中原建設株式会社

中原建設株式会社の企業情報

中原建設株式会社

【建設】

私たちが創るのは「未来の日本の背骨」高い志で地域の社会資本を、地域の人々の安全な暮らしをしっかりと下支え。埼玉県の建設産業をリードする「強靭な地域ゼネコン」です。

私たちの魅力

事業内容
地域とともに「強靭な地域ゼネコン」を目指して。

昭和16年創業より、地元川口の発展に寄与し続けている私たちは、埼玉県の建設産業をリードする「強靭な地域ゼネコン」を目指し、日夜努力を重ねています。2011年に発生した東日本大震災以降、建設産業全体は大きく変化しました。その変化の一つが、私たち地域を中心にした建設会社のあり方。私たちは、東日本大震災の復興作業として宮城県東松島市を中心に技術者を派遣、近年では、ICTの技術を活用した土木技術を推進。現場見学会なども積極的に開催し、広く土木工事の魅力を伝えています。「私たちの創るものは、未来の日本の背骨になるのだ」という自覚と気概、高い志で地域の社会資本を、地域の人々の安全な暮らしをしっかりと下支えしています。

私たちの仕事

■建設事業
道路や橋など社会資本の整備を目的とする公共工事が約9割を占め、地元・川口市を中心に事業を展開。当社の建設事業は、国土交通省事務所表彰や埼玉県知事表彰などを受賞し、県内屈指の地域ゼネコンに成長しました。近年は災害に強い街づくりを進めており、公共工事には災害に負けない高い品質が求められています。安心・安全で快適な社会ができるよう、私たちは築き上げた長年の実績と技術力に慢心することなく、地元から信頼される企業へと挑戦を続けています。

■リサイクル事業
昭和58年に再生アスファルト合材や再生砕石が採用され、以降、建設工事等への再生材の導入が進んでいます。当社では、建設関連工事で発生する廃材の再資源化と製造販売を目的として、昭和37年よりアスファルト合材プラント事業を・昭和61年より再生骨材プラント事業を展開。資源の有効利用と環境保全に取り組むリサイクル事業者として、発注者・お客様から信頼される企業へと邁進しています。

はたらく環境

社風
成長を励ましてくれる先輩、向上心を忘れない同僚がいます。

当社には優秀なベテラン社員が数多くいます。しかし、誰もが最初から優秀であった訳ではありません。当社には、失敗も経験の糧として成長することを励ましてくれる先輩、向上心を忘れない同僚がいます。社員は自主的に勉強会を開催するなど自己研鑚に励み、会社も個々人のレベルアップを後押しする、そんな、謙虚に個人の人間性と技術を磨き続ける風土が根付いています。

企業概要

創業/設立 創業:昭和16年4月1日
創立:昭和37年6月1日
本社所在地 埼玉県川口市柳崎5丁目2番33号
代表者 代表取締役会長 中原 浅次
代表取締役社長 中原 誠
資本金 9,800万円
売上高 83億7,300万円(2018年7月期)
従業員数 110人 (2019年01月現在)
事業所 ・川口事業所:埼玉県川口市本蓮4-1-18
・柳崎事業所:埼玉県川口市柳崎1-15-8
・第二工場:埼玉県川口市江戸袋2-4-18
・大門事業所:埼玉県さいたま市緑区大門1985-1
・東京支店:東京都足立区東保木間1-24-1-701
・さいたま支店:埼玉県さいたま市緑区東浦和5-10-19
・戸田営業所:埼玉県戸田市喜沢2-38-20