公益財団法人JKA

公益財団法人JKAの企業情報

公益財団法人JKA

【その他団体】

競輪とオートレースは、それぞれ自転車競技法と小型自動車競走法の規定により、地方自治体が開催する公営競技です。その収益は、競技を開催する地方自治体の財政の健全化に役立てられるだけではなく、自転車・小型自動車その他の機械の改良及び輸出の振興、機械工業の合理化並びに体育事業その他の公益の増進を目的とする事業の振興に寄与する形で社会に還元されます。本財団は、自転車競技法第23条の規定に基づき、全国を通じて唯一の競輪振興法人としての指定を受け、平成19年より、同法に定める「競輪関係業務」を行うとともに、同法第38条の規定に基づき、競技実施法人の指定を受け、平成26年4月より、同法に定める「競技実施業務」も行っています。また、小型自動車競走法第27条の規定に基づき、全国を通じて唯一の小型自動車競走振興法人としての指定を受け、平成20年4月より、同法に定める「小型自動車競走関係業務」を行っています。

私たちの魅力

事業内容
JKAは競輪とオートレースの公益法人です。

<補助関係>
(1)自転車、小型自動車その他の機械に関する振興事業への補助
(2)体育・医療・文教その他公益の増進を目的とする事業への補助
<競輪関係>
(1)選手・審判員・自転車の登録、検車員の認定
(2)競輪の実施方法の制定
(3)選手の育成・訓練・出場あっせん
(4)競輪に関する広報宣伝、調査、企画等
(5)競輪に出場する選手及び競輪に使用する自転車の競走前の検査、
   競輪審判等の競輪競技運営業務
(6)車券発売等の業務、開催宣伝の業務等の競輪開催業務
(7)競輪情報システムの研究開発
(8)競輪情報システムの運用管理
<オートレース関係>
(1)選手・審判員・競走車の登録
(2)オートレースの実施方法の制定
(3)選手の育成・訓練・出場あっせん
(4)オートレースに関する広報宣伝、調査、企画等
<その他>
(1)自転車競技スポーツの競技者の養成及び愛好家層の拡大
(2)自転車競技スポーツの普及及び振興

私たちの仕事

主な業務内容は、競輪とオートレースの選手・審判員や、自転車・小型自動車の登録、競輪とオートレースの実施方法の制定、選手の出場あっせん、養成・訓練を行うほか、自転車・小型自動車等機械工業の振興、体育事業その他の公益の増進を目的とする事業に対する補助等を行っています。また、競輪情報システムの研究開発、運用管理等の業務を行うほか、競輪を実施している競輪施行者からの委託を受けて、競輪に出場する選手及び競輪に使用する自転車の競走前の検査、競輪審判その他の競輪競技に関する業務、車券発売等の業務、開催宣伝の業務、場内整理等の業務及び競輪事業附帯業務を行っています。

はたらく環境

職場の雰囲気
東京が一望できるオフィス

東京タワー、スカイツリー、富士山が一望できるオフィスです。
見ることのできる景色と同じように、閉塞感のない、風通しの良いオフィスになっています。

企業概要

創業/設立 設立2007年8月23日
本社所在地 〒108-8206 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス25階
代表者 会長 笹部俊雄
従業員数 665名 (2018年04月現在)
事業所 本部、東エリア(関東、南関東):東京都港区
伊豆事業所・日本競輪学校:静岡県伊豆市
中エリア(中部):愛知県名古屋市
中エリア(近畿):大阪府大阪市
西エリア(中四国):香川県高松市
西エリア(九州):福岡県筑紫野市
沿革 1948年11月 自転車振興会連合会設立 第1回小倉競輪開催(競輪発祥)
1950年9月 日本サイクリストセンター(NCC-後に日本競輪学校と改称)落成
1957年10月 日本自転車振興会発足
1968年7月 日本競輪学校が東京(調布)から伊豆修善寺に移転して開校
2007年10月 財団法人日本自転車振興会に名称を変更 競輪振興法人としての業務を開始
2008年4月 財団法人JKAに名称を変更 小型自動車競走振興法人としての業務を開始
2013年4月 公益財団法人JKAに名称を変更
2014年4月 公益財団法人日本自転車競技会及び公益財団法人車両情報センターと合併 競技実施法人としての業務を開始
2017年10月 本部・関東支部・南関東支部・オートレース部門が事務所移転(品川シーズンテラス)
気になる

27人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません