NHK(日本放送協会)

NHK(日本放送協会) 記者コース(3days) | インターンシップ

NHK(日本放送協会)

【放送】

インターンシップ

NHK、意外といいかも。そんなインターンシップ。「公共放送の仕事」、みなさんはどんなイメージを思い浮かべますか?カタい?難しそう? そんなイメージで参加された方から「やるじゃんNHK」と驚きの声をいただく、公共放送の魅力を詰め込んだカリキュラムを用意しています。特別なスキルがなくても、ニュースに詳しくなくても大歓迎。みなさんの想像を超える、公共放送の現場をのぞいてみませんか?

2,679人が “気になる” しています

応募締切:12月23日

インターン&仕事研究 特徴・概要

募集コース名

記者コース(3days)

こんな能力が身につきます

  • 目的に向かってチャレンジする実行力

プログラム

実施内容 【記者】時代の最前線で歴史を記録する 記者を体験するコース
公共放送から公共メディアへと進化するNHK。
記者の仕事は今大きく変化し、放送はもちろんWEB特集などネットにも広がっています。
ネット時代ならではの新たな取材手法や表現方法など、記者の仕事のこれからもお伝えします。

(3days)
1回目2020年2月11日(火・祝)~13日(木)
2回目2020年2月17日(月)~19日(水)

詳細は、NHKインターンシップホームページをご覧ください。過去の実施報告も掲載しています。
▼NHKインターンシップホームページ
http://www.nhk.or.jp/saiyo/intern/
実施時期・期間 (3days)
1回目2020年2月11日(火・祝)~13日(木)
2回目2020年2月17日(月)~19日(水)
職種分類 クリエイティブ系
待遇・報酬 報酬は支給しません。交通費などの必要経費は自己負担となります。
実施場所 東京都
実施場所(詳細) 東京(NHK放送センターほか)
応募資格・条件 次のいずれにも該当する方。
・2019年4月1日現在で大学等に在学中の方
 ※大学等とは、大学院・4年制大学・短期大学(修業年限2年以上)・高等専門学校(専攻科含む)および専修学校専門課程(修業年限2年以上)をいいます。
・(3~5daysインターンシップの場合)期間中の全日程に参加できる方。

(注意点)
・3~5daysインターンシップは、全日程(A日程、B日程、C日程)を通して職種問わず1回しか参加できません。
応募方法 応募方法やスケジュールなどの詳細は、NHKインターンシップホームページをご覧ください。

 ▼NHKインターンシップホームページ
 http://www.nhk.or.jp/saiyo/intern/

※応募期間※
2019年10月28日(月)~2019年12月23日(月)午後2時(WEB申し込み)
 
なお、応募多数の場合は、参加申込書による書類選考と面接を実施します。
応募受付期間 2019年10月28日(月)~2019年12月23日(月)午後2時(WEB申し込み)
募集人数 20~60人程度
お問い合わせ先 NHKインターンシップ事務局
〒150-8001東京都渋谷区神南2-2-1
03-5455-7900
(午前10時~午後6時<土日・祝日、12/29~1/3を除く>)
その他 参加者に対しては、NHKが傷害保険、賠償責任保険等に加入し、実習中に負った傷害のほか、第三者に与えた損害等に対しても備えます。
※費用はNHK負担
気になる

2,679人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません