NHK(日本放送協会)

NHK(日本放送協会)の企業情報

NHK(日本放送協会)

【放送】

リアルは一色なんかじゃない

どこか遠くで起こっていることにも
今、目の前で起きていることにも
リアルはある
ありふれた日常では色あせて見えるのに
恋をしたら急に輝き出したり
手が届きそうなのに、ひらりと逃げていったり
角度によってもいろいろな見え方をする
リアルは決して一色なんかじゃない
ありのままを切り取るだけなら
ロボットにだって、AIにだってできる
何を伝えたいのか、誰に伝えたいのか
どうやって伝えるのかは、あなた次第
さぁ、一緒に
カラフルでリアルな世界を伝えよう

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 地域に密着した事業展開

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
NHKの使命

NHKは、全国にあまねく放送を普及させ、豊かで良い番組による放送を行うことなどを目的として、放送法の規定により設立された法人です。現在のNHKは、1925(大正14)年3月22日にわが国で初めて放送を行った社団法人東京放送局などを母体として設立された社団法人日本放送協会が、1950(昭和25)年に放送法に基づく公共放送として再出発したものです。NHKの使命は、公共の福祉のために全国にあまねく放送を普及させ、豊かで良い番組による放送サービスを行うことにあります。

・国内放送
(総合テレビ、Eテレ、BS1・プレミアム、BS4K・8K、ラジオ第1・第2、FM)
・放送と受信の進歩発達に必要な調査研究
・国際放送
・その他、放送法に定められた業務

私たちの仕事

NHKには、ディレクター・アナウンサー・記者など、すぐに思いつく仕事以外にも、カメラ・音声・照明など番組制作にかかわる技術の仕事、財務・広報・イベントなど幅広い業務分野の仕事、NHKの財政基盤である受信料に関する業務を担当する営業の仕事、そして放送技術の研究や開発など、非常に多くの仕事があります。

はたらく環境

組織の特徴
NHKは、みなさんからの受信料で成り立つ唯一の公共放送です。

NHKは、みなさんからの受信料で成り立つ唯一の公共放送です。放送の自主・自律を貫き、放送を通じて社会の健全な発展と視聴者のみなさんの生活や文化の向上に寄与することが役割です。放送と通信の融合が進み、私たちが情報を得る手段が飛躍的に広がる中で、信頼できる確かな情報・コンテンツを見られる『公共の広場』の役割を目指しています。

企業概要

創業/設立 昭和25(1950)年6月1日 ※放送法に基づく日本放送協会の設立日
本社所在地 東京都渋谷区神南2-2-1
代表者 会長 上田 良一
資本金 該当なし
事業収入 7202億円(2018年3月決算額)
職員数 10318人 (2018年04月現在)
子会社・関連会社 (株)NHKエンタープライズ、(株)NHKエデュケーショナル 他
事業所 本 部:東京・渋谷
放送局:全国の道府県庁所在地等に計54局
海外総支局等:全世界に計30の取材拠点
株主構成 NHKは、放送法の規定により設立された特殊法人であり、視聴者の皆様からいただく受信料で支えられています。
気になる

1,972人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません