旭ファイバーグラス株式会社

旭ファイバーグラス株式会社の企業情報

旭ファイバーグラス株式会社

【ガラス|建材・エクステリア|化学】

【 人と地球の未来のために、快適環境を創造専門メーカー 】
旭ファイバーグラスは、日本初のガラス繊維専門メーカーとして1956年に創業しました。以来、ガラス繊維製品を事業のコアにしながら、常に新しい価値、新たな分野に挑戦し続けています。快適さと省エネルギーの実現で、地球環境保全にも貢献する「グラスウール断熱材」に加え、当社の複合材料技術を駆使した自動車・電子電機分野で使われる最先端の素材までを手がけています。
これからも、人と地球の未来のために、快適環境作りに貢献する素材メーカーとして、成長を続けていきます。

  • シェアNo.1サービスあり

  • 安定した顧客基盤

  • 営業力が自慢

  • 3年連続で業績アップ

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
グラスウール素材を活かして、断熱材や産業資材を製造する

当社の事業は、グラスウール素材の優れた性質を活かし、断熱材や産業資材を製造・販売することです。

■住宅向け断熱材・屋根材
屋根から天井、壁、床まで、快適な家づくりをサポートします。夏涼しく冬暖かい快適な住まいと、家計に優しい省エネをご提供しています。

■産業用断熱・吸音材/特殊機能材料
各種樹脂と強化材を混錬したFTPペレット、樹脂の機能を高めるミルドファイバー、自動車用インシュレーター(断熱吸音材)をはじめ、ガラス素材を使った画期的な商品を産業に送り出しています。

ビジョン/ミッション
「快適環境作り」、それが旭ファイバーグラスグループの使命です。

旭ファイバーグラスは、1956年に創業した、日本初のガラス繊維専門メーカーですが、今日ではその枠にとらわれることなく、さまざまな分野に活躍の場を拡げています。
この間、快適で省エネルギー性の高い空間を実現し、さらに地球環境の保全にも貢献するグラスウール断熱材から、自動車・電子・電機などの分野で使われる最先端の素材までを手がけてきました。
まさに、私たちが皆さまにお届けしてきたものは、「暖かさ」「涼しさ」「静かさ」「軽さ」「美しさ」「便利さ」などの「快適環境」を実現する製品と機能でした。
私たちは、今後も、創業以来培ってきた高い技術力と、それに裏付けられた「素材の力」を活かしつつ、さらに新たな価値を創造し、それを継続的に提供することにより、お客様の満足度を高め、より良い「快適環境作り」のために貢献してゆきたいと考えています。

事業・商品の特徴
省エネ性に優れた製品の開発

2014年、世界初の約3μmの住宅用グラスウール(成形品)「アクリアα」を発売し、省エネ大賞を受賞しました。
「アクリアα」シリーズは、世界初(※1)の繊維径約3μmのマット状グラスウール断熱材です。 
遠心紡糸法で作られるグラスウールの繊維径は4μmが限界と考えられていましたが、繊維化および成形の製造技術の開発により約3μm製品の連続生産を可能にし、一般的な住宅用グラスウール断熱材では世界最高水準となる熱伝導率(λ値)0.032(W/m・K)を実現しました(※2)。 
さらに、ノン・ホルムアルデヒドで健康・環境に配慮されている上、容易に切断できて施工性にも優れることから、今後の普及が期待されています。  

※1:住宅用グラスウール断熱材(成形品)として。当社調べ。2014年7月1日発売時。 
※2:36kg/m3タイプにおいて。熱伝導率は当社測定値です。

私たちの仕事

<総合職> 
◆営業系総合職 
学部・学科は問いませんが、お客様と接する事が多いため、必然的にコミュニケーション能力が要求されます。 
お客様の現状をしっかりと理解した上で、どのような提案ができるかが問われます。 


<技術系総合職> 
◆研究開発職 
化学系、材料系、建築系、機械系学科の方が活躍できる環境です。 
現状の課題を把握・分析し、新しいアイデアによって解決していく事が求められます。 
お客様に満足いただける製品開発・改良を目指し、営業部門や製造部門と協力して開発を行うことが必要です。 

◆設備管理エンジニア職 
機械系・電気系学科の方が活躍できる部門です。 
生産設備全体をトータルに管理していく仕事になるため、幅広く知識・スキルを身に付ける事ができます。 
また社内外の様々な部門と関わる役割になるので、コミュニケーションをとることが好きな方であれば更に活躍可能です。 

◆生産管理エンジニア職 
化学系、機械系、電気系学科の方が活躍できる環境です。 
製造ラインの管理と製造スタッフのマネジメントをする仕事です。製品を安全かつ効率よく生産するために知恵を絞って頂きます。 
生産工程全体を管理する司令塔のような役割です。

はたらく環境

組織の特徴
少数精鋭主義

採用は少数精鋭主義で、入社後の人材育成に力を入れています。 
積極的に意見を発信できる自由闊達な社風で、若くして実力を発揮できる環境が整っています。

企業概要

創業/設立 1956年11月1日創立
本社所在地 〒101-0045
東京都千代田区神田鍛冶町3-6-3神田三菱ビル
代表者 代表取締役  柳川 匡史
資本金 50億3600万円
売上高 355億1500万円(2018年12月期)
従業員数 484名 (2018年12月現在)
子会社・関連会社 旭ビルウォール株式会社
事業所 ■本社 
東京都千代田区

■工場 
湘南工場/神奈川県高座郡
九州工場/北九州市若松区

■営業拠点 
北海道支店、東北支店、北関東支店、南関東支店、中部支店、関西支店、中国支店、四国営業所、九州支店
主な取引先 お取引先の一部をご紹介いたします。(あいうえお順) 

住友林業株式会社、大和ハウス工業株式会社、ナイス株式会社、三菱商事建材株式会社、明和産業株式会社など
企業理念 「私たちは、人と地球の未来のために、快適環境作りに貢献します」
沿革 1956年11月 旭硝子(株)とアメリカ のOwens Corning Co.Ltd.(現社名)
       の共同出資により、日本で先駆けてガラス繊維専門メーカーとして創業 
1957年11月 神奈川県高座郡に湘南工場を建設し、ガラス長繊維製品
       の製造・販売開始   
1959年11月 湘南工場において、ガラス短繊維(グラスウール)製品の製造を開始 
1960年 1月 ガラス短繊維(グラスウール)製品の発売を開始 
1992年 4月 福岡県北九州市に九州工場を建設し、製造・販売を開始   
1996年 1月 Owens Corning Co.Ltd.が全持株を旭硝子(株)に譲渡 
2004年 7月 モールド事業の操業開始 
2006年 5月 長繊維事業をアメリカの Owens Corning Co.Ltd.(現社名)に譲渡 
2007年11月 旭硝子(株)が全持株を日本政策投資銀行と
       WISE PARTNERS(株)の 共同出資による
       持株会社(株)グローバル・インシュレーションに譲渡 
2008年 4月 (株)グローバル・インシュレーションと合併 
2013年 3月 オリックス(株)出資の(株)AFGホールディングスが主要株主となる 
2013年 7月 (株)AFGホールディングスと合併
2015年 6月 吉野石膏(株)が株主となる
様々な分野で快適環境作りに貢献する製品群 例えば・・・ 
■住宅用各種断熱材・吸音材 
■ビルなどの断熱材・吸音材、ダクトなどの保温材 
■冷蔵庫、自動販売機、冷凍倉庫などの断熱材 
■船舶・航空機・鉄道車両・自動車などの断熱・吸音材 
■コンサートホール、放送スタジオ、映画館などの吸音材 
■高速道路の防音壁 
などなど・・・。 

実は、『某巨大コンサート会場』や『有名高層ビル』などにも、当社の製品が使用されています。
働きがい、働きやすさについて 少数精鋭の採用を行い、人材育成に力を入れています。

若手であっても積極的に意見を発信できる自由闊達な風土で、皆が活き活きと働いています。
制度面でも独身寮・社宅をはじめとした福利厚生などにより、働きやすい環境が整っています。
気になる

14人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません