因幡電機産業株式会社

因幡電機産業株式会社の企業情報

東証

因幡電機産業株式会社

【商社(電子・電機・情報機器)|設備|電気・電子】

街づくりを支えるINABAは、電設資材業界のリーディングカンパニー。
メーカー機能を併せ持つ「技術商社」として、業界1位の売上を誇ります。

商社として建物の電気設備を供給するほか、メーカーとして空調部材や住宅設備などを開発・販売することで、快適な暮らしやビジネス環境を生み出しています。

  • 過去10年赤字決算なし

  • シェアNo.1サービスあり

  • 無借金経営

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
商社とメーカー、それぞれの仕事内容について

■ 電設資材事業(商社部門)【売上構成比 68.0%】
照明・空調・音響・発電システムなど、電気に関わる設備全般を販売しています。住宅・オフィスビル・学校・商業施設など様々な施設の設備供給を担い、街づくりのサポートをしています。

■ 産業機器事業(商社部門)【売上構成比 11.5%】
主にメーカーに対して、電子部品(半導体、集積回路など)や、生産管理システム(センサー、表示器など)、自動化設備(産業用・協働ロボット)などを販売しています。安全で効率的なものづくり現場を支えています。

■ 自社製品事業(メーカー部門)【売上構成比 20.5%】
空調部材や防災製品、住宅設備などオリジナル製品を自社で開発・製造し、販売しています。近年はエコライフを支援するエネルギー監視システムなど、環境・省エネ製品の開発に力を入れています。

事業・商品の特徴
街づくりを支える技術商社

当社は電設資材業界NO.1の専門商社です。身のまわりにある照明や空調設備、街の電線や受配電設備、工場の生産ラインやロボット、ビルのエレベーターや発電システムなど、電気に関わる機器全般を供給することで街づくり・建物づくりを支えています。幅広いラインナップを強みとし、取扱アイテムは数十万点に上ります。

しかし、我々の強みはそれだけではありません。最大の特徴は、空調・防災部材・住宅設備メーカーとしての顔を併せ持っていること。商社ビジネスでキャッチした現場のニーズを開発に活かすことで、他社と差別化された商品提案力を実現しています。

ビジョン/ミッション
全社の合言葉は「環境ビジネスの推進」

INABAの経営基本理念は『省エネルギー、省資源など地球環境に配慮し、豊かで快適な社会づくりに貢献する』こと。

近年、成長が見込まれる環境ビジネスに注目が集まっていますが、早くから環境商材の販売を手がけてきたINABAが得意とするところです。

商社としてLED照明や太陽光発電システムなどの省エネ設備を供給するほか、メーカーとしてエコライフを支援するシステムを開発したり、品質を落とさずに原料をエコ素材に置き換えるなど、環境問題を商機と捉えてビジネスを拡大させています。

私たちの仕事

電設資材業界のリーディングカンパニーである当社は、メーカー機能を併せ持つ「技術商社」です。
現場でいただくお客様の声を、独自製品の開発や国内外の協力メーカーとのタイアップに繋げることで、他社と差別化された商品提案力を実現しています。

INABAの役目は建物に欠かせない電気設備をあらゆる建物に提供し、街づくりをサポートすること。個々の物件はもちろん、都市開発などの大規模プロジェクトも支えています。皆さんが普段利用している施設にも、INABAが関わっているかもしれません!

【納入実績例】
■ 首都圏
新国立競技場、選手村、東京スカイツリータウン、東京ビッグサイト、東京ミッドタウン、六本木ヒルズ、銀座歌舞伎座、レインボーブリッジ、衆議院議員会館 等

■ 近畿圏
グランフロント大阪、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、あべのハルカス、エキスポシティ、京セラドーム大阪、インテックス大阪、なんばパークス、阪神高速道路 等

はたらく環境

働く仲間
組織という枠にとらわれず、伸びやかに働ける環境

INABAのロゴが欠けているのは、「みんなで力をあわせてこの欠けた部分を埋めていこう」という理念の表れ。複数の事業部に分かれて事業活動を行うINABAですが、枠組みにとらわれず、お客様にご満足いただける提案のために積極的に連係プレーを展開します。

また、年齢を問わず、現場と直接やりとりする各担当者に大きな裁量権を与えるのがINABAの特徴。自分なりの発想や知識をもとに行動することができます。自身の判断で仕事を動かし、スタイルを確立していく。責任は大きいですが、非常にやりがいを感じられる職場です。

企業概要

創業/設立 ■創 業:1938年4月
■設 立:1949年5月
本社所在地1 大阪市西区立売堀4-11-14
本社所在地2 東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川
代表者 代表取締役社長 喜多 肇一(キタ セイイチ)
資本金 139億6200万円(2019年3月31日現在)
売上高 ■ 売上高(連結)
2015年3月期 2394億1100万円
2016年3月期 2500億6400万円
2017年3月期 2414億1700万円
2018年3月期 2581億0700万円
2019年3月期 2785億2500万円

■ 経常利益(連結)
2015年3月期 138億0000万円
2016年3月期 129億5700万円
2017年3月期 125億1600万円
2018年3月期 135億5900万円
2019年3月期 144億7700万円
従業員数 2538名(連結) (2019年03月現在)
主要取引先 ■仕入先
東芝グループ、オムロン、フジクラ、神戸製鋼グループ、アイホン、京セラ、ヤンマー、古河電気工業、ダイキングループ、シャープ、積水化学工業、ローム 等

■販売先
きんでん、住友電設、関電工、トーエネック、九電工、大林組、大和ハウス工業、旭化成ホームズ、コーナン商事、ヤマダ電機、ケーズデンキ、エディオン 等
事業所 ■本社
東京、大阪

■工場
茨城、奈良、福岡、タイ、インドネシア

■営業所
北海道、岩手、宮城、福島、埼玉、千葉、神奈川、愛知、石川、京都、滋賀、兵庫、奈良、岡山、広島、山口、福岡、熊本
関連会社 アイティエフ株式会社
株式会社パトライト
SIAM ORIENT ELECTRIC CO.,LTD.
PT. PATLITE INDONESIA
ISO取得状況 ■環境マネジメントシステム【ISO14001】
大阪本社ビル、生産技術本部、名古屋・京都事業所

■情報セキュリティマネジメントシステム【ISO27001】
情報システム部
沿革 1938年 因幡電機製作所として創業
1949年 因幡電機産業株式会社設立
1993年 大阪証券取引所第二部上場
1996年 東京証券取引所第二部上場
1997年 東京・大阪証券取引所第一部上場
1998年 カンパニー制を導入
1999年 大阪本社ビルを新築
2002年 東京物流センター竣工・稼働
2004年 大阪物流センター竣工・稼働
2012年 東京本社を開設
2018年 創業80周年
気になる

25人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません