テレビ大阪株式会社

テレビ大阪株式会社の企業情報

テレビ大阪株式会社

【放送】

テレビ大阪は2017年に35周年を迎えたばかりの、関西でいちばん若い局です。守りに入らず、常に攻めの姿勢、チャレンジする精神で社員全員が頑張っています。いわゆる少数精鋭、若手にも大きな裁量と責任が課されます。テレビ業界の未来は厳しいと言われる中、これからの会社を発展させていくためには、社員ひとりひとりが柔軟な発想力、企画力を持つこと、そしてそれを実行する行動力、積極性を持つことが求められます。社員には原則、ジョブローテーションでいくつかの部署を経験し、仕事の幅を広げて行ってもらう方針です。

私たちの魅力

事業内容
テレビ東京系列の準キー局として京阪神地区のテレビ放送をしています。

放送法による放送事業、放送番組・映像の制作・販売、イベント事業、コンテンツ、ライツビジネス等 

<自社制作番組>
■レギュラー
「二代目和風総本家」「やさしいニュース」
「ザ・フィッシング」
「おとな旅あるき旅」「やすとものどこいこ!?」
「かがくdeムチャミタス!」等
「大阪人の新常識 大阪LOVER」(月1回レギュラー)
■特別番組
「天神祭生中継」
「池上彰の世界を知れば大阪が変わるニュースショー」シリーズ   
報道ドキュメンタリー  等 
■ドラマ
「グッド・バイ」
「面白南極料理人」
■スポーツ
野球、ゴルフ、テニス、ボクシング中継、スポーツドキュメンタリー 等
■イベント
「大阪モーターショー」「サイクルモードインターナショナル」
「アウトドアフェスティバル」「アート&てづくりバザール」
「ペット博」「マタニティカーニバル」
「YATAIフェス!」 等 
■その他
「キッザニア甲子園」への参画 等

私たちの仕事

各部署ごとの仕事をご紹介します。どのような仕事をしているのかイメージしていただき、自分ならどうするか?といったことを考えるヒントにしてください!

■営業部
テレビ局はCMの放送枠(時間)に値付けをして、広告主へ販売しています。広告主はWEBや他局など、様々な媒体を活用して広告・宣伝を行います。そこで、多数の媒体社の中から「テレビ大阪」を選んでいただくために、CMプランや番組企画をご提案します。
■営業推進部
テレビ局の主な収入源は、スポンサーのCM出稿です。営業推進部はどのようにスポンサーを獲得するか、といった戦略を考える仕事です。
■コンテンツビジネス部
ドラマ、バラエティなどのコンテンツの制作、また番組の配信やDVD化、グッズ製作などの2次展開、映画、アニメなどへの出資などを行う部署です。クリエイティブな感性に加え、営業的な感覚も求められます。
■事業局・事業部
「天神祭うちわ企画」「YATAIフェス!」「大阪モーターショー」「鉄道博」等々、テレビ大阪に関係するイベントの「企画」、「営業」、「イベント告知」、「運営」、「経理」や「細かいお金の動き」から「イベント開催当日のお客様の質問対応」まで様々な角度からイベントを構築します。 
■編成局・編成部
編成部はタイムテーブルの中身を決めている部署。その中でどの時間にどの番組を放送するかを編成するトラフィック担当と、自社制作番組の骨組みを決めたり視聴率分析をしたりする番組担当に分かれています。
■編成局・宣伝部
TVOのキャラクター「たこるくん」を活用した、放送局のプロモーションやTVOで放送する各番組の認知度・視聴率向上に向けた宣伝展開
■制作局・東京制作部
その名の通り、“東京”でテレビ番組を“制作”している部署です。 テレビ大阪の社員だけではなく、制作会社所属やフリーランスの方など多くのスタッフと一緒に働いています。 
■報道スポーツ局・報道部
報道部は日々放送されるニュースを作っています。 現場で取材した言葉と撮影した映像や音、それをどのように伝えるか。「いち早く」「わかりやすく」伝えるのを念頭にしています。 また、ニュースだけでなく、特集・特番など幅広く番組を作っています。
■報道スポーツ局・スポーツ部
毎日のスポーツニュースの取材・制作、スポーツ中継(おもにプロ野球の阪神戦、 モータースポーツやゴルフ、テニスも)、スポーツドキュメンタリーの制作 
■技術局・制作技術部
平和な日には中継資料の作成、放送機材の導入、機械の修理対応など仕事の幅はとにかく広いです。緊急事件、または野球などの中継がある日に、「TD」に変身します。「TD」とは Technical Directorの略称です。技術責任者として、現場から本社までの映像音声の伝送回線を確保させ、カメラプランや必要な機材構成について計画・提案し、本番時は現場でのオペレートなどまとめ役です。

はたらく環境

社風
ユニークな社員が集まる人財集団

経営について若い社員の意見も取り入れていけるのは、テレビ大阪が1982年に開局した比較的若い放送局であるからでしょう。組織も柔軟だし、出身地や出身校も様々です。大学でロシア文学や哲学を専攻していた社員もいれば、コンピューターやバイオを研究してきた者もいます。女性の管理職も徐々に増えてきています。さまざまな知見を持った「人財集団」がテレビ大阪の強みです。さらに“Think Globally,Act locally”(地球規模で考えて、地域で行動せよ)と、よくい言われますが、テレビ大阪ではそれと同時に”Think locally,Act globally”の精神も大切にしています。関西のローカル局ではありますが、社員は世界中を飛び回っています。若い社員たちがこれを主導することも珍しくないのも魅力の一つと思っています。

企業概要

創業/設立 設立1981年(昭和56年)1月23日
本社所在地 〒540-8519 大阪市中央区大手前1-2-18
代表者 代表取締役社長 田中信行
資本金 10億円
売上高 13,999百万円 (2018年3月期)
従業員数 157名(男126名 女31名) (2018年04月現在)
子会社・関連会社 (株)テレビ大阪サービス、(株)テレビ大阪システム、(株)テーク・ワン、(株)テレビ大阪エクスプロ
事業所 東京支社
名古屋支社
九州支社
沿革 1981年1月 テレビ大阪(株)設立
1982年3月 開局、本放送開始(同時に音声多重放送実施)
1987年4月 文字放送開始
1997年6月 データ放送(ITビジョン)開始
2003年12月 地上デジタル放送開始
2005年4月 地上デジタルデータ放送開始
2006年4月 ワンセグサービス放送開始
2011年7月 地上デジタルテレビ放送へ完全移行
気になる

156人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません