オリエンタル白石株式会社

オリエンタル白石株式会社のキャリタス限定情報

オリエンタル白石株式会社

【建設|設計】

インフラ整備を通して社会に貢献していく仕事。

『高い技術にこだわり、固有の工法に立脚するプロフェッショナル集団』として
国内のインフラ整備や今後予測される災害に備えた減災・防災対策など、
モノをつくる喜びを味わいながら国民、地域の人々に貢献していくという仕事があります。

昨年度開催された主なインターンシップをご紹介します。

  • 下片巣接続橋

    岩手県 下片巣接続橋

    岩手県の下片巣(しもかたす)接続橋で行った、安全管理・ドローンを用いた施工管理・トランシットやオートレベルによる測量等は、橋梁の施工管理でとても重要な仕事です。

  • 中部横断椿川橋

    山梨県 中部横断椿川橋

    山梨県の中部横断椿川橋では、水準測量・光波測量・設計計算・機材点検と、構造物を施工するために必ず必要となる業務を手伝っていただきました。

  • 首都高港北基礎

    神奈川県 首都高港北基礎

    首都高港北(こうほく)基礎工事では、測量の他にコンクリート供試体の作成など、コンクリート材料に関わる業務を担当してもらいました。

  • 中央ジャンクション

    東京都 中央ジャンクション

    東京都にある中央ジャンクションでは、光波やレベルによる測量・やぐら設置・仮設材設置等の作業をしてもらいました。

  • 五十母川橋

    新潟県 五十母川橋

    新潟県の五十母(いそも)川橋では、橋梁の出来上がりの形を左右するトータルステーションやレベルによる測量・中心線の墨打ち・エクセルによるデータ整理等の作業を担当してもらいました。

  • 本谷橋

    岐阜県 本谷橋

    岐阜県の本谷橋(ほんたにばし)では、鉄筋・型枠等の寸法測定、コンクリート打設、測量、テストハンマーなどによる試験・かぶり測定など、高品質なコンクリート構造物とするためにとても重要な業務を担当してもらいました。

  • 宮池橋

    香川県 宮池橋

    香川県にある宮池橋は、当社最新の技術を使った橋梁の現場です。そこで、測量等の作業をしてもらいました。

  • 五台山第2高架橋

    高知県 五台山第2高架橋

    高知県の五台山(ごだいさん)第2高架橋では、ニューマチックケーソン基礎の測量や止水壁へのマーク等の作業をしてもらいました。

  • 神代橋

    福岡県 神代橋

    福岡県にある神代(くましろ)橋は、やじろべえ工法と呼ばれる張出し架設で施工されましたが、この橋梁の測量体験と施工中の現場を現場担当者とともに見学しました。

参加者の声

  • 大阪府/建築学部 建築学科/男性
    工場見学・現場見学で初めて見るものばかりで、実際に見ることでイメージを明確にすることができた。
  • 広島県/工学部 都市デザイン工学科/男性
    今まで何となく受けていた学校の授業がインターンシップに行ったことで意識が高まり、自ら積極的に授業に参加し、実際に現場で使うことをイメージしながら学ぼうと思いました。
  • 高知県/高専 環境都市デザイン工学科/女性
    建設材料学や地学工学で学んだ内容や実験を現場でも見ることができて、より理解が深まった。(スランプ試験やボーリングなど)
  • 島根県/高専 環境建設工学科/男性
    今回のインターンシップでは現場及び事務所の空気がどのようなものかということをしっかり感じることができました。見学させていただいた時、作業されているみなさんの緊張感が伝わってきて、自分も見学とはいえ、気が引き締まりました。
  • 福岡県/工学部 建築学科/男性
    構造計算は難しいと考えていましたが、わかりやすく教えてくださったので、楽しみながら理解を深められました。今回のインターンシップで更に興味の幅が広がりました。
  • 宮崎県/工学部 社会環境システム工学科/男性
    大学で学んだコンクリートの知識と工場や現場で実際に見たコンクリートとを結びつけて見学することができた。特にPCコンクリートについて、プレスコンクリート、ポストテンションコンクリートの違いや、RCコンクリートとの違いについて詳しく学ぶことができた。
  • 北海道/高専/女性
    実際に会社に来てみて、現場の雰囲気がどのようなものかわかった。職員の方が仕事をしているのを近くで見学し、一つ一つのしごとの大切さがわかった。現場に行って仕事をすることで作業員さんとの信頼関係が生まれ、それが仕事のスムーズさや正確性につながると感じた。
  • 宮城県/工学部 都市マネジメント学科/男性
    今回の実習で机上では分からない現場の最前線を体験できました。そこで一番印象に残ったことは、「仕事は自分がどんなことをしたいのかというビジョンがあってこそ」ということです。自分の将来のビジョンを持ち、そのビジョンと同じような道に行けるような企業を選んだりすることが自分にとって一番プラスになる就活になることを感じました。

インターンシップのお申し込みはこちら

気になる

58人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません