三洋貿易株式会社

三洋貿易株式会社の企業情報

東証

三洋貿易株式会社

【商社(総合)】

当社はゴム、化学品、機械・環境、産業資材、科学機器という5つの事業部からなる複合型専門商社です。「お客様にとって最適解を見つけること」をスローガンにさまざまな商品・技術の提供を通じた、社会の課題解決に貢献します。

私たちの魅力

事業内容
国内外の優れた製品や技術にかかわるグローバル商社

当社は、自動車・IT関連機器をはじめ、あらゆる産業分野で使用されている合成ゴムを扱うゴム事業部と、北米・ヨーロッパ・アジアの化学メーカー数十社から高付加価値化学品を輸入、国内販売を行う化学品事業部のふたつを主力としています。ほかに、ペレットミル(造粒機)とその他関連装置及び接着機器を専門に扱う機械・環境事業部、自動車内装用の本革シート表皮、高機能部品の開発・輸入販売を行う産業資材事業部、海外の先端技術を持ったメーカーから各種分析機器、試験機器を輸入。官公庁、大学、研究所や品質管理部門への販売と技術サポートを行う科学機器事業部があります。

事業戦略
昭和22年創業。歴史のうえに積み上げる成長と拡大

当社は旧三井物産の解体によって生まれて以降72年にわたり、国内外で産業の発展と人々の生活向上に貢献してきた歴史ある商社です。東京証券取引所市場第一部に上場。M&Aと海外展開に積極的に取組むグローバル企業へと成長、今も拡大を続けています。

私たちの仕事

お客さまが要望する製品を発注し海外から輸入するだけでなく、その要望に沿った形で納品できるよう製品開発を行ったり、国内製品の輸出や事業によっては三国間取引も行います。新しい商品を探し出して輸入、採用先を開拓するなど業務内容は多岐にわたります。メール・電話・ファックスなどを使って海外とのやりとりが多く、仕入先メーカーへの海外出張、仕入先との親交を深めるための研修会や販売戦略ミーティングなど出会いが多く、世界を相手にする、やりがいのある仕事です。

はたらく環境

社風
会社の発展を支える自由闊達な社風

国内外は激しい変化の中にあるため、それぞれの社員が常に新たなものを追求し、専門的知識を勉強しなければなりません。そして、取引先に貢献できるような意見を持ち、時には階層に関係なく激論を交わすことができる。社内にはそのような活気と風通しのよさがあります。新たなビジネスの創造や発展には、この自由闊達な社風こそが大切だと考えています。

企業概要

創業/設立 創業/1947年(昭和22年)5月28日
本社所在地 東京都千代田区神田錦町2丁目11番地
代表者 代表取締役社長社長執行役員 新谷正伸
資本金 10億658万円
売上高 784億円(平成30年9月期)連結
従業員数 349名(連結) (2018年09月現在)
子会社・関連会社 株式会社ケムインター/コスモス商事株式会社/三洋古江サイエンス株式会社/三洋機械工業株式会社/日本ルフト株式会社/日本フリーマン株式会社/アズロ株式会社/新東洋機械工業株式会社/Sanyo Corporation of America/三洋物産貿易(上海)有限公司/Sanyo Trading Asia Co.,Ltd.(タイ)/三洋貿易(タイ)株式会社/三洋貿易(ベトナム)有限会社/三洋貿易インド株式会社/三洋物産貿易(香港)有限公司/三洋東知(上海)橡胶有限公司/Sun Phoenix Mexico S.A. de C.V.
/PT. Sanyo Trading Indonesia/Singapore Sanyo Trading Pte. Ltd./デュッセルドルフ駐在員事務所
事業所 支店/大阪、名古屋
海外拠点/アメリカ、中国、ベトナム、タイ、インド、メキシコ、シンガポール、デュッセルドルフ、インドネシア
気になる

11人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません