内海造船株式会社

内海造船株式会社の企業情報

東証

内海造船株式会社

【輸送用機器】

当社は広島県尾道市に本社を置き、多種多様な船舶の建造を手掛ける造船メーカーです。
特に中・小型フェリーの建造において業界トップクラスの実績を誇っています。

ちなみに社名は「ないかいぞうせん」と読んでください!(笑)

  • 顧客視点のサービス

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
何と言っても多種多様な船舶の建造!

プロダクトタンカー、自動車運搬船、コンテナ船、バルクキャリア、RO-RO船、タンカー、ケミカル船、液化ガス運搬船、冷蔵運搬船、貨物船、フェリー、旅客船、作業船、調査船、艦艇、巡視船、実習船、漁船など

多種多様な船舶の建造および修理を行っています。

私たちの仕事

当社は50mクラスの旅客フェリーから全長200mの貨物船まで、バラエティーに富んだ多種多様な船舶の建造を行っている造船メーカーです。
造船メーカーには大きく分けて2つのパターンがあります。
1)特定の船種に特化し大量受注・大量建造をする
2)さまざまな船種を個別に受注し建造する

1)は特定の船種に特化し、同型船を連続建造することで、建造コストを可能な限り抑えていく、これは大型設備を持ち比較的、大規模な造船所に見られる方法で、建造量で見ればこちらの方が圧倒的に多いのです。

2)は大量発注が少なく比較的、他社が建造しない船を受注し、お客様の要望に応えながらさまざまなタイプの船を建造する、こちらは多くの経験とノウハウが必要となるため、このパターンの造船メーカーは少数です。

当社は「2)」のさまざまなタイプの船を建造する造船メーカーになります。
特にフェリーの建造実績は他社を圧倒しており、国内には当社建造船が就航するフェリー航路が数多く存在します。
フェリーは貨物船と違い、「荷物」を運ぶのではく「人」を運ぶのです。同時に「快適な船旅でした!」「最高の思い出になった!」「非日常を味わえた!」あるいは「船酔いした↓」など荷物には無い「人々の気持ち」も運んでいるのです。
また、自らが製造に携わったフェリーに乗船できることも我々の特権です。自分たちが手がけた船に乗客として乗船する達成感や充実感は、ものづくりを志す者にとって最高の瞬間です。我々の仕事、それは世の中の物流を支える一方で、私たち自身が船造りに対し、喜び、感動することが大切だと考えています。

今後も長年積み重ねてきた多くの技術、ノウハウを活かしオールマイティーな造船所として新たな船を造り出していきます。

はたらく環境

オフィス紹介
★しまなみ海道沿いの好立地!★ ★支社は東京と大阪★

当社は四季を通じて温暖で雨や災害の少ない瀬戸内海に2つの工場を持っています。
しまなみ海道のほぼ中心に位置する広島県尾道市瀬戸田町に本社・瀬戸田工場を置き、隣の因島に因島工場を構えています。交通アクセスに恵まれており、本州、四国のどちらにも行きやすい立地条件にあるため、就職後はレジャーや旅行など自然と行動範囲も広がります。
特に、「しまなみ街道」は日本でも有数のサイクリングコースであり、サイクリストからは「人生で一度は走ってみたい」と絶賛される場所なのです。理由は何と言ってもひとつひとつ特徴や長さの異なった巨大な橋が、これまたひとつひとつ異なる顔を持った島々を結び、そこを自転車で制覇する、これほどの達成感、爽快感は日常生活ではなかなか味わえないでしょう!
実際、当社に入社した職員でもサイクリングにハマった人は数知れず、自転車が好きで当社に入社した職員もいるほどです・・・(笑)。

また、東京と大阪に支社を構えています。こちらは営業部門が駐在し、日々、マーケットの変化や市場の動向に目を光らせ、お客様との情報交換やプレゼンテーションなど受注活動に努めています。まさに会社の顔であり、「商談成立」となるかどうか緊張の中、ビジネスの最前線で活躍しています。

工場のある「広島」と支社のある「東京、大阪」、距離はありますが常に工場と支社が一体となってMADE IN 内海造船の船を造り上げているのです。

職場の雰囲気
★設計部門★ 我々が船造りの基本だっ!

一般的に「船造り」というと建造現場での溶接作業や大きなクレーンなどをイメージしがちですが、やはり船造りの基本(図面や新技術の開発など)は我々、設計士たちが担っているのです。
ところで、みなさん、CADソフトって使ったことはありますか?もしかして学生時代にCADソフトを使ったことがなければ造船業界で働けないなんて思っていませんか?
そんなことはありません!学生時代、CADソフトに触れたことのある学生はいると思いますが、実践レベルで使いこなせるまでの能力を持った学生はあまりいないでしょう。
CADソフトもエクセルやワードと同様、最初は使い方が分からなくても、練習すれば必ず上達するものです。
我々も入社当時はみなさんと同じでしたから安心してください。

さて、当社の設計部門には約80名の設計士が在籍しています。そして、基本設計、船殻設計、艤装設計、機装設計、電装設計といった各部門に分れ、さらに細かい担当部門に分れて設計を行います。これだけ細かい組織に分れているということは仕事量が多いということであり、つまりは部門同士の横の繋がりが非常に重要になってくるのです。
例えば「船体を貫通するパイプの配管図面を変更しよう!」となったとき、船体を設計する人、パイプの配管を設計する人は違うため、それぞれのコミュニケーションが不十分だと、間違った部分に穴を開けてしまったり、パイプが他の装置と干渉してしまったり、と不具合が発生することになります。
設計士はパソコンに向かってひたすら図面を作成しているようなイメージがありますが、関係部門と頻繁に打ち合わせをし、より正確な図面を作成しなければなりません。
また、自分の描いた設計図面とそれを基に製作されたモノがイメージどおりになっているのか、お客様が使いやすい製品になっているのか、現場で作業しやすい図面になっているのか、など実際に建造現場へ出向いて確認することも重要な仕事です。
そして、最終的に船の完成と同時に、海上試運転を実施します。船として我々が設計、計算したとおりの性能を発揮しているかどうかの最終確認です。まさに緊張の瞬間であり我々にとっては卒業検定のようなものです。たとえ海上試運転で計画通りの性能が確認されたとしても、そこがゴールではなく、その瞬間から更なる挑戦が待っているのです。

つまり我々、設計士は今までの経験を生かした正確性や安全性が重視されるのはもちろん、新たなアイデアを生み出す発想力や開発力が要求されます。日進月歩、いつの時代も技術は常に進歩していかなければならないのです。みなさんの、新鮮かつ柔軟な発想が新たな技術を開発するかもしれませんよ!

働く仲間
★製造部門★ 担当技師が建造現場の司令塔だっ!

我々、担当技師は常に建造現場に足を運び、工事の進捗状況を確認したり、品質管理を行っています。あれだけ巨大な船の建造現場ですから、担当技師も「船体」「塗装」「船装」「機関」「電気」の5つの部署に分れ、建造工程を管理していきます。目の前で巨大な船が形造られていく様は、正に圧巻です!

さて、建造現場とはどんな雰囲気なのでしょうか。現場での作業に従事する従業員は一つの工場で総勢400人程度います。工場も東京ドーム3.5個分という大きさですから、この何百人もの人が1箇所に集まってミーティングをすることは不可能です。また作業内容も多岐に渡るため、組織自体が非常に細かく分割されています。ですから、作業員が個人プレーで好き勝手に作業をしていても仕事がスムーズに進むはずがありません。
他にも、建造現場には海運会社から派遣された「監督さん」をはじめ、エンジンや発電機、航海計器など舶用機器の「メーカーさん」たちもいるのです。さらには図面の確認や変更などが発生した場合、担当の「設計マン」も絡んできます。そんな会社や立場の違う人たちが1隻の船を造るわけですから、いかに船造りが壮大なプロジェクトかお分かりいただけるでしょう。
そんな建造現場を一つにまとめ、指揮をとるのが我々、担当技師なのです。つまり司令塔であり、サッカーで例えるとMFでしょう。
我々は多くの関係者の中心で、彼らのパイプ役となり、工事を円滑に進めていくために、日々のコミュニケーションが最も重要だと考えています。それは仕事の話はもちろん、プライベートの話でも構いません。お互いに信頼関係を築くことで工事がスムーズに進むと考えています。
作業員には「作業はどこまで進んだか?」「明日までにここの作業を終わらせて!」と指示を出したり、逆に作業の確認を求められたりします。
監督さんには「明日、溶接の検査があるので確認お願いします」「工事の仕上がりはこれでよろしいですか?」など日々の検査や確認、進捗状況を報告する場面が多いでしょう。
メーカーさんには、作業指示を出したり、各機器の取扱説明を受けたりすることになります。
立場は違えど、想いは同じ、「いい船を造ろう!」、だたこの1点のために何百人もの大人たちが本気で戦っている、これが造船の建造現場です。

しかも、これだけ大きなモノをひとつの工場で造り上げていく光景は他の製造業では類を見ないと思います。多くの人が協力し、助け合いながら1隻の船の完成に向け、一致団結する、みなさんもこんなチームの一員になってみませんか?
ちなみに、我々の職種はコミュニケーション能力を必要とするため、近年ではモノづくりに携わりたいという文系学生からの応募も多く、「製造部門は理系学生」という固定概念もなくなりつつあります。

社風
地方企業ならではのアットホームな社風の中で、若い世代が活躍し、楽しめる環境

当社は20代~30代の若手社員が多く、社内や労働組合が企画するイベントは若手社員の交流の場になり大いに盛り上がります。
地元の「水軍まつり」で開催される小早レースでは、毎年、県内外から多くのチームが参加します。ルールは16人が1隻の木船に乗ってオールを漕ぎ、海上に設置されたブイを回って順位を競うというものです。毎年、当社から2チームが出場し、そのうち1チームが新入社員チームで、その年の新入社員の団結力が試されます。(笑)
また、広島県には海や山といった自然が豊かでありながら、大きな街もあるため、企画されるイベント内容もさまざまで、例えば広島東洋カープの観戦ツアーや夏にはキャンプ、ビアパーティー、遊覧船から花火大会を見学する納涼船ツアー、冬にはスキー・スノーボードツアーなど、社員だけでなく家族が参加出来るイベントも開催されます。
また、進水式が開催されるとなれば多くの社員の家族が見学に訪れ、自分たちの仕事を家族に伝える絶好の機会になっています。
このように社風どおり、社内、社外を問わず、社員同士、家族同士が交流し、楽しめる環境が整っています。

企業概要

創業/設立 設立/1944(昭和19)年11月22日
本社所在地 広島県尾道市瀬戸田町沢226-6
代表者 代表取締役社長 川路 道博
資本金 12億17万円
売上高 298億3700万円(2018年3月期)
従業員数 640名 (2019年01月現在)
主要取引先 ・国内外の海運会社
・国内商社
事業所 本社/広島県尾道市
支社/・東京(東京都品川区)
   ・大阪(大阪市此花区)
工場/瀬戸田・因島(広島県尾道市)
気になる

22人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません