凸版印刷株式会社

凸版印刷株式会社の企業情報

東証

凸版印刷株式会社

【印刷・パッケージ|電気・電子|インターネットサービス】

キーワードは「モノつくり」と「コトつくり」。常に生活者の視点を忘れず、25000社あるクライアントの潜在的なニーズを掘り起こし、共に新しい価値を創り出していきます。そのアプローチは「印刷」の枠を越え、イベントやキャンペーンの企画・運営、ビッグデータやVRを活用したサービスなど多岐に渡ります。トッパンには、様々な色=「個性」を持ったプロフェッショナル達がいます。一つひとつ個性がぶつかり合うことで生まれる相乗効果こそトッパンの原動力。皆さんもトッパンも可能性は無限大にあります!あなたも多彩なこのフィールドで共にチャレンジしませんか?

私たちの魅力

事業内容
トッパンの幅広い事業領域

トッパンは1900年の創業以来、「印刷技術」を進化させると同時に、事業領域の拡大に努めてきました。一方で、「マーケティング力」「IT力」「クリエイティブ力」などの、事業活動を推進する中で誕生したさまざまな知識・ノウハウも深耕してきました。「印刷技術」にさまざまな知識・ノウハウと加工技術が融合し、進化することで、トッパンは独自のリソースとして「印刷テクノロジー」を体系化しました。

●情報コミュニケーション系
《セキュア》
証券類全般、商品券、抽せん券、乗車券、キャッシュカード、クレジットカード、プリペイドカード、ICカード、ICタグ、伝票、ビジネスフォーム、セキュリティ管理システムの設計・関連機器他
《マーケティング》
カタログ、パンフレット、チラシ、ポスター、カレンダー、POP、その他広告宣伝印刷物、社史、各種ギフト商品、データベースとネットワークシステムの設計・運営、デジタルコンテンツ流通事業、各種映像媒体の企画・制作、博覧会、イベントなどの企画・運営、店舗や展示の企画・設計・施行などのスペースデザイン、見本帳、事務関連製品、立体印刷製品、印刷関連機器他
《コンテンツ》
週刊誌や月刊誌などの雑誌、単行本、美術書、辞書や事典などの書籍、教科書、CD-ROMやDVDなどの電子出版物他

●生活・産業系
《パッケージ》
紙器、包装紙、ラベルなどの紙工品、プラスチックフィルムなどによる包装材、液体容紙機器、プラスチック容器、段ボール、包装関連システム機器、充填事業他
《建装材》
化粧シート、壁紙、木工製品、建築・家具部材などの建装材、転写材、加工シート他
《高機能・エネルギー関連》
透明ハイバリアフィルム、電子機器用プラスチック成形品、情報記録材、二次電池用関連部材

●エレクトロニクス系
《ディスプレイ関連》
銅タッチパネル、LCD用カラーフィルタ、LRフィルム、AGフィルム、プラズマディスプレイ用電磁波シールドメッシュ他
《半導体関連》
半導体用フォトマスク、LSI受託設計、デバイスOEM、リードフレーム、エッチング応用製品他

私たちの仕事

トッパンは、多くの方がイメージするであろう「印刷」の会社ではありません。
キーワードは「モノつくり」と「コトつくり」。
常に生活者の視点を忘れず、クライアントの潜在的なニーズを掘り起こし、共に新しい価値を創り出していきます。そのアプローチは「印刷」の枠を超え、イベントやキャンペーンの企画・運営、ビッグデータやVRを活用したサービスなど多岐にわたります。
トッパンで、あなたの可能性とひらめきをカタチにしませんか。

はたらく環境

社風
情報・文化の担い手として、ふれあい豊かなくらしに貢献します。

トッパンの企業理念は「私たちは常にお客さまの信頼にこたえ彩りの知と技をもとにこころをこめた作品を創りだし情報・文化の担い手としてふれあい豊かなくらしに貢献します」としています。現在、私たちはお客さまのビジネス課題、あらゆるステークホルダーが持つそれぞれの課題、そして社会的課題をも視野に入れた「トータルソリューション」の開発・提供を当社ビジネスの中心に置いています。トッパンは、この企業理念をもとに今まで以上に新たなソリューションの開発・提供を進めていきます。

企業概要

創業/設立 1900年(明治33)年創業
本社所在地 東京都千代田区神田和泉町1番地
代表者 代表取締役社長 金子眞吾
資本金 1,049億8,600万円 (2018年3月末現在)
売上高 連結売上高 1兆4,527億5,100万円(2018年3月末現在)
従業員数 連結 51,210名 (2018年03月現在)
事業所 本社/東京
総合研究所/埼玉
国内営業所/43カ所
主な国内生産拠点/34カ所
気になる

498人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません