相馬共同火力発電株式会社

相馬共同火力発電株式会社の企業情報

相馬共同火力発電株式会社

【電力】

近隣には豊かな恵みをもたらす太平洋、渚百選に選ばれた大洲海岸と松川浦県立自然公園を臨み、西に阿武隈連峰の裾野広がる広大な大地、1千有余年におよぶ国指定重要無形民俗文化財の相馬野馬追など、すばらしい自然と伝統ある歴史の共存する地域で当社は、広域電源として電力の安定供給に重要な役割を担い活動しています。

私たちの魅力

事業内容
会社概要

当社は、電源の脱石油化と電気事業広域運営の一翼を担うとともに、福島県が相馬市、新地町と一体になって進めていた相馬地域の総合開発に貢献するため、昭和56年6月、東北・東京両電力会社の共同出資により設立されました。

以来、建設の諸準備を進め、新地発電所1号機を平成2年8月に、2号機を平成3年8月に着工し、1号機が平成6年7月、2号機が平成7年7月にそれぞれ100万kWという国内最大級の石炭火力として営業運転を開始いたしました。

当社が採用した単機容量100万kW石炭焚きボイラは、100万kWでは日本で初めてとなる変圧型が採用され、部分負荷域から定格負荷域にわたりプラントの高効率運転を実現しております。また、ボイラ、環境設備は、海外の幅広い性状の石炭(瀝青炭、亜瀝青炭)に対応が可能となっています。

さらに、環境にやさしい発電所をめざし万全の環境保全対策を講じております。

平成23年3月11日に発生した東日本大震災により、発電所は甚大な被害を受けましたが、関係者のご協力により早期復旧を果たし、震災前と変わらぬ運転を続けております。

当発電所で発生した電気は、東北・東京両電力会社をとおしてお客さまに届けられます。当社は、社会生活や産業に欠かせない電気を安定してより安く提供することで、お客さまの満足を得るとともに、地域社会の発展に貢献いたします。

私たちの仕事

火力発電による電気の卸供給
産業廃棄物処理業
付帯関連する事業

はたらく環境

組織の特徴
従業員姿勢

従業員は、一人ひとりが経営環境の変化を敏感に感じ取り、常に全社最適を考慮し、以下の姿勢で「ひと」の価値を高めることとします。

私たちは
・自分の心と能力を磨きます。
・自分で考え、自らの責任で行動します。
・自分の仕事に誇りと喜びをもちます。
・相手を思いやり、明るく協調性をもって行動します。
・社会への奉仕と良識ある行動を心がけます。

当社の究極の使命は、経営理念である「より安定した電気をより安く提供し続ける」ことです。この使命を果たすべく、これまで実践してきた「経営指針」「企業姿勢」「従業員姿勢」をベースとした取組みを確実に継続することとします。

企業概要

創業/設立 設立
1981年6月1日
本社所在地 福島県相馬市中村字塚ノ町65-16
代表者 「none」
資本金 1128億円
売上高 956億円(2018年3月期)
従業員数 169名 (2018年10月現在)
事業所 新地発電所
〒979-2611 福島県相馬郡新地町駒ケ嶺字今神1-1
TEL:0244-62-2201
気になる

1人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません