株式会社フジシール

株式会社フジシールの企業情報

株式会社フジシール

【化学|印刷・パッケージ|その他製造】

身近にある飲料や食品、日用品や医薬品。様々な商品の顔となるパッケージを作っています。社名は知られていませんが、誰もが知る商品のパッケージを手掛けている会社です。

私たちの魅力

事業内容
パッケージでお客様の商品の価値を高めることを目指します

フジシールグループは 1958年にキャップシールの製造・販売を始めました。その後、市場やお客様の変化、そして容器の変化に適応した製品開発を行ってきました。

主力製品であるシュリンクラベルをはじめ、タックラベル、ソフトパウチ(口栓付パウチ)、そして機械を含めたトータルパッケージング・ソリューション・カンパニーです。

技術力・総合力を駆使しながら日本、米国、欧州、アセアンにおいて、飲料、食品、乳製品、日用品などの幅広い分野でパッケージを通してお客様の課題解決を行っています。

私たちの仕事

◆シュリンクラベル
フジシールのコアビジネスであるシュリンクラベルは、フジシールが世界に先駆けて開発した特長のあるラベルです。
熱を加えると収縮するフィルムの特性を活かして、どのような形状の容器にもぴったりとフィットすることができる唯一のラベルです。透明なプラスチックフィルムに美しい印刷や様々な加工を加えて、お客様の商品の顔となるラベルとなります。遮光性や開封性などの機能を付加することで、商品の品質保持や環境対応にも貢献します。

◆タックラベル
タックラベルとは、あらかじめ原紙の裏面に接着剤を塗布した粘着ラベルです。
店頭での販促効果を向上させるPOPラベルや、キャンペーンの応募用シールなど、お客様の商品の販売促進に貢献します。また、電池向けラベルでも高いシェアを持っています。パゴのグループ化により、海外市場でもより幅広いソリューションを提供していきます。

◆ソフトパウチ
ソフトパウチは口栓付パウチと呼ばれるもので、フレキシブルパウチの特性とボトル機能を兼ね備えています。
軽量で省スペースである上に、口栓がついているため消費者にとっても扱いやすいパッケージです。使用後のごみの削減にも貢献し、飲料、食品、日用品、医薬品など幅広い分野でご採用いただいています。

◆機械システム
フジシールは、ラベル装着機とその周辺機器といった生産ラインの各機械についても、お客さまのご要望に沿って最適な組み合わせ方法をご提案し、保守やメンテナンスなどの充実したサービス体制で対応しています。グローバルなご要望に対応するため、各拠点においてサポートとサービスを提供しています。

はたらく環境

組織の特徴
我々の包むへの思い”Next Feelmedia”

”お客さまが届けたい商品への思いを全て、細やかに、丁寧に、感じるままにパッケージに表現する。”
それは繊細な手触り、心地良い温度、見た目の美しさを纏い、商品の魅力を伝えるメディアになっていくものです。
私たちはそうした世界中の人が手にとって、触れたくなるとても身近に感じるメディアをつくっています。

私たちが大切にしているDNAが「変化とともに変化する」姿勢です。
時代のニーズは日々刻々と変化していきます。その変化に果敢なチャレンジ精神で取り組んでいく。その思いこそが新たな可能性を切り開き、チャンスにつながっていくと確信しています。
あなたの可能性を広げる環境が整っています。

企業概要

創業/設立 1958年(昭和33年)10月18日 (創業 1897年)
本社所在地1 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9番1号
本社所在地2 〒532-0003 大阪市淀川区宮原4丁目1番9号
代表者 取締役 代表執行役社長 岡崎 成子
資本金 59億90百万円 (2019年3月31日現在)
売上高 1,621億89百万円 (2019年3月31日現在)
従業員数 4703人 (2019年03月現在)
事業所 ■本 社:東京本社・大阪本社 
■営業所:札幌事務所・名古屋営業所・九州営業所 
■工 場:兵庫(尼崎)・奈良・三重(名張)・茨城(筑波・結城)・山形・山口(宇部)
気になる

83人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません