愛知製鋼株式会社

愛知製鋼株式会社の企業情報

東証 名証

愛知製鋼株式会社

【鉄鋼|その他電子・電気機器|自動車】

愛知製鋼は「自ら考え積極的に行動し、付加価値を生み出すことができる人」を求めています。
配属時より責任を持って各部署の最前線で業務に取り組む風土は、やりがいを感じることができます。

  • CSR活動に積極的

  • 多角的な事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
存在価値あるモノづくり企業を目指して

特殊鋼鋼材・鍛造品の製造販売 
(トヨタグループの1社として、自動車用の特殊鋼、鍛造を中心とした自動車部品の製造・販売をグローバルに展開。自動車の軽量化・高性能化に大きく貢献) 
電子・磁性部品の製造販売 
(超小型・超高感度磁気センサや異方性ボンド磁石等の電子・磁性部品の製造・販売を展開。オンリーワン商品で新産業領域へ積極的に進出)

私たちの仕事

創業者 豊田喜一郎の理念の下、自動車産業はもとより、産業機械・エレクトロニクス・建設・医療・農業など暮らしの中で利用される高品質の製品を生み出しています。
また現在は、日本・北米・中国・東南アジアの4極に鍛造品の生産拠点として関連会社を設け、グローバルなサプライチェーンを構築しています。

はたらく環境

社風
チャレンジ精神を持って

愛知製鋼には、失敗を恐れることなく「これから」に向けて挑戦していける風土があり、若手のチャレンジ精神を応援し、信頼して仕事を任せていく人間関係の良さがあります。
そうした土壌で育まれた技術と事業を、さらに世界へ、そして未来へとつなげていく仕事に携わっていただきます。

企業概要

創業/設立 1940年3月8日
本社所在地 愛知県東海市荒尾町ワノ割1番地
代表者 取締役社長 藤岡高広
資本金 250億1,600万円
売上高 連結:2,362億3,700万円 単独:1,845億9,500万円(2018年3月期)
従業員数 連結4,847名/単独2,592名 (2018年03月現在)
主要取引先 トヨタ自動車・豊田通商・アイシンAW・日商岩井・辰己屋興業 他
事業所 ◆本社/愛知県東海市 
◆支店・営業所/東京、大阪、福岡 
◆海外事務所/上海、ソウル 
◆工場/知多、刈谷、鍛造、東浦、岐阜、関 
◆現地法人/アメリカ、ドイツ、チェコ、中国、フィリピン、インドネシア、タイ、台湾
プロフィール 1940年、「豊田自動織機製作所」に設けられた製鋼部門が分離独立して、当社が誕生しました。以来、半世紀にわたり「良きクルマは良きハガネ」からという創業者豊田喜一郎の精神を受け継ぎながら、自動車産業の発展に大きく貢献してきました。
当社の最大の強みは鋼材、鍛造品の双方を同一敷地内で一貫生産できることです。世界最大級の単一鍛造工場で、自動車産業はもとより、産業機械・エレクトロニクス・建設・医療・農業など暮らしの中で利用される高品質の製品を生み出しています。
さらに健全なる企業活動とともに、オンリーワンテクノロジーの創造で社会・地球の 持続可能な発展と、豊かな未来の追求に貢献する「存在価値ある世界企業」をめざしています。
経営理念 国際的視野にたち、活力に溢れ、信頼される企業体質をもとに、
魅力ある商品を提供することによって社会に貢献する。 

 1.研究と創造につとめ、常に時流に先んずる。
 2.相互の信頼と理解のもとに、一致協力する。
 3.責任ある判断と行動のもとに、常に最善を尽くす。
社会貢献 当社の経営理念・指針は
【国際的視野にたち、活力に溢れ、信頼される企業体質をもとに、魅力ある商品を提供することによって社会に貢献する】
(http://www.aichi-steel.co.jp/com_info/index.html)です。
まず、社会、地球に持続可能な発展に貢献するために、原料に廃車などから生まれる鉄屑を使用。環境循環型企業として、自動車をはじめ、鉄資源リサイクルの要となる役割を果たしています。
また、ゼロエミッションとして、
・スラグを電気炉に還元する
・鍛造時の余肉の再利用
など、社内外、工程内外で様々な対策を講じることで、90年に5.2万トンあった廃棄物生産量は、05年では600トンにまで減少できました。
また、良き企業市民として地域に根ざした企業を目指し、
・各種福祉団体への支援活動
・文化・スポーツ支援活動
・産業道路クリーン作戦等イベントへの参加
などの地域活動を通じて、社会貢献活動も積極的に行っています。
気になる

170人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません