曙ブレーキ工業株式会社

曙ブレーキ工業株式会社の企業情報

東証

曙ブレーキ工業株式会社

【自動車|化学|輸送用機器】

独立系の総合ブレーキメーカーとして、日本で、世界で、存在感を発揮しています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • CSR活動に積極的

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
世界中に「安全と安心」を届けます

akebonoは独立系ブレーキ専業メーカーとして、世界中のお客様に安全と安心を提供しています。

ブレーキパッドやブレーキライニングなどの摩擦材、ディスクブレーキやドラムブレーキなどの機構部品をグローバルで開発・製造し、供給しています。これらを通して培った技術を活かし、多様な分野への展開とともに、次世代技術の開発に注力することで、安全・安心な社会づくりに寄与していきます。
 
「さりげない安心と感動する制動を」をブランドスローガンにかかげ、これからもグローバルフィールドでのモノづくりにおいて、安全と安心を追求していきます。

ビジョン/ミッション
世界最高の技術に挑戦しています

akebonoはより過酷な条件でのブレーキ技術開発を目指し、2007年から 「Formula 1」に参戦するマクラーレンチームへブレーキ供給を開始しました。目指すのは「速く走るためのブレーキ」。徹底した軽量化と高剛性、優れた冷却性、常に高い信頼性と安定した性能が求められ、構造、材料、表面処理等すべてにこだわりを持って取り組んでいます。コア技術である「摩擦と振動、その制御と解析」を理念に定め、新しい摩擦材や電動ブレーキなどの次世代ブレーキの開発にも取り組んでいます。

企業理念
akebonoグループの原点を示す「曙の理念」

「私達は、『摩擦と振動、その制御と解析』により、ひとつひとつのいのちを守り、育み、支え続けて行きます。」

1999年、akebonoが進むべき道を示す指針として『曙の理念』を制定しました。この理念は、事業運営や環境保全、社会貢献を含む、akebonoのあらゆる企業活動の社会的責任を実現するビジョンです。この理念では、akebonoのコア技術を「摩擦と振動、その制御と解析」と定め、「ひとつひとつのいのち」には、人間だけでなく、草木に至るまで、地球上のあらゆる生物、ひいては地球環境そのものもいのちのひとつとみなし、それらを守り、育み続けていくために、健全な経営の下で企業価値を創出していくことを定めています。

私たちの仕事

akebonoは、自動車・自動二輪車・鉄道車両・産業機械などの各種ブレーキ及びブレーキ部品の研究開発・製造・販売を一貫して行う独立系の総合ブレーキメーカーです。1929年の創業以来85年以上、社会に「安全・安心」を提供し続けています。 

国内自動車用ディスクブレーキパッドOEM市場では約40%のシェアを獲得、世界でもトップクラスのシェアを誇っています。
この数字こそが「ブレーキエキスパート」としてのakebonoへの信頼の証です。 また、「摩擦と振動、その制御と解析」というコア技術を活用し、センサー等も提供しています。 

また、「ブレーキエキスパート」としてのさらなる成長を目指し、世界最高峰のモータースポーツである「Formula1」やツーリングカーなど、レース用車両にも製品を供給しています。これらの経験は、当社の高性能ブレーキの開発に活用されています。F1における高い技術力が評価され、2011年にはマクラーレンの12C GT3レースカー専用のブレーキを供給。2013年からはマクラーレンの次世代超高性能ロードカー「McLaren P1」へもブレーキの供給を行っています。akebonoは今後もこれらの技術と経験を活かし、高性能ブレーキビジネスの拡大を図っていきます。

はたらく環境

オフィス紹介
開発、営業、管理系の機能が集約された本社オフィス

1フロア化とフリーアドレスによる組織にとらわれない柔軟なオフィス形態を採用しています。

必要な時に、必要な所で、必要な人が集まり仕事をする、「リキッドオフィス・アメーバーオフィス」を実現、組織のアメーバ化による柔軟な業務対応をめざしています。

企業概要

創業/設立 192901
本社所在地 埼玉県羽生市東5-4-71
代表者 代表取締役兼社長 信元久隆
資本金 199億円
売上高 2,649億円(2017年度)
従業員数 9,240名 (2018年03月現在) ※グループ連結
主要取引先 ■自動車関係 いすゞ自動車、スズキ自動車、スバル、ダイハツ工業、トヨタ自動車、日産自動車、日産ディーゼル工業、日野自動車、本田技研工業、マツダ、三菱自動車 他
■二輪関係 ヤマハ発動機 他
■鉄道車両関係 JR各線、全国私鉄各線 他
■産業機械関係 川崎重工業、クボタ、小松製作所 他
事業所 【国内】
■本社…埼玉県羽生市
■本店…東京都中央区
■開発部門…埼玉県羽生市・さいたま市、福島県いわき市
■営業所…札幌、仙台、埼玉、愛知、大阪、広島、福岡
■生産拠点…山形(寒河江市)、福島(伊達郡桑折町)、群馬(館林市)、埼玉(さいたま市)、岡山(総社市)
■Ai-Ring(テストコース)…福島県いわき市
気になる

47人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません