株式会社横浜岡田屋の企業情報

株式会社横浜岡田屋

【不動産|その他専門店】

横浜、川崎、横須賀、相模大野で、ショッピングセンターMORE’S(モアーズ)を運営。永年にわたり、地域の顔として親しまれている企業です。2019年に完成予定の新港ふ頭客船ターミナル事業にも参画し新たな横浜の魅力を発信していきます。

  • 地域に密着した事業展開

  • 無借金経営

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
ショッピングセンター「モアーズ」の運営を行っています

駅前ターミナル型ショッピングセンター『横浜モアーズ』を基幹店に、『横須賀モアーズシティ』『川崎モアーズ』『相模大野モアーズ』などの商業施設やその他管理物件の運営をする企業です。神奈川県内の各地域の特性に合わせたコンセプトを持たせ、特色あるショッピングセンターづくりを行っています。

私たちの仕事

■PM・モアーズ関連
・開発部門: ショップリサーチ、テナント誘致、リニューアル企画
・営業部門: セールスプロモーション、テナントコミュニケーション、顧客管理 
・管理部門: 安全・快適な環境へのトータルマネジメント、設備・デザイン管理 
・経理部門: 売上金管理、テナント分析、データ管理
■外商業務 
・外商部門: ギフト、制服等の法人営業 
・通販部門: 防災用品等WEB通販サイト管理 
・ビルサービス部門: ビル清掃、設備点検など
■本部事務業務 
・財務、総務、法務、人事

《学生のみなさんへメッセージ》
◆任せてもらえることに「やりがい」
それぞれのモアーズは少人数チームでの運営となります。チームの一員である若手にも、大きな役割を任される場面や企画提案の機会が数多く訪れます。若手社員の多くが、仕事を任せてもらえることにやりがいを感じています。

はたらく環境

組織の特徴
おしゃべりを大切にしています

横浜岡田屋の社内テーマは『はじまりは、おしゃべりから』。私たちの場合、話すことが仕事の大部分を占めています。ご来店のお客様と直接話す機会は少なくても、テナントのスタッフのみなさんや取引先あるいは地域の関係者の方々など、数多くの人と日々接しています。ですから、話をすることが好きだという人は特に歓迎したいと思います。

企業概要

創業/設立 創業 1890(明治23)年11月23日
設立 1967(昭和42)年6月16日
本社所在地 横浜市西区南幸1-3-1
代表者 代表取締役 岡田 伸浩
資本金 1億円
売上高 321億5,300万円(2017年5月)
従業員数 89名 (2018年04月現在)
事業所 川崎モアーズ
横浜モアーズ
横須賀モアーズシティ 
相模大野モアーズ
商事部 =横浜市神奈川区
本部  =横浜市西区
気になる

107人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません