日本ケミコン株式会社

日本ケミコン株式会社 【電気電子系対象】コイルの材料調査5days!<交通費… | インターンシップ

東証

日本ケミコン株式会社

【電気・電子|半導体デバイス】

インターンシップ

「基礎研究センター」では、電気二重層キャパシタの電極作製や材料試作・評価などを通して「コンデンサを材料からつくることの魅力」を知っていただきます。
ものづくりがお好きな方、ご参加お待ちしております!

28人が “気になる” しています

応募締切:7月31日

インターン&仕事研究 特徴・概要

募集コース名

【電気電子系対象】コイルの材料調査5days!<交通費支給>

こんな能力が身につきます

  • 立場や意見の違う人とコミュニケーションをとる力
  • さまざまなメンバーで物事を進めるチームワーク力
  • 課題に対し論理的にアプローチする思考力

プログラム

実施内容 ■電気電子系
基礎研究センターでは、コンデンサ・キャパシタ用の材料の他に、コイルやトランス用磁性材料の研究開発をしています。
コイルやトランスは、コンデンサと組み合わせて使用され、特にパワーエレクトロニクス分野では安定かつ安全な電力の供給と省エネルギーに貢献する重要な部品です。

SiCやGaNなど次世代半導体の実用化と共に、受動部品の高周波化、高性能化の期待は高まっており、その課題解決には“新規材料の開発“が必要となります。

日本ケミコンでは、金属系軟磁性材料、特にアモルファス磁性材料の特長にいち早く着目し、商品化に成功しました。またアモルファス材料を出発材料とした、ナノ結晶組織を持つ磁性材の商品化にも成功しています。
更なる磁気特性の改良のため、アモルファス磁性材料の組成研究にも力を入れています。

インターンシップでは、超急冷法による磁性材料の試作とその評価実験を通して、磁性材料研究の一部を体験していただきます。
材料研究の面白さを知る機会となること、間違いなしです!


●Day1 オリエンテーション、磁性材の実験方法講義、コア測定実習
●Day2 特許・文献調査、材料試作・評価
●Day3 材料試作・評価(継続)、X線分析、磁区観察等
●Day4 データ整理実習
●Day5 最終報告会

*電気電子系大学院生を対象としたプログラムです。
*上記内容はあくまでも予定です。変更となる場合がございますのでご了承ください。
実施時期・期間 8月下旬~9月上旬(1~2週間)
職種分類 研究・開発・設計系
待遇・報酬 交通費:全額支給
*飛行機・新幹線・前日に宿泊施設ご利用の方は、往復分の領収書・宿泊時の領収書をお持ちください。
宿泊施設:あり
*遠方(目安:片道の通勤2時間以上)の方のみ手配いたします。
昼食:自己負担
実施場所 神奈川県
実施場所(詳細) 日本ケミコン株式会社 神奈川研究所

〒213-0012
神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号
かながわサイエンスパーク R&DビジネスパークビルC棟10F1025号室
TEL: 044(379)6881
応募資格・条件 大学院在籍の方
電気電子系の大学院生の方(アモルファスチョークコイルを使ったことがある、磁性材料を扱ったご経験のある方がより理解しやすい内容のため)
※学部生は対象外です。
応募方法 <応募の流れ>
プレエントリー

セミナー予約・アンケート回答
*こちらを持って正式エントリーとなります。

抽選

メールボックスもしくはお電話にて結果のご連絡(8月上旬)

参加
応募受付期間 未定
募集人数 ■電気電子系 2~3名程度
お問い合わせ先 〒141-8605 東京都品川区大崎5-6-4
日本ケミコン株式会社
管理部 人事労務グループ インターンシップ担当 越塚・渡邉・山岸
TEL:03-5436-7615
FAX:03-5436-7631
気になる

28人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません