株式会社ポンパドウル

株式会社ポンパドウルの企業情報

株式会社ポンパドウル

【専門店(フード)】

「最高のパンを最高のサービスで」をコンセプトに、当時のパン業界で主流だった大量生産型のベーカリーから多品種少量生産のオーブンフレッシュベーカリーへの転身を決意し、ポンパドウルは誕生しました。1969年に横浜・元町で創業したポンパドウルは全国各地に約80以上の工房を備えた店舗を構えています。日常の小さな幸せという食文化の担い手という自負を胸に、ポンパドウルはこれからも最高のパンをお客様にお届けしていきます。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 実力と成果を重視

  • 自己資本比率40%以上

  • 30歳代の役員実績

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
「最高のパンを最高のサービスで」

パンの製造および販売

事業・商品の特徴
ひとつひとつのパンにパン職人の愛情を込めて手作りしています。

最もおいしいパンは、仕込み・一次発酵・分割・ベンチタイム・成形・二次発酵・焼成という複雑な製パン工程を休みなく一貫して行う「ストレート法」によって作られます。 ポンパドウルでは、売り場に並ぶほぼすべてのパンをストレート法で作ると同時に、すべての工程を売り場に併設した工房で行う「オールスクラッチ方式」を採用しています。一般的なベーカリーは集中工場で生産した冷凍生地を使用する経営効率の良い「ベイクオフ方式」を採用しています。しかしポンパドウルは、あえて非効率なオールスクラッチ方式を創業以来守り続けています。ひとつひとつのパンにパン職人の愛情を込めて手作りしてこそ、より多くのお客様にご満足いただけるおいしいパンを提供できると考えています。

私たちの仕事

ポンパドウルは「フレッシュ」という経営理念を元に、一店舗一工房制というポリシーを持っています。その店舗で販売されるパンを毎日粉から仕込み、焼き上げる。小麦粉の風味を最大限活かした焼きたてのパンをすぐに店頭に並べることができます。一店舗一工房での店舗展開は困難なことではありますが、製造と販売が一体となって、お客さまの反応を見ながらパン作りができる大きなメリットがあります。今日人気のあるパンはどれか。品切れになりそうなパンはどのパンか。販売スタッフが状況を判断し、工房にオーダーを出します。工房の職人はそのオーダーに沿って工程を組み立てます。この連携プレーが胸を張って「おいしいパン」と言えるパン作りを実現しているのです。

はたらく環境

組織の特徴
活き活きと働くことが出来る教育・研修制度

ポンパドウルの教育・研修制度で最も特徴的なのが、ベッカーマイスター・チャレンジ制度(製造技術資格取得制度)。パンづくりは本当に奥の深いもの。製造スタッフは、ベッカーマイスター初級・中級・上級へと進むために、10年以上の年月をかけて幾度となくチャレンジし続けます。また販売スタッフはブーランジェリー・コンシェルジュ(販売技術資格取得制度)を受験し、 接客の基本からホスピタリティの精神を学ぶ機会を設けています。こうした技術研修を通じて、製造スタッフは工房の責任者である製造チーフへ、 販売スタッフは店舗の責任者である販売マネージャーへのキャリアアップが明確に用意されていることも従業員が活き活きと働くことが出来る理由なのです。

企業概要

創業/設立 設立/1969年11月29日
本社所在地 〒231-8666 神奈川県横浜市中区元町4-158-1
代表者 代表取締役社長 三藤達男
資本金 1億1千万円
売上高 135億1,800万円
(商品売上・2018年9月実績)
従業員数 630名(パート・アルバイト含む計1,900名) (2018年11月現在)
子会社・関連会社 <ポンパドウルグループ>
株式会社ポンパドウル 
株式会社横浜ポンパドウル 
株式会社東京ポンパドウル 
株式会社ポンパドウル アソシエ
事業所 神奈川、東京ほか 全国80店舗以上
気になる

16人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません