セントラルスポーツ株式会社

セントラルスポーツ株式会社の企業情報

東証

セントラルスポーツ株式会社

【フィットネス|教育|一般(その他)サービス】

オリンピック選手を輩出した確かな指導ノウハウを持ったスポーツ健康産業のパイオニアとして、セントラルスポーツは「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」を企業理念に、皆様の“心と体の健康づくり”をサポートします。

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • アットホームな社風

  • 20歳代の管理職実績

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」

現代表取締役会長の後藤忠治を始めとする東京オリンピック出場者が集まり、水泳と体操選手の育成を目的としてセントラルスポーツは誕生しました。
1970年の設立以来、『世界に通用する選手を育てる』という理念を追い求め、これまでに延べ26名の選手達をオリンピック・パラリンピックの大舞台へ羽ばたかせ数々の実績を残し、貢献してきました。

また、スポーツ健康産業のパイオニアとして「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」を企業理念に、スポーツの啓発や様々な形での健康づくりのお手伝いをしてきました。

子どもの「スイムクラブ」に始まり、カラダの健康をつくる「フィットネスクラブ」から、リラクゼーションや癒しといったココロとカラダの健康をつくる「ウェルネスクラブ」へと事業を拡充し、セントラルスポーツは、これからも時代が求めるサービスを追求しながら、より豊かで快適な毎日を送るための“心身の健康づくり”に貢献します。

私たちの仕事

・ウェルネスクラブ・フィットネスクラブ・スイミングクラブの企画・運営及び運営受託・指導受託
・スポーツインストラクターの育成・派遣
・スポーツ施設の経営コンサルタント
・マリーンレジャー事業
・コーポレイトフィットネス事業
・トラベル事業(観光庁長官登録旅行業第1184号)
・チャイルドケア事業
・エステティック事業
・介護予防事業
・野外活動(サマースクール・スキースクール等)の運営・指導
・物販事業、その他

はたらく環境

組織の特徴
皆様の“心と体の健康づくり”をサポートします

セントラルスポーツは設立以来子どもたちのスポーツ教室を通じ、健全な発育に貢献してきました。
運動能力の向上はもちろん、礼儀作法やマナーなど社会性の習得、集団行動での自主性・積極性を醸成し、豊かな人間性の形成とココロとカラダの健康を総合的に応援します。

企業概要

創業/設立 設立 1970年5月13日
本社所在地 東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー
代表者 代表取締役社長 後藤 聖治
資本金 22億6,117万円(2018年3月末現在)
売上高 535億円(2018年3月期)
従業員数 1,090名 (2018年03月現在)
子会社・関連会社 関係会社:株式会社明治スポーツプラザ
     ケージーセントラルスポーツ株式会社
     パレスセントラルスポーツ株式会社
     CENTRAL SPORTS U.S.A.,INC.
       MERIDIAN CENTRAL,INC.
       WELLBRIDGE CENTRAL,INC.
事業所 芦屋事務所:兵庫県芦屋市
仙台事務所:宮城県仙台市
平均年齢 39.4歳(2018年3月末)
店舗数 全国215店舗
(直営154店舗 業務受託61店舗 2018年3月末現在)
決算期 3月
上場市場名 東証1部
気になる

47人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません