株式会社東北博報堂

株式会社東北博報堂の企業情報

株式会社東北博報堂

【広告】

博報堂グループならではのネットワークとリソースを駆使し、東北全域にネットワークを有する広告会社です。オール東北の機動力を発揮し、東北の企業と地域の発展に一層貢献していきます。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • 地域に密着した事業展開

私たちの魅力

事業内容
東北全域にネットワークを有する広告会社

東北復興に向け歩み始めた2012年、東北地区博報堂グループ県域5社を統合し、
東北博報堂として新たな事業会社をスタートさせました。
東北全域にネットワークを有する広告会社として、それぞれの地域や文化を理解し、共に暮らし、また地域間で連携しながらこれまでのサービスの枠を超え、事業を進めています。

我々の変わらぬフィロソフィーは、「生活者発想」と「パートナー主義」です。
地域を知り、そこに住む生活者を知っている。
東北の生活者と自治体、企業、メディアの皆様をつなぎ、さらには社会の架け橋となるべく、さまざまな知恵と経験に加え、博報堂グループの持つネットワークとナレッジ、専門性を活用し、責任あるパートナーとしてソリューションを提供して参ります。

東北の復興への道のりは、まだまだ長い行程です。
「未来を発明する会社へ ~Inventing the future with sei-katsu-sha」という博報堂グループのビジョンを胸に、生活者とともに東北の未来を作り発信していく。
そして、これまでの広告会社を超えた広告会社として、東北の発展・復興に一層貢献して参ります。

(株)東北博報堂
代表取締役社長 香中 峰秋

企業理念
「生活者発想」 と「 パートナー主義」

【生活者発想】
私たちの発想の原点、それは生活者発想。生活者を誰よりも深く知っているからこそ、クライアントと
生活者、さらには社会との架け橋を作れるのだと考えます。 

【パートナー主義】
私たちのビジネスの原点、それはパートナー主義。私たちは、責任あるパートナーとして
 クライアントの期待に応え、期待を超えるソリューションを提供していきます。 

私たち東北博報堂は「生活者発想」と「パートナー主義」の理念のもと、生活者、クライアント、地域社会の発展に貢献すべく、
 日々の業務および課題解決に取り組んでおります。

私たちの仕事

■ブランディング/コンサルティング
ブランド管理、ブランド開発、ブランドコンサルティング

■クリエイティブ
キャンペーン企画、テレビ広告、新聞広告、雑誌広告、ラジオ広告、グラフィック、タレントキャスティング、インターネット広告

■ストラテジックプラニング
ターゲット戦略、ポジショニング戦略、コンセプト開発、市場導入戦略、キャンペーン企画、商品開発、事業開発、
事業戦略・企業戦略コンサルティング

■カスタマーマーケティング
戦略プラニング、コンサルティング、データ開発・管理・分析、マーケティングプログラム開発、クリエイティブ、
ダイレクトマーケティング、データベースマーケティング、プロモーション戦略、チャネルプロモーション、インナープロモーション、
SPツール制作、SP媒体、サンプリング、サイン計画・製作、パッケージ制作、店舗設計

■デジタル/インタラクティブマーケティング
ダイレクトレスポンス広告、CRM、データベースコミュニケーション

■コーポレートコミュニケーション
企業・商品広報戦略、ソーシャルコミュニケーション

■イベント&エンタープライズ
各種展示会のパビリオン(ブース)設計・運営、博覧会/コンベンション/国際イベントの広報・運営、
イベント・周年行事・式典/公共・民間のPR施設、店鋪、商業施設等の設計・運営メンテナンス、ヴィジュアルアイデンティティ/
ブランドアイデンティティ計画・製作、看板・サインの設計

■メディア&コンテンツプラニング
コミュニケーション戦略立案、データ作成、コミュニケーション価値検証、プロモーションプラン作成、出稿プラン作成

■メディア&コンテンツプロデュース
メディアビジネス企画・開発、コンテンツ企画・開発、イベント企画・運営、コンサルティング、諸権利の販売、
ライツマネジメント、キャスティング、データベース企画・開発・運営、コンテンツ制作・デザイン、
コンテンツへの出資・製作、広報・プロモーション企画、プロダクトプレスメント、各種タイアップ

■メディア&コンテンツバイイング
新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、アウトドア、衛星メディア、インターネット、モバイル、イベント

■リサーチ
市場調査、消費者調査、流通調査、商品テスト、テストマーケティング、需要予測、広告調査、広告効果測定

はたらく環境

組織の特徴
新しいことにチャレンジできる環境で“東北の未来を発明する会社”を目指す

少子高齢化、過疎、震災復興…東北に山積する地域課題の数々。東北の未来は、決して楽観視できるものではありません。
しかし、そんな逆境にあるからこそ、困難の中にチャンスを見出す“やわらかい視点”と広告という常識にとらわれない“ひろい視野”で
日本や世界が、あっと驚く東北の未来を発明することが、私たち東北博報堂のミッションです。

企業概要

創業/設立 2003年4月1日
本社所在地 〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1番25号 東二番丁スクエア12F
代表者 香中 峰秋
資本金 3億5,000万円
従業員数 95名 (2019年04月現在)
事業所 本社・仙台営業局、青森支社、八戸オフィス、盛岡支社 、秋田支社、山形オフィス、
 福島支社(福島オフィス・郡山オフィス)、宇都宮オフィス
沿革 1959年 7月/(株)博報堂が仙台に連絡事務所を開設 

1970年 12月/仙台営業所を仙台支社に昇格 

1974年 3月/(株)盛岡博報堂を設立 

1975年 3月/(株)青森博報堂を設立 

1975年 5月/(株)福島博報堂を設立 

1997年 1月/(株)盛岡博報堂が秋田営業所を開設 

2003年 4月/仙台支社を分社化し、(株)仙台博報堂を設立 

2007年 5月/(株)福島博報堂が宇都宮オフィスを開設 

2008年 4月/秋田営業所を分社化して(株)秋田博報堂を設立 

2010年 3月/(株)仙台博報堂が山形オフィスを開設 

2012年 7月/(株)青森博報堂、(株)盛岡博報堂、(株)秋田博報堂、(株)仙台博報堂、
             (株)福島博報堂の5社を統合し、(株)東北博報堂として営業開始  

2018年 2月/八戸オフィスを開設 

2018年 4月/いわきオフィスを開設
気になる

14人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません