アシックスグループ

アシックスグループの企業情報

東証

アシックスグループ

【スポーツ|その他製造】

アシックスグループは、スポーツによる青少年の育成を通じて社会の発展に貢献したいという思いから始まりました。私たちはその創業の精神を受け継ぎ、60年以上にわたり独自の製品とサービスを提供し、現在ではトップアスリートはもとより一般のユーザーまで幅広いお客様より信頼をいただいています。海外売上比率が約80%となり、世界中でご愛用いただけるグローバルな企業へと進化してきました。

  • 顧客視点のサービス

  • 海外事業展開に積極的

  • 3年連続で業績アップ

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
海外売上比率約80% 世界の人々の健康で幸せな生活を実現する

当グループはスポーツ用品を主軸として、世界の人々の健康で幸せな生活が実現できる製品やサービスを提供することが使命であると考えています。創業以来、当社は徹底して「ものづくり」にこだわってきました。長年に渡って製品の品質・機能性を追求し、その姿勢は当社のDNAとして受け継がれています。現在はトップアスリートはもとより一般のユーザーまで幅広く信頼されるブランドへと成長。海外売上比率が約80%となり、世界中のお客様にご愛用いただけるグローバルな企業へと進化しています。今後は引き続き市場の安定成長が期待できるアメリカでの売り上げ拡大を目指し、直営店の拡充などに取り組んでいきます。

事業・商品の特徴
商品力を磨き続けること、それがアシックスグループの『原点』

当グループでは「ユーザーのことを第一に考えたものづくり」を実現するため、各部門一丸となって仕事に取り組んでいます。スポーツ工学研究所では、製品の要となる品質・機能の研究が日々行われ、開発部門ではその研究結果をより具体的な製品という形にするため、サンプル作成とユーザーへのヒアリングを繰り返し、製品を作り上げていきます。こうして開発された高品質・高機能を有した製品は世界中のお客様から厚い信頼を獲得しています。また近年、当グループが提供するサービスも多様化。直営店でのきめ細かな接客サービスやランニングレッスンの提供、マラソンナビゲーター等のデジタルコンテンツを通じたサービスにも注力しています。

企業理念
ころんだら、起きればよい。失敗しても成功するまでやればよい。

これは創業者である鬼塚喜八郎が残した言葉です。挑戦には失敗はつきもの。ただ、あきらめずに信じて突き進む。アシックスシューズ第一号が生まれてから今日まで、私たちの挑戦に終わりはありません。スポーツで培った知的技術により、質の高いライフスタイルを創造するという目標に向かって、転んでも起き、失敗しても前に進み続けていくことが私たちの戦略の源です。そんな理念が全員に浸透していることが当グループの強みです。若手社員の挑戦・活躍を歓迎する環境が当グループにはあります。

私たちの仕事

アシックスは、3つの事業領域(ビジネスドメイン)でビジネスを展開しています。 

【アスレチックスポーツ事業領域】
一般的にスポーツと呼ばれるものを対象としたアシックスのコアともいうべき事業領域です。
当社では、売上高の半分程度を占めるランニング事業を中心とし、テニス、ラグビー、バレーボールなど世界で第3位になれるようなカテゴリーにフォーカス、高機能・高品質なシューズやアパレル(ウェア)を世界の市場に供給しています。また、新たな事業の柱として、ランニングでの知見とブランド力を活用し、女性、アパレルに集中した戦略で、アシックス独自の価値を創造しています。 

【スポーツライフスタイル事業領域】
当社では、スポーツがファッションの一部になっている市場をターゲットに、日本の伝統と近代的感覚を融合したライフスタイルブランドの一つである「オニツカタイガー」を展開。
創業当時の会社名を受け継いだ、復刻ブランド「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」は、2002年に本格スタートし、欧州を中心にアジアでも人気の高いブランドへと成長しています。 
さらなる拡大にむけ、現在は有力ブランドや著名デザイナーとのコラボレーションを積極的に推進しています。

【健康快適事業領域】 
当社は、スポーツで培った知的技術を活かしながら健康・快適をキーワードとした様々な分野にも事業を展開
子供から高齢者まで幅広く愛されるグラウンド・ゴルフにて使用するクラブ等の商品や男性用ビジネスシューズ「RUNWALK」、働く女性の機能パンプス「GIRO」、キッズ用シューズ「スクスク」など新たなビジネスチャンスを切り拓いています。  
2014年9月には機能訓練特化型デイサービス施設「Tryus」第1号店をオープン、全国に5店舗展開、アシックススポーツ工学研究所の知見を活用した独自の運動サービスプログラム「デュアルスパーク」を提供しています。

はたらく環境

組織の特徴
社員一人ひとりの意欲とつながりが、お客様の満足を実現する「商品」を創造しています。

アシックスのビジョンは、
「スポーツで培った知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する 」従来の枠にとらわれない柔軟な発想で、すべてのお客様に価値ある製品とサービスを提供し、質の高いライフスタイルを創造するためにあらゆる可能性にチャレンジし続けています。

当社は今、世界各国で働く約7,500名のアシックスグループ社員が、共にチームとして1つの「商品」を作っています。 社員一人ひとりに共通していることは「一人ひとりが、自分の仕事だけでなく周囲の仕事も理解していること。」

どんな素晴らしいコンセプトも、工場で作れなければ商品になりません。
どんな斬新なデザインでも、すぐ壊れてしまうようでは使ってもらえません。
そして、文化の異なる海外で愛用いただける「商品」を作るには、各地の市場の特徴や売り手の悩みも理解している必要があります。

・開発担当者が工場の現場を知っていること
・研究によって得られた機能をデザイナーが熟知していること
・財務担当者が世界のマーケット動向を把握していること

新しい価値の創造に必要なことは、自ら外に出て積極的に情報を収集し、学ぶ姿勢。
当社では、自分の役割を超えて学びに行く社員一人ひとりの意欲とつながりが、社員一人ひとりを成長させると同時に、チームとしてのパフォーマンスを上げ、よりよい「商品」を創造し、お客様の満足を実現しています。

企業概要

創業/設立 【株式会社アシックス】
■設立年月日
1949年9月

【アシックスジャパン株式会社】
■設立年月
2013年1月

【アシックス商事株式会社】 
■設立年月日
1955年1月

【株式会社ニシ・スポーツ】
■設立年月日
1951年5月
本社所在地 【株式会社アシックス】
兵庫県神戸市中央区港島中町7丁目1番1

【アシックスジャパン株式会社】
東京都江東区新砂3丁目1番18号

【アシックス商事株式会社】
兵庫県神戸市須磨区弥栄台3丁目5番2号

【株式会社ニシ・スポーツ】
東京都江東区新砂3丁目1番18号
代表者 代表取締役会長CEO 尾山 基
代表取締役社長COO 廣田 康人
資本金 23972百万円
従業員数 8586人(連結) 942人(単体) (2017年12月現在)
事業所 グループ各社の本社・支社
気になる

594人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません