栃木県警察本部

栃木県警察本部の企業情報

栃木県警察本部

【警察】

『正義を、その背に。』

人々を守りたい。

警察官になった時
その正義とそれを貫き通す信念を
自らその背に負う。

ともに守ろう。

ともに築こう。

人々が安心して暮らせる街を。

  • 実力と成果を重視

  • アットホームな社風

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
「安全で安心な“とちぎ”の実現」のために

県民のために 県民とともに歩む力強い警察
~安全で安心な“とちぎ”の実現~

地域の安全・安心を守るためには、県民の皆さんと警察が歩調を合わせ、より強い信頼関係で結ばれることが重要です。
そのためには、県警が、県民の皆様からの期待と信頼に応える力強い警察である必要がある。
そんな意味合いを込めています。

私たちの仕事

警務部・生活安全部・地域部・刑事部・交通部・警備部
6つの部門の警察官、専門技術で現場を支える警察行政、
日夜、持てる力の全てを賭けて
県民200万人の安全と安心を守っています。

はたらく環境

組織の特徴
栃木県警察の組織を部門別に紹介します。

【地域部】
現場の最前線を担う、地域警察官は、、
地域の皆さんの安心と安全を確保するため、
「強く、やさしく、頼もしい地域警察」をモットーに、
交番や駐在所などを拠点として日夜活動しています。

【生活安全部】
県民の安全で安心な暮らしを確保するために、
犯罪発生情報や防犯情報の提供、学校周辺や通学路の
安全対策、自主防犯活動への支援など、
地域社会と連携した犯罪の起きにくい社会づくりを行っています。

【刑事部】
殺人・強盗・放火・詐欺・誘拐等の犯人の逮捕、
暴力団・犯罪組織の検挙・壊滅、
けん銃・禁止薬物の取締りが主な活動内容です。
科学捜査研究所も刑事部に所属しており、多角的な捜査を
推進し、県民生活の安全と平穏の回復を図るため、日々活動しています。

【交通部】
交通部の警察官は、街のあらゆる場所において、
車が正しく運転され、交通の流れがスムーズになるよう、
白バイやパトカーなどを駆使して交通指導取締りを行っています。
交通事故の被害者になりやすい子供やお年寄り、体の不自由な方などのために、交通安全教室や講習会も開いています。

【警備部】
極左暴力集団や悪質な右翼団体による違法行為の取締り、
国際テロ対策など、公共の安全維持に向けた活動を行っています。
近年は、重大テロの発生を未然に防ぐため、テロ組織との関係が疑われる不法滞在者の取締りや、生物・化学テロ対策訓練などを強化しています。
国内外の要人に対する警護、災害警備活動、重要施設に対する警戒警備活動も警備部の仕事です。

【警務部】
警察運営の中枢として、警察組織全体を把握し、
時代や社会の流れに適応した組織運営を行っている部門です。
主な内容としては、警察運営の企画、予算管理、
警備装備品の購入・管理、留置管理、情報管理、警察施設の建設、職員に対する教育訓練、職員の福利厚生などを行い、職場環境の充実に務めています。
また、犯罪被害者支援や広報活動、警察相談業務等、幅広い活動も行っています。

【警察行政】
警察行政は、栃木県警察という大きな組織を機能させるために、
会計・警務・厚生・情報管理・交通・鑑識等の行政部門を担う重要なセクションです。
それぞれの専門技術を活かしながら現場を支援する活動や、企画立案の仕事を通して、県民が安心して暮らせる日常を守るという使命感を持って、警察官とともに様々な治安活動を行っています。

企業概要

創業/設立 設立 1954年7月1日
本社所在地 栃木県宇都宮市塙田1-1-20(栃木県警察本部)
代表者 警察本部長 坂口 拓也
職員数 約3800名 (2018年01月現在)
事業所 【栃木県警察本部】
 栃木県宇都宮市塙田1-1-20 

【栃木県内】
 ・宇都宮中央警察署・宇都宮東警察署・宇都宮南警察署
 ・小山警察署・足利警察署・那須塩原警察署 
 ・栃木警察署・佐野警察署・鹿沼警察署
 ・真岡警察署・下野警察署・大田原警察署 
 ・今市警察署・さくら警察署・矢板警察署 
 ・日光警察署・那須烏山警察署・茂木警察署 
 ・那珂川警察署  
 以上、19警察署
気になる

46人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません