くかもしれません。

文系歓迎 理系歓迎

1,115人が “気になる” しています

※応募受付終了

インターン&仕事研究 特徴・概要

募集コース名

支局インターンシップ 5日間 「チャレンジ!最前線!!」

こんな能力が身につきます

  • 立場や意見の違う人とコミュニケーションをとる力
  • 現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 相手の意見を尊重しつつ、自分の考えを発信する力

プログラム

実施内容 実際の記者の勤務に参加してもらうため、定型の研修プログラムはありません。
新聞のスクラップや記者の書いた記事のチェックをする日もあれば、記者と一緒に警察や裁判所、市役所などに行くかもしれません。

<過去のインターンシップ内容>
地域ならではの「街ダネ」を探して原稿にしてもらい、紙面に掲載したケースもあります。
個性豊かで、自立したジャーナリストである毎日新聞の記者たちと議論し、仕事の魅力や報道が担う役割について理解を深めてもらいます。
実施時期・期間 【A】2019年8月26日(月)~8月30日(金)
【B】2019年9月2日(月)~9月6日(金)
【C】2019年9月9日(月)~9月13日(金)
職種分類 クリエイティブ系
待遇・報酬 無料。
実習中の費用(通勤交通費、食事代)は自己負担です。
報酬もありません。
実施場所 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
実施場所(詳細) 5本支社の編集局または全国の支局

2017年実績:とうきょう支局、多摩総局、横浜支局、千葉支局、さいたま支局、静岡支局、福島支局、北海道報道部
応募資格・条件 現在4年制大学生、大学院生で新聞記者を志している方(学年不問)
応募方法 毎日新聞社の採用ホームページで応募書類をダウンロードし、期限までにインターンシップ事務局宛に郵送してください。

※応募者が多数の場合は、書類選考と面接を実施します。
応募受付期間 2019年7月10日
募集人数 各コース20人程度
お問い合わせ先 毎日新聞社インターンシップ事務局 支局インターンシップ担当
〒100-8051
東京都千代田区一ツ橋1の1の1
TEL:03-3212-0321(代表)
e-mail:intern@mainichi.co.jp
平日10:00-18:00(祝日除く)
気になる

1,115人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません