株式会社京都新聞社

株式会社京都新聞社の企業情報

株式会社京都新聞社

【新聞】

「地域密着」を掲げ、京都新聞は地域に根差した言論報道機関として140年近い系譜を受け継いできました。情報の信頼性を見極める確かな取材。さまざまな出来事を多角的に検証し、そして未来への遺産として歴史に残す。情報があふれる現代社会だからこそ新聞記者の役割が重要です。世界的な文化・学術・歴史・芸術都市であり、先端企業の集積地でもある京都で、地域に信頼される地元紙・京都新聞社で、記者としてあなたの才能と情熱を存分に発揮してみませんか。

  • 地域に密着した事業展開

  • シェアNo.1サービスあり

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
京都・滋賀で新聞記者しませんか

「京都・滋賀で新聞記者しませんか」

京都新聞社の記者採用でのキャッチフレーズです。
新聞記者の仕事の魅力はたくさんあります。公的機関の動きを検証し、問題点を明るみ出す。市井の人々の思いを伝える。地域や社会に貢献できる仕事です。
やりがいは数多いのですが、京都新聞社は、活躍の場、フィールドの豊かさをあげたいと思います。
千年の都・京都では、街のあちこちに重層的な歴史の断片を見ることができます。路地を歩けばさまざまな出会いがあります。
ユネスコ世界文化遺産の17か所をはじめ、社寺は約3000。国宝・重要文化財は約2400。大学の街でもあり、文理問わずあらゆる分野の研究者がいるため、どんな取材にも答えてもらえます。華道や茶道の家元、伝統芸能をはじめ作家や芸術家も京都在住者が数多くいます。
また、世界的な先端産業の集積地で、世界シェア1位のメーカーなど多くの企業が京都に本社を構えて最先端の研究開発を行っています。そういう先端科学に触れる取材の機会もあります。

歴史・文化から最先端の科学まで、取材対象は無限大。記者として、あなたの情熱と才能を存分に発揮できます。

「京都・滋賀で新聞記者しませんか」

私たちの仕事

社会の課題や市井の人々の姿を取材し、記事を紙面やウェブで広く発信するのが新聞記者の仕事です。事件や行政、政治、経済、まちの話題、教育、宗教、文化、暮らし、スポーツなどを多岐にわたるテーマを扱える記者の仕事を目指しませんか。

はたらく環境

職場の雰囲気
ほど良くアットホーム

新聞記者はひとり孤独に取材しているイメージを持っていませんか。
もちろん、記者は1人で取材に出ることが大半ですが、意外とチームで仕事をすることがあるのです。例えば、1年間を通しての企画を掲載する場合、部や支局を横断してメンバーが集まります。仲間と一緒に情報を集めたり、知恵を出し合ったりして、取材を進めて、グラフィックのデザイン担当者なども交えて議論を重ねながら、いい紙面を作り上げるケースも少なくありません。

編集記者(整理記者)の場合、もっと仲間と一緒に作業をすることが多いのです。日々の紙面制作で、レイアウトや見出しを考えていると、デスクや職場の仲間が集まってきてアイデアを出してくれることもあります。

仕事を離れれば、一緒に野球やサッカー、スキーをすることも。ひと汗かいた後は、仲間と一緒にちょっと一杯という人もいます。プライベートを大切にしつつ、地方紙ならではの記者同士の距離の近さ。

ほど良くアットホーム。そういう職場です。

企業概要

創業/設立 1879(明治12)年
本社所在地 京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239
代表者 代表取締役社長 山内康敬
資本金 1億円
従業員数 正社員325人 (2018年11月現在)
子会社・関連会社 京都新聞ホールディングス、京都新聞COM、京都新聞印刷、京都電子計算、京都新聞企画事業、京都新聞折込サービスセンター、京都新聞販売、京都トラストなど
事業所 滋賀本社(大津市)
支社/南部・東京・大阪
総支局/京都府内9カ所、滋賀県内6カ所
気になる

138人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません