株式会社植松商会

株式会社植松商会の企業情報

ジャスダック

株式会社植松商会

【商社(機械・精密)】

【1dayインターンシップ受付開始】
東北に根差して間もなく70年・・・
お客様と、そのお客様に最も適した産業機械との縁を結ぶコンサルタントとして、当社の営業スタッフはお客様の悩みに向き合うお仕事です。

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • 無借金経営

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
「あなただから、買うんだよ」仕事で磨かれる人間力

当社の魅力は、人としての信頼が仕事をする上での力となる、自分自身の人間力ともいえる力を成長させていくことのできる仕事であることです。
 我が社はお客様である工場を直接訪ね、工場で使われる工作機械や工具などを仕入れ、販売する専門商社です。ネット販売が主流となる中で、大規模工場から小さな町工場まで実際に足を運んで顔を合わせることを大切にする当社は、お客様に厚く信頼される営業スタッフであることを目指しています。
 他社が嫌う昔ながらの仕事の仕方を貫いた結果、お客様から「植松商会の○○さんからだから買うんだよ」と言われることもしばしば。「わたし」という人を信じて取引をしえもらえる経験は何にも代えがたいものなのです。

事業戦略
お客様をよく知る「わたし」だから、できること

営業にはコンサルタントとしての魅力があります。
 お客様は自身が使っている・作っている商品のことはよく知っています。でも、より効率的に仕事をするために「こんなものがほしい」とは思えても、星の数ほどある商品の中から一番いいものを探している時間もなく、それが一番いいものなのか判断が難しいのです。
 私たちはお客様との会話を大切にします。仕事の話も世間話も、たくさんの会話をします。
 お客様それぞれの個性を、一番解決したいことを、仕事が実際どのような機材で行われているのかをきちんと知り尽くしている私たちだからこそ、お客様にぴったりと合う商品を提案できるのです。
 人とモノを本当の意味で最適に結べる、仲人のような私たちの仕事を面白そうだとは思いませんか。

私たちの仕事

私たちの仕事はコンサルティング営業です。
お客様に最適の提案をするためには普段の注文や会話をよく分析し、同時に自分の商品知識を高める努力をしています。
そんな営業マンの一日は次のような流れとなっています。
日々の小さな積み重ねが大きな力になる仕事なため、派手ではないですが堅実な業務内容となっています。

8:30~9:00頃
昨日までに来ていたお客様からのFAXをもとに、お客様のニーズに合わせ注文書や見積書などの書類を作成します。

9:00~10:00頃
その日に回るお客様に届ける荷物の準備を始めます。
営業所には必ず倉庫があり、そこに届いた商品が客様から頼まれ仕入れたものと、本当に合っているかを確認したのち、車に積み込み出発します。

10:00~16:00頃
営業スタッフそれぞれで異なりますが、5~6件ほどお客様のもとを回り、商品の納品と御用聞きを行います。この時にたくさんお客様とお話をし、ご不満点や困りごとを洗い出します。

16:00~17:30
営業所に戻り、その日頼まれた商品の発注依頼や見積書作成など社内で事務作業を行い、17:30には帰社します。
また、お客様のご要望に合わせるため残業をすることもあります。

はたらく環境

職場の雰囲気
なじみやすいのは、少人数だからこそ!

営業所のスタッフは4~6人程度が平均です。人数が少ないということは、上司が営業所内全体を見やすいというメリットがあります。また、同じ先輩と毎日一緒に仕事をするため、交流が生まれやすい環境となるのです。
 そのため当社の営業スタッフは営業所ごとに仲が良いのが特徴です。また、転勤で営業所が離れたのちも、たまにではありますが、複数の営業所合同の飲み会を開催することがあるほど社内全体での交流が続きやすい会社です。

企業概要

創業/設立 創業年月日/昭和25年
本社所在地 宮城県仙台市 若林区卸町3丁目7番地の5
代表者 植松 誠一郎
資本金 10億1,755万円
売上高 71億5,700万円(2019年3月実績)
従業員数 100名 (2019年04月現在)
事業所 ■営業部
八戸営業所・宮古営業所・北上営業所・一関営業所・古川営業所・石巻営業所
仙台大和営業所・仙南営業所・福島営業所・原町営業所・白河営業所・横浜営業所・横浜営業所東京オフィス
■技術部
ジャスダック上場 ■1991年、直需機械工具商社として、国内でいち早く株式上場いたしました。
 登録コード:9914

■東北の発展に寄与し、機械工具商社の社会的地位向上を図る。財務体質を強化し、会社を永久に発展させる。
創業者:植松林吉はそう決意し、平成3年11月、植松商会は直需機械工具商社として国内ででいち早く株式上場を致しました。株式の上場は、企業の高い透明性と健全な体質を継続し、企業の社会的責任(CSR)を果たすことがお客様への信頼の証です。
気になる

75人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません