伊藤忠エネクス株式会社

伊藤忠エネクス株式会社の企業情報

東証

伊藤忠エネクス株式会社

【その他商社|商社(石油)|商社(ガス)】

当社は、「社会とくらしのパートナー」~エネルギーと共に・車と共に・家庭と共に~を経営理念とし、半世紀にわたり石油・ガス製品を中心としたエネルギーを全国のお客様に提供してきました。そしていま、時代の変遷・お客様のニーズに合わせ『電力』や『熱供給』、『新エネルギー』、そして『海外』へとそのステージを広げています。
こうして新たなる挑戦を成功させるために必要なこと。それは、これまでの「商社」に対する固定概念を打ち破る新しい人材が、自ら考えそれぞれの発想を活かし果敢にさまざまなアプローチをすることです。しかし、現状における当社の社員構成はまだまだ狭窄的です。学部学科などにとらわれず多様な人材に活躍していただけるような体制の整備を加速させていきます。働き方改革「ENEX EARLY BIRD」プロジェクトはその象徴と言えるでしょう。自らの力で当社の未来を切り拓く実感を、ぜひ味わってください!

  • 多角的な事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • 営業力が自慢

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
多彩なエネルギーを提供することで社会の発展に貢献しています。

<伊藤忠エネクスの3つのコア事業>

■ホームライフ部門
LPガスや電気、多彩なスマートエネルギーまでを、“快適で”“豊かで”“安心な”エネルギーのあるライフスタイルをご提案します。

■生活・産業エネルギー部門
地域の人々の快適なくらしと産業のために様々なエネルギーとサービスでよりよい社会を実現します。

■電力・ユーティリティ部門
省エネルギーと快適性、経済性を追求し、電力関連事業・熱供給事業を推進します。

事業戦略
エネルギーのベストな組み合わせを推進し、社会と共に成長を続ける伊藤忠エネクス

■電力事業の基盤安定と強化
電力市場全面自由化となった今、年間小売電力量がトップクラスである当社においての収益事業の柱となっています。今後も大口国客のほか、接客的に小口顧客の拡大を図り、人と社会に役立つ総合エネルギーを提案します。

■環境ビジネスを本格的にスタート
バイオ発電事業や需要が縮小する傾向にある石油事業において、船の廃油スロップから石油資源を抽出し販売するリサイクル事業や石炭火力発電所から排出される石灰灰を産業資材に再利用することで循環型社会の実現に寄与していきます。

■海外市場も成長に取り込む
これまで蓄積してきたノウハウやビジネスモデルを活かし、国内外を問わず新たなエネルギービジネスの展開を推進しています。特に高度成長の波に乗り、石油製品や電力などのエネルギー消費が急速に拡大しているアジア市場を狙い、積極的に事業拡大を図っています。

私たちの仕事

3つのコア事業の仕事を具体的にご説明します。

【ホームライフ部門】
国内約150万世帯のご家庭や法人のお客様にLPガス・都市ガスをお届けしています。また、キッチンやお風呂のリフォームといった生活関連商品・サービスをあわせてご提供。さらに、太陽光発電システムや家庭用燃料電池「エネファーム」、非常用電源としても利用可能な家庭用リチウムイオン蓄電システム「エネパワボS」などのスマートエネルギー機器販売を通じて、快適で豊かな次世代のライフスタイルを提案しています。

【生活・産業エネルギー部門】
エネルギー商社として国内No.1規模の約1,800ヵ所の系列CS(カーライフ・ステーション)にガソリン・灯油・オイルなどを販売するほか、あらゆるカーライフニーズにお答えする車関連の総合事業を展開。工場などの産業分野にまで販売するほか、船舶用の燃料・潤滑油やアスファルトをはじめとした産業用資材の販売、石油製品の輸出入と国内販売事業を担うトレード事業、化学製品も取り扱うターミナル事業等、地域の皆様の快適なくらしと産業の基盤を様々なエネルギーを通して支えます。

【電力・ユーティリティ部門】
2016年4月に解禁した電力小売の全面自由化を見据え、2010年から電力事業に参入。現在、全国に6ヵ所の発電所を保有しています。また、2012年には熱供給事業を行う東京都市サービス(株)をグループ会社化し、18ヵ所の熱供給センターを運営。高い技術力で省エネルギーサービスを提供するなど着実に事業を拡大しています。

はたらく環境

社風
社風を語る先輩たちの声

社風を語る先輩たちの生の声をお届けします。

『自分のやりたいことができる環境』
職場の雰囲気は、とにかく明るいです。オンとオフを切り替えられる社員が多く、公私に飽きることがありません。自分のやりたいことをやりたいようにできる環境が整っています。失敗したことは何度もありますが、それを咎められたことは1回もありません。逆に、怖気づいてチャレンジしなかった時の方が怒られた記憶があります。

『面倒見の良い先輩ばかり』
当社はとてもアットホームな雰囲気の会社です。上司からは自発的な行動や意見を求められ、どんなことにもチャレンジさせてくれる土壌が整っています。また、問題が発生した時も情報共有がしっかりできているため、適切なタイミングで対応できています。先輩には面倒見が良く頼れる人が多く、喜んで相談にのってくれます。会社の若手ではよく飲みにいき、真剣な仕事の話をしたり、まったく関係のない話で盛り上がったり、ストレスを溜めない環境を作れています。

『誰もが自由に意見できる風土』
とても風通しのよいところが魅力です。電力事業は目まぐるしく状況が変わっていくため、事業拡大には議論が欠かせません。その結果、上司や先輩の意見を聞くだけでなく、若手社員も自由に意見を言えるような風土が形成されています。私自身、上下関係なく意見を述べるように心がけていますが、それができるのもそうした風土があるからだと思います。

『活気に満ちあふれた社内』
どの方も気さくで話しやすい雰囲気です。私の周りは経験豊かな技術者と、事業部全体では活気のある若手が多く、飲み会でも笑いの絶えない雰囲気です。また仕事だけではなくプライベート(家庭)も大切に思ってくれる上司が多いため、早く帰れる時はすぐに帰ります。また同期や同僚とリフレッシュのために週1回程度の皇居ランニングを行っています。

『とにかく明るい職場環境』
非常に明るい職場だと思います。先輩方も面白い方ばかりで勉強になります。また、野球同好会も発足し、上司や先輩方と一緒に毎月活動しています。入社された際は是非野球同好会に!

企業概要

創業/設立 設立 1961年1月28日
本社所在地 〒100-6028
東京都千代田区霞が関三丁目2番5号 霞が関ビルディング27階~29階
代表者 代表取締役社長 岡田賢二
資本金 198億7,767万円
売上高 1兆1,563億4,400万円(2018年3月期実績/連結)
従業員数 (単体)      656名
(連結) 5,613名 (2018年03月現在) 男性545名、女性111名
株主 (2018年3月31日現在)
伊藤忠商事株式会社                                                    53.97%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)       3.99%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)             3.69%
エネクスファンド                                                         2.68%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9)  1.95%
JXTGホールディングス株式会社                              1.78%
日本生命保険相互会社                                            1.36%
GOVERNMENT OF NORWAY                                 1.25%
伊藤忠エネクス従業員持株会                                   1.10%
前田道路株式会社                     0.85%
※ 当社は、自己株式3,893千株を所有しておりますが、
上記大株主から除外しております。
事業所 ◎主な事業所(2019年3月1日時点)
本社:東京都
主要拠点:札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡 
他、全国各地に拠点あり
気になる

23人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません