山陽精工株式会社

山陽精工株式会社の企業情報

山陽精工株式会社

【医療用機器|金属製品|精密機器】

「自分の子どもを就職させたい会社」を目指しています

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • CSR活動に積極的

  • 多角的な事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • 実力と成果を重視

私たちの魅力

事業内容
お客様にとっての”コンシュルジュ”です

(1)光学部品、半導体製造装置部品、工作機械部品、航空機部品、医療機器部品、人工衛星部品等の金属加工、高精度な光学機器や産業機器の組立
(2)独自の「ASI脈波測定技術」を活用した血圧及び動脈硬化度測定装置、痛み測定装置の医療機器(自社製品)の製造販売、医療機器のOEM・ODM受託、法規制サービス
(3)特殊雰囲気下ではんだの状態を観察できる高温観察装置(自社製品)の製造販売

企業理念
自分の子どもを就職させたい会社を目指しています

私たちは強い「思い」を持っています。
その思いを実現するためには、会社に強みがなくてはならないと考えています。
その私たちの強みですが、次のとおりです。
・56年の歴史によるミクロン単位の高精度・難削材の金属部品の加工、高精度組立
・安全・安心な医療機器を製造、これに伴う安全・安心な人づくり
・ASI脈波測定技術及び痛みの測定技術
・海外の法規制に対応したモノづくり
・海外の厳しい査察をクリアした実績有り
・全国100社以上の企業間ネットワーク「製造支援隊」による部品調達力
・課題解決と提案力は得意
・設計から製造、法規制対応までお客様のわずらわししい業務に対応
・国際的なデザイン賞「レッドドット・デザイン賞」を受賞

私たちの仕事

(1)金属加工や組立の仕事では、お客様からお預かりしている図面に基づき、社内にある設備で加工しています。また、光学部品の組立や装置組立も行なっています。加工品は100分の1ミリ、1,000分の1ミリなどの厳しい精度にも対応しています。また、鏡筒とよばれる光学部品ユニットは、上記のような高精度で加工された金属加工部品の嵌め合わせを行なうだけでなく、レンズも接着するため、ほこりの付着にも気をつけています。

(2)医療機器には厳しい法規制があります。製造ができるような訓練を受けた社員が決められた手順により相違を組み立てし、1台ごとに誰がいつ製造したか、またはいつ検査したかなど、機器に関する履歴が追いかけられるように作業者が署名しています。厳しいルールの中で製造された商品は国内・海外の代理店を通して販売されています。

(3)上記の金属加工技術、装置の組立技術に加え、独自の温度制御技術を活用した高温観察装置「SMT Scoop」を製造しています。真空、水素、ギ酸などの特殊な雰囲気の中で、ハンダの状態変化の観察ができるようにしたいという実装メーカのお客様のご要望にお応えしています。また、基板の微細化・高集積化に伴い、次世代の装置を開発しました。

はたらく環境

職場の雰囲気
”チーム山陽精工”で仕事を進めています

毎年、市内の駅伝大会に「チーム山陽精工」で参加しており、社員・社員のご家族、みんなで熱い声援を送っています。そのためチームでの仕事を進めることを大切にしています。
また、社内の「働き方改革」のために、ペアの社員をつくり「バディ制度」によりお互いの仕事をサポートしています。
働く上での悩みを相談できる環境があります。

企業概要

創業/設立 1963年11月
本社所在地 〒409-0616
山梨県大月市猿橋町小沢1435
代表者 代表取締役社長 白川 太
資本金 2500万円
売上高 10億円(2018年09月期)
従業員数 91名 (2019年05月現在) (正社員、パート・含む)
主要取引先 光学機器メーカー、半導体製造装置メーカー、検査装置メーカー他
事業所 東京本社(八王子市)、本社工場、小沢工場、医療機器下和田工場(山梨県大月市)、オサチ工場(長野県岡谷市)
気になる

9人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません