株式会社メタテクノの企業情報

株式会社メタテクノ

【ソフトウエア|情報処理】

株式会社メタテクノは、今年、創業満35年を迎えました。
創業以来培われている組込みシステム開発技術を基盤として、IoT、RPA、量子コンピューティング研究など、常に時代の最先端を行く技術を習得、多くのお客様から信頼を得ています。
また育児フレックス制度(育児のための時間短縮勤務制度)の導入など時代と社員のニーズに対応した職場環境を整えており、皆が気兼ねなく利用しています。
技術に携わる喜びが実感できる職場、ゆとりを持って安心して働ける職場環境により、理想のソフトウェア・メーカを目指しています。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

  • 女性の管理職実績

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
組込みシステム開発を基盤にした最新技術で活躍

プリンタ、複合機などのレガシー技術から、AI、クラウド、量子コンピューティングやRPAといった最新技術分野まで様々な場面で必要とされる技術ノウハウを持っています。
特に近年盛んであるIoT分野では、こういった技術の複合的な組み合わせが必要となるケースが多く見受けられます。弊社のように、このような組み合わせでソフトウェア開発ができる会社はそう多くはないため、一見地味ですが、社会貢献度は日に日に増しているといっても過言ではありません。

企業理念
Advance the Technology ~技術と共に技術を超えよう~

【技術に携わる喜びが実感できる職場】
新たな情報技術文化の形成を目標に、智恵と知識と実践とによるシステム化技術をもって社会に積極的に働きかけること。

【技術者がゆとりを持って働ける職場】
企業蓄積と絶えざる挑戦が、企業の安定と成長を約束するものと確信し、社員が安心して思いきり働ける職場を創ること。

【社会に貢献する企業活動】
技術者がその会社的使命を自覚して行った技術の蓄積が社会に貢献できること。 

上記3つの基本理念は設立30年たった今、着実に会社に根づいています。最先端の技術力、開発力を多くのお客様の活用を通じて、国際競争力をもったニッチ領域のトップ企業を目指し、社会の情報化に貢献します。

私たちの仕事

●組込ソフトウェア
●クラウドアプリケーション
●汎用アプリケーション
●デバイスドライバ
●通信システム
●文書・画像・音声処理システム
    等のソフトウェア開発

はたらく環境

社風
~離職率 過去5年間で平均3%台~

◇職場環境◇
 ・技術に携わる喜びが実感できる職場
 ・ゆとりを持って安心して働ける職場

福利厚生や職場環境、社員同士の交流やコミュニケーションなどのバランスが良くとれており、野球、テニス、スキー、走歩連(走るそれとも歩く会)などのクラブや社外イベントなどの活動も盛んに行われています。

職場の雰囲気
~働きやすく、風通しの良い職場環境~

・育児フレックスタイム制度
  ※お子さんが小学校3年生になるまで取得可能。
   育児と仕事を両立できる環境を整備。
・残業時間
  ※月平均14.8時間(2018年度実績)
・有給休暇の平均取得日数
  ※16.7日(2018年度実績)

また年に1回上司と面談する機会があり、自分の思っていることや人事異動の希望、会社に対しての要望など、面と向かって言える環境も整っています。

働く仲間
チームワーク

新入社員研修は、入社してから3ヶ月間行われます。
プログラミング経験者も未経験者も同じスタートラインから研修を行い、基礎から身につけていきます。
弊社の業務は、プロジェクトというチーム単位での仕事が中心なので、プログラミングのみならず、チームで仕事をすることのノウハウを身につけていきます。

企業概要

創業/設立 1984年3月
本社所在地 神奈川県川崎市中原区小杉町1丁目403番地
武蔵小杉タワープレイス10F
代表者 代表取締役社長 福重一彦
資本金 4000万円
売上高 22億900万円(2018年12月期)
従業員数 238人 (2019年01月現在)
株主 役員、社員、キヤノン株式会社、他
事業所 小杉技術センター  (神奈川県川崎市)
静岡技術センター  (静岡県三島駅前)
コロンボ技術センター(スリランカ・コロンボ)
取引先 キヤノングループ各社
パナソニックグループ各社
SCSKグループ各社
三菱電機グループ各社
根本杏林堂
小森コーポレーション 他 (順不同)
主取引銀行 みずほ銀行渋谷支店
三菱UFJ銀行神田駅前支店
りそな銀行川崎支店
静岡銀行溝ノ口支店
三井住友銀行武蔵小杉支店
Sampath銀行 Navam Mawatha支店 他
関連会社 ・株式会社協同アナリシスデザイン
・Metatechno Lanka Company (PVT) Ltd.,/スリランカコロンボ
・Lanka Nippon BizTec Institute Company (PVT) Ltd., /スリランカコロンボ
沿革 1984(S59)年 3月  東京都渋谷区を本社所在地として会社設立、
            資本金2,000万円  
1984(S59)年10月  キヤノン株式会社資本参加 
1989(H元)年 8月  資本金4,000万円に増資  
1994(H6) 年 8月  東京都千代田区に本社事業所を移転  
1998(H10)年 5月  神奈川県川崎市に小杉技術センターを開設  
2000(H12)年 4月  静岡県駿東郡に静岡技術センターを開設  
2001(H13)年 1月  スリランカ・コロンボに
             Metatechno Lanka Company(private) Limited を設立  
2008(H20)年 3月  神奈川県川崎市に小杉技術センタータワーを開設
2010(H22) 年 9月  神奈川県川崎市に本社事業所を移転
2015(H27) 年12月 スリランカ・コロンボに Lanka Nippon BizTec Institute Company を設立
2016(H28) 年 1月 スリランカ・コロンボにコロンボ技術センターを開設
2017(H29) 年 6月 株式会社協同アナリシスデザインを完全子会社化
2018(H30)年 6月 ISTQBのパートナープログラム「Gold Partner」に認定
2018(H30)年 11月 SECURITY ACTION(二つ星)を宣言
気になる

165人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません